非常用放送設備〜多言語対応〜

外国人観光客に向けた多言語放送をサポートした非常用放送設備

平成30年3月に総務省消防庁が「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」を公表し、避難誘導等の多言語化について言及しました。来たる2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、各関係施設では本ガイドラインに対する取り組みが求められています。「非常用放送設備〜多言語対応〜」は大規模から小規模まで、海外からのお客様の安全性確保に貢献します。

動画で紹介:イザという時に!訪日外国人も的確に誘導

外国人観光客が増加する近年、商業施設やインフラにおける非常放送の外国語対応がますます求められています。パナソニックの「ラック形非常用放送設備 WL-8000Aシリーズ」は、日本語音声に加えて、英語音声による非常放送が標準搭載されています。

またアジア諸国からの観光客が増加している近年、それを踏まえて、新たに中国語・韓国語放送を追加できるシステムをご提案しています。ラック形・壁掛形両方の非常用放送設備に対して、多言語放送を可能にしたことで、大規模から小規模まで、より多くの施設で海外からのお客様の安全性確保に貢献します。

 

非常用放送設備〜多言語対応〜:
サンプル音声

  • 発報放送

  • 火災放送

  • 非火災放送

外国人や障害者への災害情報の伝達や避難誘導に関するガイドラインを公表

図:ガイドラインのポイント - デジタルサイネージやスマートフォンアプリ等を活用し、避難誘導等を多言語化・文字等による視覚化 - 「緊急地震速報」(地震発生)多数の外国人来訪者や障害者等が利用する駅・空港・競技場・ホテル等で..デジタルサイネージでの多言語速報表示 -「地震発生」・「避難指示」デジタルサイネージ・音声放送・スマーフォンでの多言語速報表示 - 個別対応へ

平成30年3月、総務省消防庁は「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」を公表しました。これは駅・空港や、競技場、旅館・ホテルといった施設を利用する外国人観光客や高齢者・障害者等に向けた、災害情報の伝達や避難誘導についての指針です。

本ガイドラインによると、施設において取り組むことが望ましい事項として、

  1. デジタルサイネージやスマートフォンアプリ、フリップボード等の活用などによる災害情報や避難誘導に関する情報の多言語化・文 字等による視覚化
  2. 障害など施設利用者の様々な特性に応じた避難誘導(避難の際のサポート等)
  3. 外国人来訪者や障害者等に配慮した避難誘導等に関する従業員等への教育・訓練の実施

が上げられています。
来たる2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、各関係施設では本ガイドラインに対する取り組みが求められています。

インタビュー

非常用放送設備とは、自動火災報知設備等との連動により、自動的に音声警報による放送を行い、的確に避難誘導を行うための放送設備です。

非常放送を火災を例にすると、発報放送、火災放送、非火災放送の音声警報があり、まず火災報知設備の感知器が作動すると「ただいま火災感知器が作動しました。係員が確認しておりますので、次の放送にご注意下さい」という発報放送が2回流れます。
そして、多数の感知器が作動すると「火事です。火事です。火災が発生しました。 落ち着いて避難してください。」という火災放送が流れます。
実際に火災が確認できなかった場合は、「さきほどの火災感知器の作動は、確認の結果、異常がありませんでした。ご安心下さい。」といった訂正を知らせる非火災放送が流れます。

その流れの中で、デジタルサイネージには文字で、発報放送から火災放送、あるいは非火災放送の内容が表示されます。

近年、外国人観光客の来訪が増えてきたため、この非常放送設備に対して日本語・英語に加えて中国語や韓国語といった多言語放送のニーズが高まっています。

平成30年3月に消防庁から『「放送設備の設置に係る技術上の基準の運用について」の一部改訂について』という通知が出されましたが、その中でもインバウンドの背景から多言語での非常放送を考慮するように示されています。

壁掛形非常用放送設備 WK-EK100Aシリーズは 小規模から中規模施設向けの壁掛形非常用放送設備で日本語・英語の音声警報に、中国語または韓国語を加えた3カ国の放送が可能です。ラック形非常用放送設備 WL-8000Aシリーズは スピーカー回線を最大340回線まで拡張できる中規模から大規模施設向けのラック形非常用放送設備で、日本語・英語の音声警報に、中国語と韓国語を追加し4カ国語までの放送ができるように開発されていますので、高まる多言語放送のニーズに対応していけます。

画像:話者近影

パナソニック
システムソリューションズ ジャパン株式会社
マーケティングセンター
メディアエンターテインメント推進部
サウンドシステム課
主事 風早頼一

  • 報道資料

    総務省消防庁「外国人来訪者や障害者等が利用する施設における災害情報の伝達及び避難誘導に関するガイドライン」

  • 通知・通達

    総務省消防庁・消防予第255号『「放送設備の設置に係る技術上の基準の運用について」の一部改正について』