1. i-PROカメラサポート
  2. 技術情報
    (共通、全般)
  3. サポート動画
  4. ダウンロード
  5.    FAQ
    (よくあるご質問)
  6. 商品一覧
    • i-PRO EXTREME
    • i-PRO Smart HD
    • CCTVカメラ
    • レコーダー
    • デコーダー他
    • 映像管理ソフト
    • カメラBB
    • 産業用カメラ
    • みえますねっと
    • 入退室管理システム

弊社「監視・防犯システム他」製品における

GNU bashの脆弱性に関して

■はじめに

GNU bashとは、GNU プロジェクトが提供する、LinuxなどUNIX系のOSに含まれるコマンドを実行するための
シェル(OSの一部としてプログラムの起動や制御などを行なうプログラム)です。
この bash に任意の OS コマンドを実行される脆弱性 (CVE-2014-6271) が発見されました。
※詳細については「IPA(情報処理推進機構)」が発表した重要なセキュリティ情報を参照願います。

2014年10月
■製品の影響:影響の有無についてカテゴリ毎に以下に示します。
  (カテゴリ名称は弊社HP「監視・防犯システム http://sol.panasonic.biz/security/ 」「それ以外については
    http://panasonic.co.jp/avc/psn/products/ または http://sol.panasonic.biz/support.html に準じます。)

カテゴリ名称 影響の有無
(無しは“bash未使用”もしくは“使用しているが影響無し”)
ネットワークカメラ(WV、DG) 無し
モニタリングカメラ(BB,VL,BL) 無し
CCTVカメラ(アナログカメラ WV) 無し
監視映像レコーダー 無し
ビデオエンコーダー、デコーダー、他 無し
映像管理ソフト 無し
産業用カメラ 無し
入退室管理 統合管理 無し
インターネットからアクセスできる環境に接続しない仕様の為、
当該脆弱性による影響はございません

なお、「監視・防犯システム」以外のカテゴリやWebサイトに掲載を行っていないカテゴリについても以下に示します。

カテゴリ名称 影響の有無
音響システム(サウンドシステム) 無し