4Kカメラと画像解析技術を活用、効率的かつ安全な点検業務の実現を目指します

Impress DX Awards 2018
アプリケーション&サービス部門準グランプリ

4K画像活用構造物点検サービスがImpress DX Awards 2018において、
アプリケーション&サービス部門の準グランプリを受賞しました。

サービスの特長

離れた場所から高画質画像を取得、パナソニックの画像解析技術で振動などを可視化することで点検業務を効率的かつ安全に行うことができるサービスです。従来のインフラ構造物の点検業務ではセンサーなどを使用するため、足場設置が伴いコスト面や安全面に課題を残していました。

生産性向上

離れた場所から撮影する手法で足場を不要としました
足場設置や撤去のコスト面の他、工期短縮、安全性の向上にも貢献します

可視化

センサーなどが設置困難な場所も面で捉える撮影方法で可視化が可能
1回の撮影で同時に複数のポイントを測定することも可能です

技術継承

可視化データの活用で、熟練技術者のスキル・ノウハウの継承に貢献
技術者不足の課題解決をサポートします

パナソニックのつよみ

パナソニックがこれまでにご提供した多くの商材・デバイスの実績に加え、新しい技術などを融合させた新たなサービス・ソリューションを展開し、現場プロセスイノベーションを進めます。

Before

従来の橋梁点検業務

足場を組み、人員を複数配置し、場合によっては通行止めにしなければならず、危険も伴いました。

従来の橋梁点検業務

After

当社の点検サービス

撮影カメラと撮影者のみで点検が可能です。それにより作業の簡略化、安全化を実現します。

当社の点検サービス

振動・変位のデータ化、可視化が可能

測定点における変位のデータ化を実現します。さらに変位をグラフ化・可視化することができます。

振動・変位をデータ化、可視化

活用シーン

足場構築が大掛かりになる川を跨ぐ橋梁の測定

足場構築が大掛かりになる川を跨ぐ橋梁 振動・変位計測から振動の可視化、周波数分析、たわみ量分析

僅かな画像のズレを解析する技術をさまざまな シーンで活用できます

これらのデータを一元管理し、蓄積された情報から分析することでより高度なインフラ点検・維持管理が期待できます。

業界ごとの一例

エネルギー

設備配管

交通

鉄道橋梁

通信

屋外ケーブル

公共

高速道路(高架橋)

サービス内容

撮影対象構造物の事前調査から撮影・解析、レポート作成まで一貫したソリューションをご提供します。

1

事前準備

 事前準備
  • ・撮影地点や調査内容の整理
  • ・現地視察の実施
  • ・撮影機材選定

2

撮影

撮影
  • ・シミュレーション
  • ・撮影

3

解析・レポート

解析・レポート
  • ・撮影データからの解析
  • ・解析結果のレポート

4

点検・修繕計画

点検・修繕計画
  • ・追加調査、定期点検の提案
  • ・点検計画への活用

※将来のご提供を目指しています。

業務内容 業務概要 業務詳細
①事前準備 事前お打合せ 撮影対象構造物に関して、調査観点や調査内容の整理を行い、撮影日の選定や、課題などについて整理いたします。
現地視察 撮影対象構造物の事前確認を行います。 ⇒撮影対象までの距離の確認、遮光具合の確認、その他撮影条件の確認
機材選定 事前打合せ内容、現地視察結果から、撮影に必要な最適な機材の選定を行います。
②撮影 撮影シミュレーション 事前打合せ内容、現地視察結果から、机上における撮影時のシミュレーションを行います。 選定機材にて測定可能な事項について整理いたします。
撮影 本番撮影を行います。
③解析・レポート作成 データ解析 本番撮影で取得した映像から、データ解析を行います。
レポート作成 上記データ解析結果をレポートとしてまとめご報告いたします。
追加調査事項や、定期点検への活用などソリューション提案を行ってまいります。