最初のページに戻る  目次に戻る

コピー画像の再生
コンパクトフラッシュメモリーカードにコピーした映像をパソコンで見る

コンパクトフラッシュカードにコピーすると、下記のフォルダーが作成され、画像が保存されています。
 
(1)ルートディレクトリの下にフォルダー「SANYO」を作成する。
(2) 「SANYO」の下に、コピーした映像の日付でフォルダーを作成する。
(3) 日付フォルダーの下に「IMG00001」から始まるサブディレクトリーを作成する。各サブディレクトリーには200枚ずつの画像が保存される。
(4)パソコンで閲覧する場合には、日付フォルダーの下にある「INDEX.HTM」をブラウザー(インターネットエクスプローラー5.0 以上)で開いてください。
 JPEG 画像のスライドショーなどの再生ができます。
 

● コンパクトフラッシュにコピーした音声付き映像の再生についてDVR Viewer を使用すると、音声付き映像を再生できます。
  詳しくは、「ネットワーク接続による遠隔操作マニュアル」を参照してください。
● JPEG画像について
  JPEG画像はフィールド画像となっていますので、市販の画像処理ソフトで見ると縦方向が1/2に圧縮して表示されます。
  必ずINDEX.HTMファイルで表示してください。
● コンパクトフラッシュにコピーした映像について
  改竄検出用のコードが埋め込まれているため、改竄検出用のソフトで検出ができます。


CFメモリーカードにコピーした画像がPCで再生できない
 コピーした画像をPCで再生しようとするとINVALID FILEと表示される場合、正しくコピーできなかったと思われます。
 メディアを再フォーマットして再度コピーするか、別のメディアと交換して再度コピーしてみてください。

最初のページに戻る  目次に戻る