1. i-PROカメラサポート
  2. 技術情報
    (共通、全般)
  3. サポート動画
  4. ダウンロード
  5. よくある質問
    • お問い合わせの前に
    • FAQ
    • トラブルシュート
  6. 商品一覧
    • i-PRO EXTREME
    • i-PRO Smart HD
    • CCTVカメラ
    • レコーダー
    • デコーダー他
    • 映像管理ソフト
    • カメラBB
    • 産業用カメラ
    • みえますねっと
    • 入退室管理システム

プラグインソフトウェアのライセンスについて


2017年4月
以下のライセンス数とはH.264(またはMPEG4)、またはH.265毎のライセンスのことを示します。
それぞれのライセンスで以下を満足ください。
但し、当初H.264用として用意されたBB-HCA8は、これまで購入された分を含めH.265ライセンスを保有します。

■不足ライセンス数の計算方法

カメラは、PC 1台分の1ライセンスを保有しています。
 ⇒同一システム内のPCへのインストール数が、カメラ数を上回る時にその不足分を追加確保する必要があります。
 なお、レコーダーは、機種によりライセンス数が異なるため各使用許諾を参照ください。

■ライセンスの基本的な追加確保の方法

H.264/H.265のライセンスは弊社BB-HCA8(1ライセンス)、MPEG-4のライセンスは弊社BB-HCA5(1ライセンス)を不足分購入して、ライセンスを確保してください。

■その他

レコーダーの持ち出しCD、SDカード等は表示用プラグインソフトウェアがPCにインストールされていなくても再生できます。

(例1) システム構成として、NV300:1台、H.264カメラ:6台、PCへのインストール数が15台の場合、
それぞれH.264のライセンス数の計算は、「8+6-15=-1(ライセンス)」になります。
追加確保数は不足分の1ライセンスとなります。
但し、アンインストールした場合はその限りではありません。

なお、代表的なレコーダーのH.264のライセンス数は、以下のとおりです
・ND400はPC16台分の16ライセンスを保有。
・NV300はPC8台分の8ライセンスを保有。
・NV200とNV250はPC4台分の4ライセンスを保有。
・HD616又はHD716はPC8台分の8ライセンスを保有。

(例2) システム構成として、NX400(H.264/H.265):1台、H.264/H.265カメラ:2台、H.264カメラ:4台のPCへのインストール数がビューワーとして15台の場合、
①H.264のライセンス数の計算は、「1+2+4-15=-8(ライセンス)」になります。
②H.265のライセンス数の計算は、「1+2-15=-12(ライセンス)」になります。
よって、①or②の大きい方より、 追加確保数はH.265ライセンスの不足分の12ライセンスとなります。
但し、アンインストールした場合はその限りではありません。

なお、代表的なレコーダーのH.264/H.265のライセンス数は、以下のとおりです。
・NX400はPC1台分のH.264/H.265の各1ライセンスを保有。