パナソニックの

働き方改革

「量」から「質」への転換を図り、多様な人材の活用や
個人の生産性アップにつながるオフィスワーク環境へ。

少子高齢化が進む中、日本企業がさらに成長していくためには、働き方の質を変えることが必須となり、多様な人材活用のための「在宅・テレワークの推進」や、より付加価値の高いサービスの創出につながる「社内コミュニケーションの活性化」が注目を集めています。しかしその一方で、ネットワークを活用することで発生する情報セキュリティ対策など、これまで以上に働く環境の管理が課題になってきました。パナソニックは確かな機器・システムにより、企業の管理担当者が抱える課題を解決しながら、より柔軟なオフィスワーク環境の構築を実現します。

こんな課題はありませんか?

  • 在宅・テレワークを推進しているが、情報セキュリティ対策や労働管理に不安がある。
  • これまでにない社内コラボレーションの実現のために、コミュニケーションを活性化して生産性を向上させたい。

多様な働き方の推進

在宅・テレワークを推進しているが、
情報セキュリティ対策や労働管理に不安がある。

  • CASE.1

    時間と場所、ライフスタイルにとらわれない、さまざまな働き方をサポートするとともに、適正な労務管理と生産性の向上を図りたい。

    パナソニックが解決!

    社外でも快適にモバイルPC を利用できる環境を構築するだけでなく、勤務状況のデータ化・分析により働き方を「見える化」。労働環境の改善に貢献します。

  • CASE.2

    個人所有のPCやスマートフォンから社内の情報にアクセスするBYODを推進したいが、検討のたびにセキュリティの担保が課題になって実現しない。

    パナソニックが解決!

    端末にデータを残さない通信方式を使うことで、どの端末からも社内と同等のセキュアな環境で情報へアクセス。効率的な業務遂行が可能になります。

    CACHATTO・まるで社内

    社内導入インタビュー

    ※「CACHATTO」は、e-Janネットワークス株式会社の登録商標です。
    ※「まるで社内」は、パナソニック 株式会社の登録商標です。

知的生産性の向上

これまでにない社内コラボレーションの実現のために、
コミュニケーションを活性化して生産性を向上させたい。

  • CASE.1

    在宅勤務中でも、社内にいるのと同じように、内線通話や、外線通話ができるようにしたい。

    パナソニックが解決!

    在宅勤務中や外出中などの社外にいる状況でも、取引先などへ対して社内と同様の電話対応が可能。無理のない顧客サービスの向上を実現します。

    IP電話ソリューション

  • CASE.2

    頻繁に行われる会議のための資料作成に時間がとられ、本来の業務に影響が出てきているが、これ以上作業速度を上げるのは難しい。

    パナソニックの社内では単純な書類作成業務を、RPA*を活用したシステムで自動化する取り組みを開始しています。そのノウハウを活用した実践的なご提案で、単純作業の効率化をサポートします。
    *Robotics Process Automation