01 パナソニックの強み 国内メーカーとしての高い品質

1980年代からビデオ会議システムの前身となる電子会議システムの開発を手掛けてきたパナソニック。 プロの厳しい評価を得てきたカメラや音響テクノロジー、そして圧縮コーデック技術など、パナソニックの総力を結集してHDコムは生まれました。 おかげさまでさまざまな業種の皆様から、品質に高い評価をいただいています。

02 パナソニックの強み ネットワークも含めたワンストップソリューション

機器の選定はもちろん、通信・ネットワークのご提案もワンストップで対応が可能です。 営業担当者とシステムエンジニアが一体となってお客様のご要望にお応えするソリューションをご提案します。 ビデオ会議の導入・リニューアルをご検討の際は、ぜひパナソニックにご相談ください。

03 パナソニックの強み 全国で安心の保守サポート

パナソニックの保守サポートは、日本国内全国に保守サポート体制を整えています。 必要があれば技術者を派遣して保守対応いたします。 システム運用の際の不具合や、万一のシステムトラブルなどの場合も迅速に対応します。

01 選ばれる5つの理由 高画質

フルHD※ 映像をIPレート約1.5Mbpsの帯域で実現しています。
テレビのフルハイビジョン放送を見る感覚で、離れた相手とのビジュアルコミュニケーションが可能です。
相手の細かな表情の変化までリアルに伝わり、書類の文字もはっきり読めます。

※フルHDは1080p、30fpsです。
● HDは512kbps以上必要です。

02 選ばれる5つの理由 安定接続・高音質

パケットロスの発生を防ぎながらパケットロスの修復もおこないます。
イントラネットはもちろん、インターネット接続時も安定した接続を実現します。

混雑した回線でも映像の乱れや音途切れを抑える

帯域推定機能※でパケットロスの発生を防ぎ、前方誤り訂正と自動再送制御の併用で、パケットロスの修復も可能。
イントラネットはもちろん、インターネット接続時でも映像の乱れや音途切れを抑え、安定した接続を実現します。

帯域推定機能

※【帯域推定機能とは】ネットワークの混み具合を高精度に推定し、データ転送量を制御することによりパケットロスの発生を防ぎます。

同時に話してもクリアに聞こえる

広帯域ステレオでの全二重音声により、クリアで広がりのある高音質を実現します。 独自のエコーキャンセラーがエコーやハウリングを防ぎ、同時に話しても音の遅延や途切れが少なく、相手がそこにいるかのような自然でスムーズな会話が行えます。

KX-VCA001

バウンダリーマイクロホン(デジタル)
KX-VCA001
(別売)
4つの小型マイクを内蔵し、発言者の話す方向や位置が、聞く側のスピーカーへと反映される方向認識機能を備えています。

話している相手の位置までわかる

パナソニック独自のバウンダリーマイクに内蔵されている4つのマイクが、話者が大勢いても位置関係を正確に音で表現します。右にいる話者、左にいる話者の映像の位置そのままに声が聞こえてくるので、臨場感のある会議が行えます。

話している相手の位置までわかる

※1対1接続時のみ。

03 選ばれる5つの理由 シンプル操作

ビエラのリモコン開発で培ったユニバーサルデザインにより、使いやすい工夫が施されています。

直感的な操作ができる専用リモコン

HDコムのリモコンは操作が簡単。 自拠点と相手拠点に設置してある専用カメラのパン、チルト、ズーム操作が行えます。 パソコンやサブカメラの切り替えも、ワンタッチで簡単です。
※ KX-VC2000J/1600J/1300J付属リモコン

< 操作の一例 >

ビデオ会議を始める手順(2者間の場合)

  1. 1. 電源を入れる
  2. 2. ワンタッチダイヤル番号を押す
  3. 3. 開始ボタンを押す

04 選ばれる5つの理由 パソコン・サブカメラ連動

パソコンの画像やデータにワンタッチで切替えてモニターに表示することができるため、お互いのデータを共有しながら打ち合せできます。

もっと正確なコミュニケーションへ

自拠点映像とパソコン資料の同時送信や、相手側映像とパソコン資料を同時受信できるH.239デュアルストリームに対応。
KX-VC1600Jはパソコン資料・相手側映像・自拠点映像を3台のモニターそれぞれに映しだすトリプルモニター機能※を内蔵。 パソコン資料も大画面に表示することができるので、わかりやすく理解度の高いビジュアルコミュニケーションができます。
※ KX-VC1300Jはデュアルモニターに対応しています。

サブカメラによるパソコン画面をメインのモニターに映し、講師映像をサブモニターに映した例です。

最適な画面レイアウト

様々な画面レイアウト機能を備えており、参加拠点数にあわせる、会話音量の大きな拠点を優先表示する(下記レイアウト図の1に表示)など、会議のタイプに合わせて柔軟にお選びいただけます。
接続する拠点数に応じて画面レイアウトが自動的に変化します。
● ディスカッションモードの場合、あらかじめ設定した画面位置に、指定の拠点を表示できます。

05 選ばれる5つの理由 選べる回線サービス

IP-VPN、パナソニックが提供する「つながるねっと」の動作モードを装備。
つながるねっとを利用すれば、ルーターの設定なしで費用を抑えられます。

多彩な回線サービスに対応

● 標準モード

IP-VPN、インターネットVPN等を構築し、各地点ごとに固定IPアドレスを取得して通信を行います。
社内間でのセキュリティの高い通信が可能です。

● つながるねっとモード

当社がご提供するHD映像コミュニケーションシステム専用接続サービス「つながるねっと」は、固定IPアドレスが不要で経済的。 複雑なネットワーク設定が不要で、簡単に接続設定ができます。 また、暗号通信機能によりセキュリティも確保しています。 また、iOS®やAndroid™、Windowsパソコンと接続でき、オフィスと出張先や、オフィスとお客様との間でもビデオ会議が行えます。 こちら⇒