バージョンアップ手順についてのお願い










ファームウェアのセキュリティ性向上のため、以下の内容で
2段階でのファームウェアのバージョンアップが必要になります。


セキュリティ対応ファーム :V2.00ES ← 末尾のアルファベットが「ES」になります。
セキュリティ未対応ファーム:V1.87E


適用機種:
WV-SFV631LT/SFN631L/SFN611L/SPN631/SPN611/SPN531/SPW631LJ/SPW631LTJ/SPW611LJ/SPW611J/SPW310
WV-SFN310J/SFN311/SFV311/SPN311/SPN310V/SFN531/SFV531
WV-SFV481/SFN480/SFV781L/SPV781LJ(下図の「V2.00」を「V2.01」に置き換えてください)



V.2.00より前のバージョンのカメラは、一度V9.99にファームアップしてからV2.00以降のバージョンにファームアップを
 お願いします。

ver2.00

中間バージョンV9.99のファームウェアについて入手ご希望の方は、
以下のパナソニックシステムお客様ご相談センター「メール問い合わせ」にてご要望ください。
「ご意見・ご質問」欄に、入手ご希望のカメラ品番とご希望理由(例:定期的更新、不具合対策、機能アップ 等)
をご記載ください。

メール問合せはこちら






万一、セーフモードになった場合はこちらを参照ください。
 セーフモード時は、以下のように画面が異なりますので、画面に合わせてバージョンアップを実施してください。



 A.従来のセーフモード画面(画面内に「Decryption support」の記載なし)
safemode


 従来の画面のセーフモード時は、かならず中間バージョンを経由した2段階のバージョンアップ・ダウンが必要です。

safemode



 B.セキュリティ対応画面(画面内に「Decryption support」の記載あり)
not safemode

 セキュリティ対応画面でのセーフモード時は、いずれのバージョンでもバージョンアップ、ダウンが可能です。
 (中間バージョンへのバージョンアップは不要です。)


safemode