最初のページに戻る  前のページに戻る

外観(VDH-F2161)
前面パネル(左)

前面パネル(左)
1. 電源ランプ
 電源が入るとランプが点灯します。
2. 残量警告ランプ
 ハードディスクの記録領域がメニューで指定した%まで減少すると、ランプが点滅します。
 また、記録領域の残量が0%になると録画が停止し、ランプの点滅が点灯に変わります。
 “記録再開許可”を行うとランプが消灯します。
3. アラームランプ
 ハードディスクやファンに異常がある場合、ランプが点滅します。
毎秒4回の点滅:ハードディスク異常
毎秒1回の点滅:ファン異常
4. ロックランプ
 操作がロックされると点灯します。
 ロックが解除されると消灯します。
5. アラーム記録ランプ
 アラーム録画中は、ランプが点滅します。
 プリアラーム録画中は、ランプが点灯します。
6. 音声出力端子
 映像出力端子と一緒に市販のビデオデッキやDVDレコーダーに接続すると、録画した映像を音声を含めてコピーすることができます。
 (後面の音声出力と同じです)
7. 映像出力端子
 市販のビデオデッキやDVDレコーダーに接続すると、録画した映像をコピーすることができます。
 (後面のメインモニタ出力と同じです)
8. USB 端子
 USB メモリー(2.0)を接続します。
 後面のUSB 端子と同時に接続した場合は、前面の端子が優先されます。
9. [カメラ選択]ボタンとランプ
 後面パネルの映像入力端子にカメラを接続した状態で、ボタンを押すと表示ランプが点灯し、カメラ映像がモニターに表示されます
・4 画面、9 画面、16 画面表示中
 モニターに表示されているカメラの表示ランプが点灯します。
・VIDEO LOSS の場合
 ランプが点滅します。
・アラームの入力時
 入力のあったカメラの表示ランプが点滅します。

前面パネル(右)

  
 
10.[ファンクション]ボタン
 ドームカメラ操作モードになります。他のボタンの動作が変わります。(??P.148) メニューの拡張機能を使用するときにも押します。
11.[4 画面表示]ボタンとランプ
 映像を4 画面で表示します。4 画面表示中はランプが点灯します。
 他の画面表示モードに切り換えるとランプが消灯します。
12.[マルチ表示]ボタンとランプ 
 映像を9 画面、16 画面で表示します。
 9 画面、16 画面表示中は、ランプが点灯します。
 他の画面表示モードに切り換えるとランプが消灯します。
13.[モニタ2]ボタンとランプ 
 後面パネルのモニタ2 出力端子に、モニターを接続した状態でボタンを押すと、モニター2 の映像を変更できます。
 [カメラ選択]ボタン、[カメラ自動切換]ボタン、[4 画面表示]ボタンの操作が可能です。選択中はランプが点灯します。
14.[プラス表示]ボタン(??P.25)
 マルチ画面(9 画面/16 画面)または、1 画面や4 画面表示中に、1 台のカメラ映像だけを、4 画面分のサイズに変更できます。
15.[メニュー]ボタンとランプ
 メニュー画面(設定画面)を表示するときに押します。メニュー画面表示中はランプが点灯します。
16.[終了/ 画面表示]ボタンとランプ
・ 終了
 メインメニューまたはサブメニューから抜けます。
 メニューを表示すると、ランプは消灯します。
 (警告画面の表示中、またはメニュー画面で設定項目の選択(点滅)中は終了できません。)
・ 画面表示
 録画・再生中、および停止中に押すと、押すごとに操作表示の位置を上表示/ 下表示/ 非表示の順に切り換えます。
 情報の表示中はランプが点灯します。
17.[再生/ 停止]ボタンとランプ
 記録領域の映像を再生します。再生中はランプが点灯します。再生中に押すと、再生を中止します。
18.[ズーム]ボタンとランプ
 1 画面表示で再生中またはカメラ映像の監視中に、画面の一部を拡大表示します。ズーム表示中はランプが点灯します。
19.[サーチ]ボタンとランプ
 録画および停止中に押すとランプが点灯し、サーチメニューが表示されます。
 もう1度押すとサーチ画面から抜けます。
20.[一時停止]ボタンとランプ
 再生中に押すとランプが点灯し、静止画になります。
 再度押すと解除します。
21.[カメラ自動切換]ボタンとランプ
 カメラ映像監視中にカメラ映像を自動的に切り換えます。
 ボタンを押すとランプが点滅し、自動的に画面が切り換わります。
 [カメラ選択]ボタンの表示ランプも、画面の切り換えに合わせて順次点灯します。
22.[コピー]ボタンとランプ
・ ブックマーク
 録画中または再生中の映像にブックマークを付けることができます。
・ コピー操作
 録画された映像をハードディスクのバックアップ領域やUSB メモリー、CD-R/RW、DVD+R/+RW などにコピーします。
 コピー中はランプが点灯します。
23.[シャトル保持]ボタンとランプ
 シャトルダイヤルの操作をロックし、再生速度を一定にします。
 ロック中は、ランプが点灯します。
24.[録画/ 停止]ボタンとランプ
 通常録画を開始します。録画中はランプが点灯します。
 録画中に、ボタンを3 秒以上押すと録画が停止し、ランプが消灯します。
25.[タイマー録画]ボタンとランプ
 録画停止中に押すとタイマー録画待機中になり、設定した 時間になるとタイマー録画になります。
 タイマー録画待機中はランプが点灯します。
 タイマー録画中に押すと、ランプが消灯しタイマー録画を停止します。
 また、タイマー録画待機中に押すと、タイマー録画を解除します。
26.[アラーム]ボタン
 再生中、または一時停止中に押すと、直前または直後のアラームにスキップします。
27. ジョグ(内側)・シャトル(外側)ダイヤル
・再生中
 ジョグダイヤルで再生速度を変更します。
 シャトルダイヤルで早送り、早戻し再生をします。
・メニュー画面表示中
 ジョグダイヤルでカーソルの移動や設定値を変更します。
 シャトルダイヤルで設定を確定します。
28.[メニューリセット]ボタン
 表示されているメニュー設定画面の内容を初期化します。

後面パネル(右)

1. オプションボードスロット
 RAID ユニットをSCSI(VZU-SCB1)接続で増設するときや、増設ユニットをS-ATA ボード(VZU-SATB1)で接続するときに使用します。
 RAID ユニットと増設ユニットの同時使用はできません。
 接続方法などの詳細については、オプションボードに付属の取扱説明書をご覧いただくか、お買い上げの販売店にご相談ください。
2. 映像入力端子(1~ 16)
 カメラと接続します。
3. 映像出力端子(1~ 16)
 モニターと接続すると、カメラ映像をそのまま監視できます。

7. [クリア]ボタン
 [クリア]ボタンを押すと本機のリセットを行い、時刻が初期設定値に戻ります。
8. USB 端子
 USB メモリーを接続します。 
9. LAN 端子(10BASE-T/100BASE-TX)
 スイッチングハブやルーター、パソコンなどと接続します。
10. 音声入力端子
 音声を記録する場合は、アンプ経由でマイクを接続します。
11. 音声出力端子
 音声を出力する場合は、アンプ経由でスピーカーを接続します。
12. VGA 出力端子
 VGA モニターに接続してください。
 XGA (1024 × 768)/75Hz で高画質映像を出力します。
13. メインモニタ出力端子
 メインモニターと接続します。
14. モニタ2出力端子
 モニター2と接続します。
後面パネル(左)
     
4. アラーム入力端子(1 ~ 16)
 外部に設置したアラームスイッチと接続します。アラームスイッチの動作により、アラーム録画します。
ピン        信号
C          アース
アラーム入力  アラーム入力1
アラーム入力  アラーム入力2
アラーム入力  アラーム入力3
アラーム入力  アラーム入力4
アラーム入力  アラーム入力5
アラーム入力  アラーム入力6
アラーム入力  アラーム入力7
アラーム入力  アラーム入力8
アラーム入力  アラーム入力9
アラーム入力  アラーム入力10
アラーム入力  アラーム入力11
アラーム入力  アラーム入力12
アラーム入力  アラーム入力13
アラーム入力  アラーム入力14
アラーム入力  アラーム入力15
アラーム入力  アラーム入力16
  
5. モーションセンサー出力端子
モーションセンサーを設定した場合 に、センサーが反応すると、各出力端子からアラーム信号を出力します。
ピン              : 信号
C               :アース
モーションセンサー出力 :カメラ1 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ2 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ3 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ4 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ5 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ6 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ7 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ8 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ9 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ10 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ11 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ12 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ13 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ14 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ15 のアラーム信号を出力
モーションセンサー出力 :カメラ16 のアラーム信号を出力

6. コントロール端子
   ピン       :信号
2ND RS485/422 A  :コントロール端子(A)
2ND RS485/422 B  :コントロール端子(B)
C             :コモン端子
リモートR1       :リモコン入力1
リモートR2       :リモコン入力2
時計合せ入力    :時計合わせ入力
時計合せ出力    :時計合わせ出力
外部タイマー入力  :外部タイマー入力
アラームリセット   :アラームリセット信号の入力
警告出力       :ハードディスク異常警告出力またはファン
             :異常警告出力
残量          :記録領域の残量警告出力
出力選択1 *      :録画停止出力/ VIDEO LOSS
出力選択2 *      :バックアップ残量警告出力/タイマー録画
             :出力
アラーム総合出力  :アラーム出力
C             : アラーム出力用コモン端子

*: 出力選択 1 端子/出力選択 2 端子の出力はデータ表示設定画面で設定してください。

15. RS-485 終端スイッチ
 複数台の機器をRS-485 端子から接続したときに使用します。
16. RS-485 (SANYO-SSP) 端子(A/B)
 システムコントローラやドームカメラなどと接続します。
17. 電源ソケット
 付属の電源ケーブルを電源ソケットにしっかりと差し込んでください。
18. 電源コードホルダー
 付属のフィクサーで図のように電源コードホルダーに固定してください。
19. 電源スイッチ
 電源の入(I)/切(O)を切り換えます。

最初のページに戻る  前のページに戻る