最初のページに戻る  前のページに戻る

バックアップ領域を広げる方法 

警告:設定を変更すると全ての内容が初期化されます
注意!領域変更を伴う記録再開許可では初期化されます。 録画中は本設定は出来ません。

(1)<記録領域設定>画面を表示させる

(2)シャトルリング(S)を右に回す
「通常記録領域」の“80”が点滅します。
(3)ジョグダイヤル(J)を回して通常記録領域(例:50%)に変更し、シャトルリング(S)を右に2回まわす。
「アラーム記録領域」の数値が点滅します。

本機の初期値は<記録条件設定>の通常記録領域またはアラーム記録領域の「上書き記録」では“入”に設定されていますので、通常記録領域を設定後は「記録再開許可」にはカーソルは移動しません。
同様にアラーム記録領域にもカーソルは移動しません。

記録領域とアラーム記録領域の記録再開許可は、<記録条件設定>の「上書き記録」を“切”に設定してください。
(4)ジョグダイヤル(J)を回して、アラーム記録領域
(例:49%)に変更し、シャトルリング(S)を右に回す
「バックアップ領域」の“記録再開許可”にカーソルが移動します。
(5)シャトルリング(S)を左に回す
パスワード入力画面が表示されます。

(6)パスワードを入力する
ジョグダイヤル(J)を回して、シャトルリング(S)を右に回す操作を繰り返してパスワードを入力してください。
パスワード:初期値 0000
*:4画面表示ボタンに”0”が割り当てられています(4画面表示ボタンを押すと“0”を入力できます)。
<警告>画面が表示し、“いいえ”が点滅します。

(7)ジョグダイヤル(J)を回して“はい”を選択し、シャトルリング(S)を右に回す。
“ハードディスク初期化中!”の画面になり、初期化をおこないます。
初期化が終了すると、<記録領域設定>画面に戻ります。

(8)終了/画面表示ボタンを押す。

最初のページに戻る  前のページに戻る