PCオフィスワークトータルサービス
スリムワークサポート

パナソニックの
働き方改革

人々

場所や時間にとらわれない、
“新たな働き方"を実現するために―。
働く人たちと企業の双方が抱える課題を、
パナソニックが解決します。

労働人口の減少による働き手不足や、就業ニーズの多様化による働き方の変化など、私たちを取り巻く労働環境は急激な変化に見舞われています。働き方の転換期を迎えたいま、企業は“働き方改革"を求められています。パナソニックでは、自社のICT・AI・分析の技術を活用して、“働き方改革"に取組み、柔軟な働き方を実現してきました。

今回パナソニックが提供するサブスクリプションサービスは、これまで、PCの各種ソフト・アプリケーションとして個々に提供してきた各サービスを一元的に体系化。全国70拠点のサービス網での保守や各種サポートを背景に、日々働く「従業員自身」と管理する「情報システム部門」の両面へのお役立ち視点で、「柔軟な働き方」と「生産性の向上」の実現をサポートします。

人々

働く側から見た「理想の働き方」

ライン 管理部門から見た
「心配ごと」は?

“働き方改革"の目的は、取組みを通じて「ひとりひとりの人生を豊かにする」ことにあります。では、人生が豊かになる「理想の働き方」とは、どのようなものでしょうか。

  • イラスト:悪天候時は自宅で働ける

    悪天候時は
    自宅で
    働ける

    社外にいても会社のメールや資料にセキュアな状態でアクセスでき、遠隔会議もできるので、悪天候の時などは無理して出社しなくても、自宅でいつも通りの仕事ができます。

  • イラスト:育児の都合に合わせて働ける

    育児の都合に
    合わせて働ける

    学校の行事や子どもの発熱など、育児中は思い通りのスケジュールを組めないことがあります。軽量・長時間駆動のモバイルパソコンやセキュアなテレワークのソリューションは、時間と場所を選ばず、育児の都合に合わせた柔軟な働き方を実現します。

  • イラスト:通勤や移動のストレスなく働ける

    通勤や移動の
    ストレスなく
    働ける

    サテライトオフィスでも、社内にいるのと同じようにチームメンバーとコミュニケーションができ、決裁承認もできます。自宅近くのサテライトオフィスで仕事をすれば、長時間の通勤時間から解放され、空いた時間でプライベートを充実させることも可能です。

  • イラスト:使い慣れたデバイスで安心して働ける

    使い慣れた
    デバイスで
    安心して
    働ける

    社外でも社内情報やスケジュールにアクセスしたい、移動中の無駄なスキマ時間を活用したい、といったとき、使い慣れた自分のスマホで、いつでもどこでもセキュアに社内情報にアクセス。会議調整や資料の活用ができます。

  • イラスト:“紙”に振り回されずに働ける

    “紙"に
    振り回されずに
    働ける

    上司が出張中で決裁承認をしてもらえず業務がストップしてしまう、経費精算のためにオフィスへ戻らなくてはいけない…。Webブラウザー上で起案・申請・承認できるワークフローシステムは、“紙”で処理していたさまざまな申請業務による時間のムダを解消します。

管理部門の人

管理部門から見た「心配ごと」

ライン 働く側から見た
「理想の働き方」は?

実際に新たな仕組み・制度を導入するとなれば、色々な課題が見つかります。例えばテレワーク時に労働時間がオーバーしていないか、勤怠管理ができているか、またセキュリティやコストなど、心配ごとはつきません。パナソニックではこうした課題を解決するソリューションを提案します。

  • イラスト:時計の9時から5時を指すパソコンのキャラクター

    勤務状況を
    把握したい

    “働きすぎ"など労務管理はテレワーク時の課題です。徹底した勤務状況の見える化で管理課題を解決し、適正な労務管理と徹底した見える化で生産性向上を支援します。

  • イラスト:PCモニターにNo Dataと表示され驚く人

    セキュリティが
    気になる

    電子化によるデータはセキュアな環境で管理。たとえパソコンを紛失しても、機密データの遠隔消去サービスで情報漏洩を未然に防ぎます。

  • イラスト:コストを押さえつけている男性

    コストを
    抑えたい

    ビデオ会議システム導入によって出張など移動に伴うランニングコストを低減、また「BYOD」の導入でイニシャルコストを削減できます。※BYODとは、社員の私用デバイスを職場で活用することです。

社内事例インタビュー

パナソニックでは、どのようなソリューションで何が変わったのか。
社内での詳しい事例を、担当者へのインタビューでご紹介します。

ライン
  • 写真:CACHATTO(まるで社内)導入事例

    CACHATTO(まるで社内)導入事例

    働き方改革の中でも、まず何を優先して始めるのか。我々の場合はまずスキマ時間の有効活用に着目しました。はじめは本格的なテレワークのための仕組みについても検討しました。ただテレワーク、在宅勤務と言っても、今はどんな人でも取りやすいよう間口も広がっていますが...

    詳しくはこちら

働く人と企業、双方における
“理想の働き方"を
パナソニックの
「働き方改革ソリューション」が
サポートします

様々な人々

働き方改革ソリューション

ライン

テレワークや労務管理など、パナソニックではさまざまな課題をさまざまなソリューションで解決してきました。確かな実績を持つ確かなソリューションが、お客様の“働き方改革"をサポートします。

—課題で絞り込み—

すべて
自動化
労務管理
セキュリティ
テレワーク
ワークプレイス

※しごとコンパスは、パナソニック株式会社の商標として出願中です。
※きもちスキャンは、パナソニック株式会社の商標として出願中です。
※あんどコネクトは、パナソニック株式会社の商標として出願中です。
※Chronowizは、パナソニック株式会社の登録商標です。
※CACHATTOは、e-Janネットワークス株式会社の登録商標です。
※まるで社内は、パナソニック株式会社の登録商標です。
※TRUST DELETE Bizは、ワンビ株式会社の登録商標です。
※スリムワークサポートは、パナソニック株式会社の商標として出願中です。

貴社の課題をヒアリングし、
最適な組み合わせを提案します

ライン

「理想の働き方」をどうやって実現すればよいのか……と、お悩みの企業担当者様。お客様が直面している課題を、パナソニックにお聞かせください。数あるソリューションから、最適なものを組み合わせてご提案します。まずはお気軽に、お問い合わせください。