UPnPステータス情報説明画面

.


UPnPステータス画面例

表示 意味 対応方法
ルータの検出失敗、または、設定できません ルーターがUPnPに対応していません。または、設定ができませんでした。
  • ルーターのUPnP機能が無効になっている。
    ルーターの取扱説明書を参照して、UPnP機能を有効に設定してください。
  • ルーターにUPnP機能がない。
    ルーターの取扱説明書に従い、ポートフォワーディング設定を行ってください。
  • ルーターの電源が切れている。
    ルーターの電源を入れたあとに、カメラの電源を入れて、カメラを再起動してください。
  • カメラのネットワーク設定がStaticの場合、ネットワーク設定が間違っている。
    カメラのネットワークのデフォルトゲートウェイ・サブネットマスクの設定を確認してください。
  • UPnP対応ルータを使用していて、有効になっていていもカメラがそのルータ-に対応できない場合もあります。その場合、ルーターの取扱説明書に従い、ポートフォワーディング設定を行ってください。
無効 ルーターのUPnP機能を利用したカメラの自動ポートフォワーディング設定を行っていません。 ルーターのUPnP機能を使ってインターネット公開するには、「公開」の「自動ポートフォワーディング (IPv4)」を有効にしてください。
または、「設定」の「UPnP」の「自動ポートフォワーディング」を有効にしてください。
有効 ルーターのUPnP機能を利用したカメラのインターネットへの公開設定が正常に終了しています。
設定中 ルーターのUPnP機能を利用したカメラの自動ポートフォワーディング設定を行っています。 ルーターに設定中ですので、しばらくお待ちください。
削除中 ルーターに対してUPnP機能を利用したカメラの自動ポートフォワーディングを無効に設定にした後、 ルーターのUPnP設定の削除に失敗しました。 ルーターのUPnP設定を削除中ですので、しばらくお待ちください。
UPnP設定失敗 ルーターに対してUPnP機能を利用したカメラの自動ポートフォワーディング設定を試みましたが、失敗しました。
または、定期的なポート更新処理で、ルーターからの更新エラーの応答を受け取りました。
  • カメラに設定しているポートでポートフォワーディングで設定ができません。
    「公開」の「自動ポートフォワーディング (IPv4)」を有効にして、ポートフォワーディングを再度、行ってください。(カメラで使用するポート番号を自動的に設定します。)
  • ルーターの電源が切れている。
    ルーターの電源を入れたあとに、カメラの電源を入れて、カメラを再起動してください。
  • ルーターによっては、カメラがUPnP設定をできない場合があります。
    その場合、ルーターの取扱説明書に従い、ポートフォワーディング設定を行ってください。