KX-VC1600J
特長
基本構成図
最適な音質でのご使用
仕様

導入時にかかるコストを抑えつつ、最大10地点と双方向でやり取りができる多地点接続を実現します。
外出先からでも、モバイル機器を使ってビデオ会議に参加できますので、時間や場所にしばられないビジュアルコミュニケーションを提供し、 教育・製造 ・医療・金融・販売など、様々な業種で求められるニーズに柔軟に応えます。

KX-VC1600Jの特長

基本構成図

基本構成図

最適な音質でお使いいただくために

室内環境やディスプレイ内蔵スピーカーによっては、相手の音が聞き取りにくい場合があります。最適な音質でビデオ会議をするために、外部スピーカーのご利用をお勧めいたします。

詳しくは販売店にご相談ください。

接続例

最適な録画システム例

会議や講義・講演内容 収録が簡単です。 1つの拠点にデジタル入力レコーダーを接続しておけば、「会議記録モード」により、他拠点の音声も同時に記録できます。

会議録画の機器構成例

▶デジタル入力レコーダー DMR-T4000Rの商品ページはこちら

仕様

ユニット本体

端末方式 SIP、H.323
画像圧縮方式 H.261(メインストリームのみ)、H.263、H.263+、H.263++(受信のみ)、
H.264 High Profile、H.264 Baseline Profile
音声圧縮方式 G.711 μ-law、A-law( 3.4 kHz@64 kbps)
G.722( 7.0 kHz@64 kbps)
G.722.1( 7.0 kHz@32 kbps)
G.722.1 Annex C( 14.0 kHz@48 kbps/ 24 kbps)
MPEG-4 AAC-LD Mono
( 7.0 kHz@32 kbps、14.0 kHz@64 kbps、22.0 kHz@96 kbps)
MPEG-4 AAC-LD Stereo( 14.0 kHz@64 kbps、22.0 kHz@96 kbps)
チャンネル数 G.711/G.722/G.722.1/G.722.1 Annex C:1
MPEG-4 AAC-LD Mono :1/ MPEG-4 AAC-LD Stereo:2
遠隔カメラコントロール H.224、H.281(ズーム/パン/チルト/プリセット)
デュアル
ストリーム
方式 H.239(H.323)、BFCP(SIP)
複数モニター 3モニター
対応解像度フレーム数 メイン:最大1080p 30フレーム/秒 サブ:最大1080p 30フレーム/秒
暗号化 SRTP(AES 128bit)、H.235(AES 128bit)
その他 H.460
通信帯域 256 kbps ~ 18 Mbps
映像 対応解像度※1 176x144p、352x240p、352x288p、512x288p、640x480p、704x480p、704x576p、768x432p、800 x 600p、 1024x768p、1280x720p、1280x768p、1280x800p、1920x1080p
フレーム数 最大60フレーム/秒(H.264 1080p時)
画面表示 フルスクリーン、PinP、PwithP、Side by Side
音声 エコーキャンセラー、オートゲインコントロール、定常ノイズ低減、リップシンク、
イコライザー、マイクミュート
入/出力端子 映像入力 カメラ※2 HDMIメイン×1、HDMIサブ×1
入力対応解像度:1280×720p、1920×1080i、1920×1080p
パソコン RGB×1(ミニD-sub 15pin)、HDMI×1※2
入力対応解像度:VGA、SVGA、XGA、HD、WXGA、SXGA、FWXGA、WXGA+、WXGA++、UXGA、WSXGA+、フルHD
映像出力 HDMI×2、HDMI×1(自拠点/録画用) 
RCA×1(コンポーネント) 出力対応解像度:1920×1080i、1920×1080p
音声入力 専用デジタルマイク×1(KX-VCA001) 最大4台  
専用アナログマイク×1(KX-VCA002) 最大1台
HDMI、ステレオミニプラグ※3×1(φ3.5 mm) RCA×1(ステレオ)
音声出力 HDMI※4、ステレオミニプラグ※3×1(φ3.5 mm)、RCA×1(ステレオ)
ネットワーク RJ45×2(100BASE-TX 全二重)
外部制御 RS-232C×1(メンテナンス用兼用)
その他 USB2.0×1、カメラ制御端子×1(未使用)
同時接続地点数 6(最大10まで拡張可能)
コンテンツ共有 PC(RGB/HDMI)、サブカメラ(HDMIサブ)
USBメモリー バージョンアップ
インポート:アドレス帳/プロファイル/構成データ/暗号データ/起動画面/配信木リスト
エクスポート:アドレス帳/プロファイル/構成データ/暗号データ/配信木リスト
ネットワークプロトコル TCP/IPv4、TCP/IPv6※5、UDP/IPv4、UDP/IPv6※5、DHCP、DNS、HTTP、HTTPS、TELNET、NTP
ネットワーク機能 パケット再送(ARQ)、前方誤り訂正(FEC)、最適レート制御(ARC)、
リオーダー、パケットシェーピング、ポートの任意設定、NAT対応、暗号化、
IP Precedence/DiffServのサポート
外部制御 Webブラウザ経由/HTTP CGIでの制御、TELNET、RS-232C
接続モード 標準モード、つながるねっとサービスモード、標準・つながるねっとサービスモード
外形寸法(幅×奥行き×高さ) 約320 mm x 約230 mm x 約61 mm(突起部除く)
質量 約2.0 kg
使用電源 AC 100 ~ 240 V ※6、~ 1.4 A、50/60 Hz
消費電力 最大時:45 W、待機時:0.6 W
本体入力電源 DC24 V、2.5 A
動作温度 0 ℃~ 40 ℃
動作湿度 10% ~ 90%(結露なきこと)

※ 他社機器または他社MCU(多地点接続装置)との接続の場合、他社機器/MCUの仕様により接続時の条件が異なります。

付属品

付属品 リモコン、リモコン用電池(単三マンガン乾電池)×2本、電源コード

※1 HDコムの設定やネットワークの状況により、変化します。
※2 HDCPには、対応していません。
※3 3極ステレオミニプラグ専用です。
※4 HDMI1/HDMI2に同時に音声を出力することはできません。
※5 一部機能はIPv6に対応していません
※6 電源コードはAC 100 V 専用です。

●HDMI、HDMIロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI LicensingLLCの商標また は登録商標です。

●本製品は、外国為替及び外国貿易法に定める規制対象貨物(または技術)に該当します。本製品を日本国外へ輸出する(技術の提供を含む)場合は、同法に基づく輸出許可など必要な手続きをお取りください。

ユニット背面

KX-VC1600J背面

別売品

別売品ページをご覧ください。

※オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。