1. iPROカメラサポート
  2. 技術情報
    (共通、全般)
    • 共通関連(複数カテゴリでの共通内容)
    • ネットワークカメラ関連(i-PRO SmartHD)
    • CCTVカメラ関連
    • 監視映像レコーダー関連
    • エンコーダー・デコーダー関連
    • 映像管理ソフト関連
    • サポート動画
  3. 技術情報:取説補足
    (カメラ・エンコーダー)
    • 技術検証情報
    • 機種共通情報
    • エアロPTZカメラ(WV-SUD638)関連
    • メモリーカード録画関連(SD/SDHC/SDXC)
    • EXTREAM(H.265)シリーズ関連
    • WV-SFV781L、SPV781LJ関連
    • WV-SPN611/631/311/531及び機能拡張ユニット関連
    • 動作確認済みPoE給電装置関連(パン/チルト/ズーム)
    • 複数台カメラ画像表示関連
    • アラーム動作関連
    • プリインストール証明書関連
    • 改ざん検出専用ソフトウェア関連
    • ネットワークマイク(WV-SMR10)関連
    • みえますねっと関連
    • ダウンロード関連
    • WJ(DG)-GXE100/500関連
    • 機能拡張関連(顔検出機能等一部機能のオプション化)
  4. 技術情報:取説補足
    (レコーダー・その他)
    • PoE給電機能付同軸-LANコンバーター関連
    • ビジネスインテリジェント拡張キットWJ-NVF20JW用統計グラフ表示ツール関連
    • ビューワーソフト(ND_Viewer.exe)用魚眼画像補正ライブラリー関連
    • ビジネスインテリジェント拡張キットの機能拡張ソフトウェア関連
    • PoEカメラ電源ユニット関連
  5. ダウンロード
    • 製品一覧(取説・ファーム)
    • 技術資料(検証情報他)
    • オプション一覧
    • ツール(容量計算・機能拡張)
    • 開発用資料(開発支援ツール他)
    • 生産終了品(取説・ファーム他)
  6. よくある質問
    • お問い合わせの前に
    • FAQ
    • トラブルシュート
  7. 製品一覧
    • i-PRO EXTREME
    • i-PRO Smart HD
    • CCTVカメラ
    • レコーダー
    • デコーダー他
    • 映像管理ソフト
    • カメラBB
    • 産業用カメラ
    • みえますねっと
    • 入退室管理システム

プラグインソフトウェアのライセンスについて


2017年4月
以下のライセンス数とはH.264(またはMPEG4)、またはH.265毎のライセンスのことを示します。
それぞれのライセンスで以下を満足ください。
但し、当初H.264用として用意されたBB-HCA8は、これまで購入された分を含めH.265ライセンスを保有します。

■不足ライセンス数の計算方法

カメラは、PC 1台分の1ライセンスを保有しています。
 ⇒同一システム内のPCへのインストール数が、カメラ数を上回る時にその不足分を追加確保する必要があります。
 なお、レコーダーは、機種によりライセンス数が異なるため各使用許諾を参照ください。

■ライセンスの基本的な追加確保の方法

H.264/H.265のライセンスは弊社BB-HCA8(1ライセンス)、MPEG-4のライセンスは弊社BB-HCA5(1ライセンス)を不足分購入して、ライセンスを確保してください。

■その他

レコーダーの持ち出しCD、SDカード等は表示用プラグインソフトウェアがPCにインストールされていなくても再生できます。

(例1) システム構成として、NV300:1台、H.264カメラ:6台、PCへのインストール数が15台の場合、
それぞれH.264のライセンス数の計算は、「8+6-15=-1(ライセンス)」になります。
追加確保数は不足分の1ライセンスとなります。
但し、アンインストールした場合はその限りではありません。

なお、代表的なレコーダーのH.264のライセンス数は、以下のとおりです
・ND400はPC16台分の16ライセンスを保有。
・NV300はPC8台分の8ライセンスを保有。
・NV200とNV250はPC4台分の4ライセンスを保有。
・HD616又はHD716はPC8台分の8ライセンスを保有。

(例2) システム構成として、NX400(H.264/H.265):1台、H.264/H.265カメラ:2台、H.264カメラ:4台のPCへのインストール数がビューワーとして15台の場合、
①H.264のライセンス数の計算は、「1+2+4-15=-8(ライセンス)」になります。
②H.265のライセンス数の計算は、「1+2-15=-12(ライセンス)」になります。
よって、①or②の大きい方より、 追加確保数はH.265ライセンスの不足分の12ライセンスとなります。
但し、アンインストールした場合はその限りではありません。

なお、代表的なレコーダーのH.264/H.265のライセンス数は、以下のとおりです。
・NX400はPC1台分のH.264/H.265の各1ライセンスを保有。