映像監視ソフトウェア WV-ASM300

WV-ASM300操作モニター

WV-ASM300操作モニターの各部の説明

サムネイル検索

4台分のカメラを同時に表示し、サムネイル検索が可能。指定した間隔での静止画一覧から再生映像を確認。探したい映像を効率的に検索することが可能です。

サムネイル検索の画面

ダウンロードキューイング

操作モニターでダウンロードを開始するとダウンロード画面にダウンロード対象として設定したファイル名が追加されます。
1度にダウンロードできるファイル数は10,000件までです。

ダウンロードキューイングの画面

マップモニター

各フロアのアラーム状況がひとめでわかる。

マップ上にカメラのアイコンをマッピングすることで機器配置状態や機器の状態を一元管理することができ視認性の高いモニタリングが可能です。
また、設置カメラやレコーダーの機器状態もマップ上で確認することができます。

マップモニターの画面とアイコン表示の種別の説明

画面表示

「操作画面」 「ライブ画面」 「マップ画面」を表示可能。

モニター1台で操作する場合

WV-ASM300本体画面上の「ライブモニター」「マップモニター」「検索画面」のタブは表示順序を変更したり、新しいウィンドウで開くことができます。

タブの分離

タブをドラッグして移動することで、ウィンドウ上のタブを別ウィンドウに分離することができます。
ただし、「操作モニター」タブ、「設定画面」タブは別ウィンドウに分離することができません。

タブの分離の表示例

タブの合体

別ウィンドウに分離したタブをドラッグして元のウィンドウ上に重ねることで、同じウィンドウに合体することができます。
タブの合体の表示例

モニター3台で操作する場合

3台までのディスプレイに操作画面、ライブ画面、マップ画面を同時に表示するマルチモニター機能を採用しています。
更新速度がPC環境や表示画面の解像度、分割数などの条件により制限があります。

モニター3台による操作画面、ライブ画面、マップ画面の表示例

表示例 : ディスプレイが3台の場合は、マルチモニターを使用し、各ディスプレイに操作画面、ライブ画面、マップ画面を表示する運用が可能です。
※マルチモニター機能を使用する場合は、当社が推奨するPC環境で、グラフィックボードの増設が必要な場合があります。推奨PC環境については「WV-ASM300シリーズ 必要なPCの環境」をご覧ください。

監視システムにおけるセキュアコミュニケーションにも対応(オプション)

i-PRO EXTREMEネットワークディスクレコーダーへセキュア拡張キット(別売)を登録することにより監視システムにおいて、高いレベルのセキュア技術でセキュリティの脅威から機器や映像データを守ることが出来ます。

覗き見をシャットアウト(通信の暗号化)

SSL通信によりカメラとレコーダー・監視ソフトウェア間で安全な通信経路を確保し通信傍受を防ぎます。
また高性能暗号モジュールで映像生成部で暗号化、ネットワーク上の映像を保護します。

セキュア拡張キットについて詳しくはコチラ

システムコントローラー(WV-CU950 別売)からの操作

専用コントローラーで簡単に各種制御が可能。

アイプロシリーズ システムコントローラー
WV-CU950

本体希望小売価格 230,000円(税抜)

アイプロシリーズ システムコントローラー WV-CU950

本ソフトウェアは別売りのシステムコントローラー(WV-CU950別売)を使って、操作することもできます。システムコントローラーから操作できる機能とその操作方法は以下のとおりです。

操作 機能
基本操作 カメラ選択、カメラ切換え、グループ選択、シーケンス選択・停止、画面切換え、アラーム確認・リセット
カメラ操作 プリセットポジション、パン/チルト、明るさ調整、フォーカス調整、ズーム調整、外部制御、自動モード開始・終了
レコーダー操作 マニュアル録画、録画画像再生

ページトップへ戻る