Web会議連携
Webハイブリッドモード拡張キット
Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス新製品
主な特長
構成イメージ
Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス新製品
主な特長
構成イメージ

ビデオ会議HDコムとWeb会議がつながる”Webハイブリッドモード”で社内外のコミュニケーションを活性化し、「働き方改革」の実現に貢献します。

HDコムWeb会議
連携ソリューション
紹介ビデオ

選べる2つの接続タイプ

タイプ1音声/資料共有を、
かんたん・低コストで実現

Webハイブリッドモード拡張キット

HDコムとWeb会議のパソコンをケーブルで接続するだけの簡単接続

HDMI/USBケーブルでつなぐことにより、HDコムとWeb会議の双方向音声コミュニケーションが可能となります。※1 Web会議パソコンのマイク・スピーカーとしてHDコムを接続するため、ご利用中のWeb会議にも将来導入のWeb会議にもつながります。

HDコムとWeb会議間の双方向音声コミュニケーションと資料共有を実現

HDコムとWeb会議の混在会議が可能です。Web会議のパソコンを接続しているHDコムからPC共有操作をおこなうことで、Web会議の参加者の映像をHDコムで共有できます。さらにWeb会議の資料共有で、HDコムとWeb会議の参加者全員が同じ資料を確認しながら、会議ができます。※2

※1 Web会議のパソコン上で、マイク・スピーカーデバイスに関する設定が必要です。

※2 HDコムの参加者の映像や資料をWeb会議のパソコンに表示することはできません。

ビデオ会議 HDコムとWeb会議の混在会議の運用構成例。
本社のWeb会議のパソコンで、資料を共有しながら、双方向の音声コミュニケーションが可能。

※ 本社のWeb会議のパソコン上で、Web会議の資料共有をおこなった場合の運用イメージ

●Web会議のパソコンを接続するHDコムに、Webハイブリッドモード拡張キット(品番:KX-VCZ502)が必要です。

●Webハイブリッドモード拡張キット(品番:KX-VCZ502)同梱の専用USB変換ケーブル(30cm)、および市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)でHDコムとパソコンを接続します。

●パソコンにUSBケーブルを接続するだけで、ドライバーをインストールすることなくご利用いただけます。

●HDコムの参加者の映像や資料をWeb会議のパソコンに表示することはできません。

タイプ2音声/資料に加えて、
会議映像もクリアに共有

Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス

HDコムとWeb会議間の双方向映像・音声コミュニケーションを実現

Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスを介して、Web会議をHDコムの1拠点として接続することで、HDコムとWeb会議を連携させた会議を実現できます。HDコムとWeb会議で、お互いの参加者の映像や資料を確認しながら、会議ができます。※1

Web会議のパソコンにHDMI/USBケーブルをつなぐだけの簡単接続

Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスとWeb会議用のパソコンをHDMI/USBケーブルでつなぐだけの簡単接続です。Web会議パソコンのカメラ・マイク・スピーカーとして、Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスを接続します。※2

※1 Web会議のパソコン上で、カメラ・マイク・スピーカーデバイスに関する設定が必要です。

※2 Web会議に必要な機能があります。

  • Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスに接続するWeb会議パソコンで自映像(HDコムの映像)を非表示にする機能
  • Web会議パソコンで指定した拠点の映像(HDコムの映像)を拡大表示する機能

ビデオ会議 HDコムとWeb会議の混在会議の運用構成例。
HDコムとWeb会議で、参加者の映像や資料を確認しながら、双方向の映像・音声コミュニケーションが可能。

※HDコムとWeb会議のパソコンで、お互いの参加者の映像を共有している場合の運用イメージ

●Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス(品番:KX-VCG100J)同梱の専用USB変換ケーブル(30cm)および市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)でWebハイブ リッドモード拡張ゲートウェイボックスとパソコンを接続します。

●パソコンにUSBケーブルを接続するだけで、ドライバーをインストールすることなくご利用いただけます。

●Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスは、HDコムに隣接設置して運用します。
なお、HDコムに同時接続できるWebハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスは、1台です。