テレワークソリューション

テレワークでお仕事をするにあたり、
オフィスや自宅、出張先とのコミュニケーションを取りたいが何を導入すれが良いかわからない・・・そんなお困り事はありませんか?

1.出張先や自宅から
Web会議で参加したい

HDコムとWeb会議サービスを連携させた会議を実現できます。「音声」双方向のWebハイブリッドモード拡張キットと「映像・音声」双方向のWebハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスの2つソリューションをご準備。資料共有は参加者全員で見ることができます。

Web会議サービスとの連携

2.自宅や出張先から
モバイル機器で
参加したい

テレワークを自宅で行う時に困るのは同じようにテレワーク中の仲間やオフィスに出勤している仲間とのコミュニケーション。パソコン・タブレット・スマートフォンなどのモバイル機器があれば、アプリケーションを入れるだけで全員とビデオ会議ができます。

モバイル機器で会議に参加

3.インターネットで
手軽につなぎたい

ビデオ会議に参加する場所はオフィスだけとは限りません。自宅や出張先や取引先はオフィスと同じインターネット環境ではないことがほとんどです。つながるねっとを使えばインターネットで手軽に参加できます。

インターネットで
お手軽接続

4.多地点常時接続したい

拠点間を常時接続し、遠隔地であっても隣のオフィスのような感覚でコミュニケーションがとれる環境を実現できます。さらにHDコムは、複数の拠点を常時接続している中で、親拠点と子拠点間の1対1通話を実現します。

多地点常時接続

中小企業事業主の皆様へ

助成金制度や税制措置の活用を検討して、HDコムでテレワークを実現してみませんか?

ご検討される制度をクリックください。

Web会議サービスとの連携

ビデオ会議とWeb会議の混在利用が可能に!

ビデオ会議HDコムとWeb会議の連携で、社内と社外を同時につないだ会議が可能です。
Web会議を使って自宅や出張先から社内のHDコムの会議に参加できるため、社内外のコミュニケーションを活性化し、「働き方改革」の実現に貢献します。

■使用シーン

出張者との会議、在宅勤務者との会議、Web会議利用の顧客との会議、支店から一人で会議参加

※Webハイブリッドモード拡張キットによるHDコムとWeb会議の連携運用のイメージ

Webハイブリッドモード拡張キット(双方向音声コミュニケーション)

HDコムにWebハイブリッドモード拡張キットを導入するだけで、HDコムとWeb会議を連携させた会議を、簡単に実現できます。
HDコムとWeb会議用のパソコンをHDMI/USBケーブルで接続することで、双方向音声コミュニケーションが可能になります。※1
また、HDコムからPC共有操作を行うことでWeb会議参加者の映像をHDコムで共有できます。さらにWeb会議の資料共有で、 HDコムとWeb会議の参加者全員が同じ資料を確認しながら、会議ができます。※2

※1 Web会議用のパソコン上で、マイク・スピーカーデバイスに関する設定が必要です。

※2 HDコムの参加者の映像や資料をWeb会議用のパソコンに表示することはできません。

簡単接続:HDコムとWeb会議用のパソコンをケーブルでつなぐだけでOK

スムーズなやり取り:Web会議との音声双方向コミュニケーションと資料共有が可能

広がる選択肢:既にご利用している、または導入予定のWeb会議サービスと連携可能

■運用例: 本社のWeb会議用のパソコン上で、Web会議の資料共有をおこなった場合の運用イメージ

●Web会議用のパソコンを接続するHDコムには、Webハイブリッドモード拡張キット(品番:KX-VCZ502)が必要です。

●Webハイブリッドモード拡張キット(品番:KX-VCZ502)同梱の専用USB変換ケーブル(30cm)、および市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)でHDコムとパソコンを接続します。

●パソコンにUSBケーブルを接続するだけで、ドライバーをインストールすることなくご利用いただけます。

●HDコムの参加者の映像や資料をWeb会議用のパソコンに表示することはできません。

詳しくは、
Web会議連携ページ「Webハイブリッドモード拡張キット」へ

Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス(双方向映像・音声コミュニケーション)

Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスを介してWeb会議をHDコムの1拠点として接続することで、HDコムとWeb会議を連携させた会議を実現できます。
Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスとWeb会議用のパソコンをHDMI/USBケーブルで接続することで、双方向映像・音声コミュニケーションが可能になります。※1※2
HDコムとWeb会議で、お互いの参加者の映像や資料を確認しながら、会議ができます。

※1 Web会議用のパソコン上で、カメラ・マイク・スピーカーデバイスに関する設定が必要です。

※2 Web会議に必要な機能があります。

  • Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスに接続するWeb会議パソコンで自映像(HDコムの映像)を非表示にする機能
  • Web会議パソコンで指定した拠点の映像(HDコムの映像)を拡大表示する機能
■運用例:HDコムとWeb会議のパソコンで、お互いの参加者の映像を共有している場合の運用イメージ

●Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックス(品番:KX-VCG100J)同梱の専用USB変換ケーブル(30cm)および市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)でWebハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスとパソコンを接続します。

●パソコンにUSBケーブルを接続するだけで、ドライバーをインストールすることなくご利用いただけます。

●Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスは、HDコムに隣接設置して運用します。なお、HDコムに同時接続できるWebハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスは、1台です。

モバイル機器で会議に参加(HDコムモバイル)

外出先からビデオ会議に参加

HDコム専用アプリケーション『HDコムモバイル』を使い、出張先からタブレットやスマートフォン、パソコンによるビデオ会議に参加できます。

HDコムモバイル 1対1通話

HDコムを介さず、HDコムモバイル(Windows用)同士の1対1接続が可能です。

1対1接続

※標準モードでの接続をサポート。(VPN・イントラネット内で運用)

詳しくは、
HDコムモバイルページへ

インターネットでお手軽接続(つながるねっと)

つながるねっとサービス

つながるねっとサービスは、インターネット回線を使用してビデオ会議ができるHDコム専用のネットワークサービスです。簡単・安全・低コストでビデオ会議管理運用を行うことができます。

ご利用にあたり、基本的にHDコムには
新規のインターネット回線とルーターが必要です。

社内地点間での接続

つながるねっとサービスのメリット

社外でも出張中でも接続可能
VPNではなくインターネット回線を使用するため、社内はもちろん、得意先、取引先と接続しやすくなります。

優れたコストパフォーマンス
インターネット回線を使用するため、VPN構築のための費用が不要です。さらに固定のグローバルIPアドレス取得費用も不要で、ランニングコストを軽減できます。

管理・運用が簡単
複雑なネットワーク設定が不要なため、専任の担当者がいなくても管理・運用が容易に行えます。接続も7桁の番号で電話をかける感覚で、簡単に行えます。

ネットワークを通じた攻撃を回避
HDコムにはグローバルIPアドレス(固有IPアドレス)の設定が不要のため、DDoS攻撃などネットワークを通じた攻撃を回避し、社内ネットワークの安全性を保ちながらビデオ会議を行えます。

つながるねっと使用例

取引先との接続
クライアントや協力会社との打ち合わせで、ビジネスを円滑に進めるコミュニケーションが行えます。

社外取引先との接続

モバイル接続
出張先からオフィスのスタッフとビジュアル・コミュニケーションが行えます。 オフィスにいなくても綿密なコミュニケーションが可能となります。

外出先からモバイル機器で接続

詳しくは、
つながるねっとページへ

多地点常時接続

拠点間を常時接続し、遠隔地であっても隣のオフィスのような感覚でコミュニケーションがとれる環境を実現することができます。さらにHDコムは、複数の拠点を常時接続しているなかで、親拠点と子拠点の間の、1対1通話を実現します。

●1対1通話は、親拠点と親拠点が指定した子拠点間で可能です。子拠点からの1対1通話の操作や、子拠点同士での1対1通話はできません。

●1対1通話の相手として指定できる拠点は子拠点として接続している、HDコム/HDコムモバイル/HDコムLive/Webハイブリッドモード拡張ゲートウェイボックスです。 Webハイブリッドモードで接続しているWeb会議のパソコンは、1対1通話の相手として指定できません。

●1対1通話中に、コンテンツ共有することもできます。コンテンツ共有をしても、1対1通話の状態は継続します。

詳しくは、
HDコムの特長ページへ