パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > 監視映像レコーダー > ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300

ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300シリーズ

ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300シリーズ

最大32台のネットワークカメラの画像と音声をハードディスクに記録することができるネットワークディスクレコーダーです。カメラ接続台数は、カメラ拡張キット(WJ-NXE30JW : 別売により、16台、24台、32台)で標準の9台から32台まで増設することができます。
また、RAID拡張キット(WJ-NXR30JW : 別売)により、本機1台でRAID1/RAID5/RAID6の運用が可能になります。

  • (別売)RAID1 / RAID5 / RAID6を組むにはRAID拡張キットWJ-NXR30JWが必要です。
  • (別売)ビジネスインテリジェンス拡張キット(WJ-NXF02JW)のライセンス登録により、顔照合機能が利用できます。(カメラ入力1、2に対応)
ビジネスインテリジェンス拡張キット WJ-NXF02JW
品番 搭載HDD 標準接続台数/最大接続台数 HDD の冗長化
WJ-NX300/4 4 TB(1 TB×4) 9 台/32 台 RAID1 / RAID5 / RAID6※2
WJ-NX300/8 8 TB(2 TB×4) 9 台/32 台 RAID1 / RAID5 / RAID6※2
WJ-NX300/12 12 TB(3 TB×4) 9 台/32 台 RAID1 / RAID5 / RAID6※2
WJ-NX300/16 16 TB(4 TB×4) 9 台/32 台 RAID1 / RAID5 / RAID6※2
WJ-NXR30JW(別売RAID拡張キット)ライセンスを追加することで、RAID1/RAID5/RAID6 機能を使用することができます。
WJ-NXE30JW(別売カメラ拡張キット)ライセンスを追加することで、標準9台→16台→24台→32台と、カメラを追加することができます。
WJ-NXE31JW(別売カメラ拡張キット)ライセンスを追加することで、標準9台→32台へ拡張可能
WJ-NXF02JW(別売ビジネスインテリジェンス拡張キット)顔照合・統計処理2ch拡張ライセンス
  • ※2 RAID1 / RAID5 / RAID6を組むには別売のRAID 拡張キットWJ-NXR30JWが必要です。

主な特長

簡単操作・簡単設定(PCレス※3

本機に付属のマウスを接続し、モニター画面を見ながら簡単に操作できます。かんたん設定を実現した「らくらくスタート」により、パソコンを使わずにネットワークカメラを自動認識し、ガイダンスに沿って設定することができます。また、カレンダーやタイムライン、サムネイルサーチを使った、かんたん検索が可能です。

  • ※3 操作や設定の内容によってはパソコンが必要になります。

PCレス かんたん設定(アナログ感覚の設定手順)

最大88 TB のシステム構築が可能

増設ユニット(WJ-HXE400)を2台接続することで、最大22台のHDDを使用した運用が可能です。

  • シングルモード使用時の最大容量 88 TB(本体:16 TB+増設ユニット:36 TB×2)
  • RAID1使用時の最大容量 40 TB(本体: 8 TB+増設ユニット:16 TB×2)
  • RAID5使用時の最大容量 76 TB(本体:12 TB+増設ユニット:32 TB×2)
  • RAID6使用時の最大容量 64 TB(本体: 8 TB+増設ユニット:28 TB×2)

最大容量の条件 : 本体16 TB、増設ユニット(WJ-HXE400)1台あたりHDD(4 TB)×9台組み込み時

TURBO-RAIDTMに対応(オプション、別売)

  • ハードディスクが万が一の故障時にも記録映像の消失を防止するRAID1/RAID5/RAID6※4機能をハードウェアRAID※5として搭載。
    • ※4: RAID=Redundant Arrays of Independent Disks
    • ※5: ハードウェアRAID : 専用ハードウェアで実現するRAID 機能
      ソフトウェアRAID : 他の処理を兼用するCPUでRAID機能をソフトウェア的に実現すること
  • TURBO-RAIDTMとは当社登録商標であり、高速RAID 制御を実現する当社独自の専用ハードウェアにより、下記のような特徴を有しています。
    • RAID 機能使用時も録画/再生のビットレート(性能)を維持
    • 万が一の故障時からのRAID 復旧時間を大幅短縮
  • WJ-NX300シリーズにWJ-NXR30JWをライセンス登録することにより、RAID1 / RAID5 / RAID6のシステム構築が可能です。

セキュリティの脅威から機器や映像データを守るセキュア機能対応

  • 本機にセキュア拡張キット(別売)のライセンスを登録することで、セキュア機能対応済みの当社ネットワークカメラと組み合わせて、システムとしてのセキュア性を確保可能です。
  • 電子証明書を使ったSSL 通信により、通信経路でのハッカーなどの覗き見を防止。
    データ暗号化により、意図せず持ち出された映像を閲覧不能化。第三者への情報漏えいを防止します。

Symantec Device Certificate

セキュア拡張キット[オプション]
WJ-NXS01JW(カメラ1台)
WJ-NXS04JW(カメラ4台)
WJ-NXS16JW(カメラ16台)
WJ-NXS32JW(カメラ32台)

各オープン価格

※対応機種について詳しくはサポート情報をご参照ください。

リアルタイム顔照合機能を搭載(オプション、別売)

事前に登録した人物の顔画像と、ライブ画像内の顔画像をリアルタイムに照合し、結果を通知することで、来店者の確認や不審者を発見することができ、犯罪の未然防止を支援します。

  • ビジネスインテリジェンス拡張キットWJ-NXF02JWを追加することで顔照合、年齢性別判定・人数カウントに対応。(カメラ入力1、2に対応)

キー管理システムを採用 キー管理システム

WJ-NX300は、キー管理システムを採用しております。レコーダーの起動・初期設定には、必ず“解除キー番号”が必要となりますので事前に取得ください。

ご使用前に解除キー番号の登録が必要となります。本機に付属の起動情報案内カードに記載されている方法に従って解除キー番号を取得し登録をお願いします。
解除キー番号を登録しないと、カメラ拡張(別売)、セキュア拡張キット(別売)などの解除キー番号が登録できません。また、画面に登録を促すメッセージが表示されます。

キー管理システムについて

  1. ご販売店様の登録をお願い致します。( 既に登録IDをお持ちの場合は解除キー番号発行へ)
    登録IDおよびパスワードを取得してください。(登録ID、パスワードは大切に保管してください)
  2. 解除キー番号発行 ⇒ 1 で取得した登録ID、パスワードにより解除キー番号発行画面にログインしてください。
    解除キー番号発行には、「機器ID番号」、「起動ID番号」、「暗号ID番号」が必要となります。
    各ID番号は、梱包箱(側面シール)、起動情報案内カード(同梱)に記載されてます。
  3. 解除キー番号が発行されましたら、WJ-NX300の設定画面(ブラウザー)より解除キー番号を登録してください。
    また、解除キー番号は起動情報案内カードに記載し大切に保管してください。

登録ID、解除キー番号を取得するには、下記サイトにアクセスしてください。

パソコン・携帯電話用ページ

携帯電話用サイトには下記QRコードからアクセスできます
QR Code

※携帯電話からアクセスするときは、フルブラウザー相当でアクセスしてください。(携帯電話の機種によっては接続できないことがあります)

パソコン専用ページ

カタログPDF

ページトップへ戻る

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > 監視映像レコーダー > ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300