サウンド サポート サポート
プロオーディオシステムRAMSA
  1. ワイヤレスマイクシステム
    • デジタルワイヤレス受信機(据置型) WX-DR120
    • 1.2G マイクロホン DT140
    • 1.2G マイクロホン DT110
    • 1.2G マイクロホン DT120
    • 1.2G アンテナ DA110
    • 1.2G 混合分配器 DD110
    • デジタルワイヤレス受信機(ポータブル型) WX-DR131
    • 1.2G 2ピースマイク DT130
    • 800Mデジタル2ピースマイク WX-DT135
    • 800 MHz帯ワイヤレスマイクロホン WX-TB816-K/S
    • 800MHz帯2ピース型ワイヤレスマイクロホン WX-TB841
    • ダウンコンバーター型 800 MHz帯可搬型ワイヤレスアンテナ WX-RB922
    • 800 MHz帯ワイヤレス受信機(2波用) WX-R822
    • 800 MHz帯ワイヤレス混合分配器 WX-R901
  2. ミキサー/シグナルプロセッサー
    • デジタルミキサー DX100/PU100
    • デジタルミキサー DX400
    • デジタルミキサー DX002
    • デジタルミキサー D01/40
    • コンパクトミキサー XS3
    • コンパクトミキサー WR-X22
    • マルチプロセッサー DM304
    • イコライザー AE32
    • 15 A電源制御 L61
    • 40 A電源制御 L67
    • Dante(TM)カード PC001
    • システムラック WL-R02
  3. パワーアンプ
    • WP-DM948/DM924/DM912
    • 1000 W× 2/560 W× 4 DN700/360
    • デジタルパワーアンプ WP-DA202/WP-DA204
    • デジタルパワーアンプ WP-DA112/WP-DA114
    • ハイインピーダンス パワーアンプ WP-H062(60 W×2 ch)/WP-H122(120 W×2 ch)
  4. スピーカー
    • ニアフィールドスピーカー(屋内用) WS-NF075 / WS-NF055 / WS-NF015
    • ニアフィールドスピーカー(屋外対応) WS-BN025 / WS-BN010
    • ニアフィールドスピーカー(天井埋込) WS-AC066
    • ラインアレイスピーカー WS-LA500A / WS-LA500AWP
    • ラインアレイスピーカー用サブウーハー WS-LA550A / WS-LA550AWP
    • 38 cm 2ウェイスピーカー WS-HP400
    • 38 cm / 46 cm サブウーハー WS-HP450 / WS-HP480
    • 30 cm 2ウェイスピーカー WS-AR200
    • 20 cm 2ウェイスピーカー WS-AR080
    • 30 cm 2ウェイスピーカー WS-M200
    • 20 cm 2ウェイスピーカー WS-M80-K
    • 12 cmコーン形スピーカー WS-M10 / WS-M10T
    • 全天候2ウェイ WS-LB301 / WS-LB311
    • 屋内施設向けスピーカー(アレイスピーカー) WS-LA232 / WS-LA208
    • アレイスピーカー WS-LA100 / WS-LA50
    • コンパクト WS-AT75 / WS-AT75H
    • 20 cm 2ウェイ 天井埋込 WS-A88
    • 16 cm 天井埋込 WS-A44
    • 12 cm 天井埋込 WS-A22 / WS-A22T
    • 12 cm 天井埋込 WS-A12 / WS-A12T
    • 適合取付金具
    • スピーカー用取付金具適合表
平昌2018冬季オリンピックメイン画像

平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック

納入事例



平昌2018冬季オリンピック(2018年2月9日~25日)、平昌2018冬季パラリンピック(2018年3月9日~18日)が計27日間にわたり開催されました。
強風や低温といった屋外での厳しい使用環境における耐久性を追求して開発されたプロオーディオシステムRAMSA。
遠く離れていても近くにいても音質差なく選手や客席に音を届けます。

平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック

今大会では10年ぶりにRAMSAラインアレイスピーカーが導入され、機能の進化とともにクリアさと迫力を増した音響を観客に提供。アルペンシアスキージャンプセンターやフェニックススノー競技場、龍平アルペン競技場、江陵オリンピックパークといった多くの会場で競技を盛り上げました。

国際オリンピック委員会Games Technology & Energyアソシエイト・ディレクターのJohn Paul Giancarlo氏は、「最新のRAMSA機材が導入されているフェニックススノー競技場では、ハーフパイプ、スロープスタイル、エアリアルなどのあらゆるエクストリームスポーツが開催されています。これらのスポーツ観戦にはロックコンサートのようなエンターテインメント性が求められます。パナソニックのRAMSAの機材は思い出に残るような素晴らしい音と環境を実現しました」と感想を述べています。

アルペンシアスキージャンプセンター

写真:ラインアレイスピーカー納入事例1 スキージャンプセンタ

写真:ラインアレイスピーカー納入事例2 スキージャンプセンタ

写真:ラインアレイスピーカー納入事例3 スキージャンプセンタ

龍平アルペン競技場

写真:ラインアレイスピーカー納入事例4 アルペン競技場

写真:ラインアレイスピーカー納入事例5 アルペン競技場

写真:ラインアレイスピーカー納入事例6 アルペン競技場

江陵オリンピックパーク(ライブサイト)

写真:ラインアレイスピーカー納入事例7 オリンピックパーク

写真:ラインアレイスピーカー納入事例8 オリンピックパーク

写真:ラインアレイスピーカー納入事例9 オリンピックパーク



平昌2018冬季オリンピック RAMSA編



平昌2018冬季オリンピックを支えたパナソニックのAV機器ソリューション



速報:平昌2018冬季オリンピックでの取り組み



1年後に迫った平昌2018オリンピック〜サポートを本格的に開始したパナソニックの取り組み〜