スマートフォンアプリケーションPanasonic Security Viewer(iPhone/iPad)

※パナソニック製 カメラ・レコーダー用

アプリケーションの概要

アプリケーション名(Ver.) Panasonic Security Viewer(Ver.3.3)
対応OS iOS 8.0 以上
アプリケーション入手方法 App Storeよりダウンロード
提供開始日 2018年2月
動作検証済端末 iPhone5、iPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone7、 iPhone X、 iPad Retina、iPad Air、 iPad mini、 iPad Pro
(2018年2月現在)
対応レコーダー WJ-ND400K (ファームウェアVer3.40以降)
WJ-NV300シリーズ (ファームウェアVer1.03以降)
WJ-NV250シリーズ(ファームウェアVer1.00以降)
DG-NV200シリーズ(ファームウェアVer1.50以降)
WJ-HD616/HD716シリーズ(ファームウェアVer2.60以降)
WJ-SD202K (ファームウェア Ver. 1.05以降)
WJ-NX400K (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX200 (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX300 (ファームウェア Ver. 2.00以降)
※別途 無線LANルーターなどの無線通信用機器が必要です。

ファームウェアのダウンロードはこちらから

Panasonic Security Viewer ダウンロード及びインストール

設定方法

Panasonic Security Viewer アプリケーションをインストール後、下記の手順で機器情報を登録してください。

はじめに使用許諾契約内容をお読みいただき同意いただけましたら「同意する」をタップしてください。

  • (1) 機器設定右上「+」をタップすると機器登録画面が開きます。
  • (2) 名称・・・「機器名称(16文字まで)」を入力してください。
    アプリケーション上で識別するための任意の名称となりますので、覚えやすい機器名称を入力ください。
    例)i-proレコーダー(英/数、漢字、ひらがな、カタカナ)
  • (3) 機器種別・・・登録する機器種別(レコーダー、カメラ、或いは、エンコーダー)を選択してください。
  • (4) アドレス・・・ホスト名/IPアドレスを入力してください。ホスト名/IPは、接続環境によって以下のようになります。

    <インターネット経由で利用の場合>
    「アドレス」は、ダイナミックDNSのURL(またはグローバルIPアドレス)となります。
    みえますねっとをご利用の場合、みえますねっとで登録されたURLを入力してください。なお、http://は不要です。
    例) ○○○.miemasu.net/

    <ローカルネットワーク内で利用の場合>
    「アドレス」への設定は、機器に設定されているプライベートIPアドレスを入力してください。
    例)192.168.0.250
  • (5) ポート番号・・・登録機器のHTTPポート番号(0~65535)を入力してください。
  • (6) ユーザー名/パスワード・・・接続されている機器に設定登録されているID(ユーザー名)およびPASS(パスワード)を入力してください。
  • (7) (2)から(6)の入力が完了しましたら最後に「登録」をタップします。
  • (8) 「機器設定」をタップして設定画面に戻ると「ライブ」や「再生」を開始することができます。
  • (9) ライブ・・・カメラ一覧【ライブ】を表示します。

  • (10) 再生・・・カメラ一覧【再生】を表示します。

  • (11) 「設定」にて、「表示設定」をタップすると、下記表示設定が可能となります。
    「タイトル表示設定」・・・レコーダーで登録したカメラに付けた名称を画面上に表示する設定を行います。
    「日時表示設定」・・・再生画像の日時を表示します。ライブでは表示されません。
    「多画面表示設定」・・・多画面ライブ表示時に表示するカメラの数(6、又は、8)を選択できます。

FAQ(よくあるご質問)

カテゴリ No. 質問 回答
アプリケーションについて 1 アプリケーションはどこからダウンロードできますか? App Storeからダウンロードできます。
こちらをクリックしてください。
または、App Storeから「Panasonic Security Viewer」で検索してください。
2 カメラとパソコンのみで使っていますが、このアプリケーションはiOS端末から利用できますか? 利用可能です。本アプリケーションのVer2.2より、カメラのSD再生にも対応しました。
3 アプリケーションで閲覧できるレコーダーの品番は? 本アプリケーションのVer3.1では、以下レコーダーに対応しています。
DG-NV200シリーズ (ファームウェアVer1.50以降)
WJ-NV300シリーズ (ファームウェアVer1.03以降)
WJ-NV250シリーズ(ファームウェアVer1.00以降)
WJ-ND400K(ファームウェアVer3.40以降)
WJ-HD616K/HD716シリーズ (ファームウェアVer2.60以降)
WJ-SD202K (ファームウェアVer1.05以降)
WJ-NX400K(ファームウェアVer1.02以降)
WJ-NX200(ファームウェアVer1.02以降)
WJ-NX300(ファームウェアVer. 2.00以降)
4 アプリケーションで閲覧できるカメラは? レコーダーを経由してカメラ画像を閲覧する場合、そのレコーダーに対応した弊社製H.264/H.265対応カメラとなります。
監視レコーダーの対応カメラ一覧
監視レコーダーの対応カメラ一覧と制約事項(ネットワークカメラ対応レコーダー用)をご参照ください。
※全方位カメラは撮影モードが1画PTZの場合のみPTZ操作に対応しています。
カメラを登録して閲覧する場合は、弊社製ネットワークカメラi-PRO SmartHDシリーズ、i-PRO EXTREMEシリーズ、カメラBBシリーズ(BB-SW175(A)、BB-SW172(A)、BB-SW174W(A)、BB-SC384、BB-ST165(A)、BB-ST162(A)、BB-SC384B、BB-SC382、BB-SW374、BB-SC364)となります。
5 Android端末で利用できますか? Androidスマートフォンでご利用いただけます。
GoogleのアプリストアGoogle play™からダウンロードできます。
こちらをクリックしてください。
または、Google play™から「Panasonic Security Viewer」で検索してください。
6 iOSの対応バージョンはいくつですか? iOS 8.0 以上です。
7 iOS端末の対応モデルは? 弊社で検証したモデルは下記のものです。
iPhone5、iPhone5s、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone7、iPhone X、iPad Retina、iPad Air、iPad mini、iPad Pro
8 利用料はいくらですか? 本アプリケーションのダウンロード、ご利用は無料です。
ただし、ダウンロードおよびアプリケーションのご利用には別途通信費がかかります。
iOS端末での通信は、動画を通信するためパケット通信料が増大する可能性があります。携帯電話サービス会社との契約にご注意ください。
また、iOS端末の通信は、パケット量により通信速度が制限される可能性があります。詳しくはご契約の携帯電話サービス会社へお問い合わせください。
9 保存ボタンで保存した画像はどのようにして確認できますか? 画像の閲覧アプリケーション「写真」を起動し、カメラロールを選択いただくと表示されます。
10 録画の圧縮方式でMJPEG、MPEG-4は使用できますか? 使用できません。
・DG-NV200/WJ-ND400K/WJ-NV300/WJ-NV250/WJ-HD616K/WJ-HD716K/WJ-SD202Kの場合は録画の圧縮方式をH.264を設定してください。
・WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合、録画の圧縮方式はH.264/H.265設定可能ですが、Panasonic Security Viewerの再生モード設定が通常再生/低負荷再生の場合はH.264圧縮方式のみ再生可能です。モバイル再生の場合はH.264/H.265圧縮方式を再生可能です。
11 音声機能に対応していますか? ライブおよび録画映像の再生時の音声再生には対応していません。
12 レコーダーに登録されている同一カメラに対して複数のiOS端末から同時にライブ表示行うことできますか? ・レコーダーにより同時アクセス数がことなります。
- DG-NV200/WJ-ND400K/WJ-NV300/WJ-NV250の場合は1台
- WJ-HD616/WJ-HD716の場合は最大8台
- WJ-SD202Kの場合は接続カメラのライブ可能台数
- WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合は同時に最大16台
注:最大端末数を超えてアクセスした場合は最初にアクセスした端末では映像が表示されなくなります。
・DG-NV200/WJ-ND400K/WJ-NV300/WJ-NV250の場合
- 本アプリケーションの「ライブ接続設定」が「レコーダー経由」(デフォルト)の場合、複数端末からライブを行うことができません(ライブは1台のみ)。複数端末から同時にライブを行いたい場合は、本アプリケーションの「ライブ接続設定」を「カメラ直接」に設定してください。
※この設定はローカルネットワーク環境(Wi-Fi使用)のみ利用可能です。
・WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合
- 本アプリケーションの「ライブ接続設定」が「レコーダー経由」(デフォルト)の場合、同一カメラに対して複数端末から同時(最大16台)にライブ表示を行うことができます。
13 レコーダーに登録されているカメラに対して複数のiOS端末から同時に再生行うことできますか? ・レコーダーにより同時アクセス数が異なります。
・再生モードが通常再生/低負荷再生の場合:
- DG-NV200の場合は最大4台
- WJ-NV300/WJ-NV250の場合は最大8台
- WJ-ND400Kの場合は最大16台
- WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合は最大16台
- WJ-HD616/HD716の場合は最大8台
- WJ-SD202Kの場合は最大1台
注:最大端末数を超えてアクセスした場合は最初にアクセスした端末では映像が表示されなくなります。
・再生モードがモバイル再生の場合:
- WJ-NV300/WJ-NV250の場合は最大1台
- WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合は最大2台
注1:最大端末数を超えてアクセスした場合は「ユーザー接続数を超過しました。通常または低負荷再生を選択してください。」とメッセージが表示されモバイル再生を開始することができません。
注2:WJ-NX400Kにセキュア拡張ライセンス又はカメラ拡張ライセンス(96台又は128台)を登録した場合、モバイル再生は動作しません。(WJ-NX400Kの制限事項です)
注3:WJ-NX200/WJ-NX300にセキュア拡張ライセンスを登録した場合、モバイル再生は動作しません。(WJ-NX200/WJ-NX300の制限事項です)
14 カメラライブ設定の「レコーダー経由」と「カメラ直接」の違いは何ですか? 設置、運用環境によって設定を使い分けます。
「レコーダー経由」は、インターネット経由でカメラのライブ映像を見ることができる設定です。通常この設定で使用します。
「カメラ直接」は、ローカルネットワークでの無線LAN(端末、レコーダー、カメラが同一サブネット)で利用する設定です。
15 アプリケーションがバックグラウンドで動いている場合、データ通信は発生しますか? アプリケーションがバックグラウンドにある場合は、データ通信は発生しません。
16 iPadでアプリケーションを起動すると、使用許諾契約から先に進めません。 アプリケーションを終了させ、縦向きの状態でアプリケーションを起動してください。その後、使用許諾契約をよく確認の上、先に進んでください。
※アプリケーションの終了方法
1.ホームボタンを押してホーム画面を表示させてください。
2.ホームボタンをダブルクリックして、アプリケーション一覧を表示させてください。
3.アプリケーションのアイコンを長押しして、左上に表示される「」ボタンをタップして設定してください。
17 画質を変更することができますか? WJ-NV300/WJ-NV250/WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300を御利用の場合、モバイル再生機能にて可能です。「」ボタンをタップして設定してください。
18 「処理能力が不足しているため、モバイル再生できません。ビットレートを下げてください。」が表示されます。どのようにすればよいですか? モバイル再生設定で高ビットレート(1024/2048kbps)を設定した場合、iOS端末により処理能力が不足することがあります。その場合は、モバイル再生設定で、低いビットレート(768/512/256kbps)を選択してください。
19 カメラの解像度がQXVGA(2048x1536)に設定されている場合にモバイル再生を行うことができません。どのようにすればよいでしょうか。 ・WJ-NV300/WJ-NV250の場合はレコーダーの設定画面から「設定タブ」→「モニター」→「高度な設定タブ」の順に画面を移動し「その他の設定」にある「QVGA(2048x1536)より高い解像度のデータを再エンコード配信する」にチェックを入れて設定を保存することで再生できるようになります。
20 カメラのSDに録画された映像をみることができますか? 下記SD搭載可能カメラで映像を見ることができます。
(A) ファームウェア Ver. 1.64 以降
DG/WV-SW559, DG/WV-SF539, DG/WV-SP509(J), DG/WV-SW458(M), DG/WV-SF438, DG/WV-SW155(M), WV-SW158, WV-SF138, WV-SW397(J/AJ/BJ/NJ), WV-SC387(A), WV-SC588(A), WV-SW598(J/AJ/ASJ)
(B) ファームウェア Ver. 2.00 以降*1
DG-NP502, DG-NW502S, DG-SP305, DG-SF335, DG-SW355, DG/WV-SW155(M), DG/WV-SW316(J/L/LJ), DG-SW396(A/J/AJ), DG/WV-SW395(A/J/AJ/ASJ), DG/WV-SC386, DG/WV-SC385, BB-SC384(A/B), BB-SW175(A), BB-SW174W(A), BB-SW172(A), BB-ST165(A), BB-ST162(A), BB-SP104W, BB-SC364, BB-SW374, BB-SC382
(C) ファームウェア Ver. 1.84 以降
WV-SFN631L, WV-SFV631L, WV-SFV631LT, WV-SPN631, WV-SPW631(LTJ/LJ/LSJ), WV-SFN611L, WV-SFV611L, WV-SPN611, WV-SPW611(LJ/J/SJ), WV-SFV311, WV-SFN311, WV-SPN311, WV-SFV311A, WV-SFN311A, WV-SPN311A, WV-SPW311AL, WV-SFN531, WV-SFV531, WV-SPN531(A), WV-SFV130, WV-SFN130, WV-SFV110, WV-SFN110
(D) ファームウェア Ver. 1.07 以降
WV-SFV481*1,WV-SFN480*1, WV-SFV781L, WV-SPV781LJ
(E) ファームウェア Ver. 1.20 以降
WV-S1131, WV-S1112, WV-S1111(D), WV-S1110(V/VRJ), WV-S1130(V/VRJ), WV-S2131L, WV-S2111(L/LD). WV-S2110(J/RJ), WV-S2130(RJ), WV-S2531(LTN/LN), WV-S2511LN, WV-S1511(LNJ/LDN), WV-S1531(LTNJ/LNJ/LNSJ)
(F) ファームウェア Ver. 1.05 以降
WV-X6531(NJ/NS), WV-X6511NJ, WV-S6530(NS/NJ), WV-S6131, WV-S6111, WV-S6130, WV-S6110
(G) ファームウェア Ver. 1.00 以降
WV-S4550L, WV-S4150, WV-X4571L, WV-X4171
*1:(B)カメラのSD映像再生に関しては下記制約があります。
1) 再生中の逆スキップができません。
2) イベントサーチを行うことができません。
21 1台のカメラ及びWJ-SD202KのSD再生は複数のiOS端末から同時に利用できますか。 カメラ及びWJ-SD202KのSD再生は1台のみです。複数のiOS端末で利用した場合、エラーメッセージ「他のユーザーが操作中です。しばらくたってから実行してください。」が表示されます。
22 アプリケーションに登録可能なカメラ/レコーダーの最大数は? カメラは最大50台、レコーダーは最大50台まで登録できます。
設置環境について 23 どのようなネットワーク環境が必要ですか? Wi-Fi、公衆無線(3G/4G/LTE)環境が必要です。
ルーターにグローバルIPアドレスが付与されている必要があります。
レコーダーにはダイナミックDNSサービスを利用して、ドメイン名を取得することをおすすめします。
24 ダイナミックDNSサービスにはどのようなサービスがありますか。 弊社「みえますねっと」をご利用ください。
25 ローカルネットワークでの接続はできますか? 可能です。レコーダーを設置しているネットワーク上に無線LAN環境構築してください。本アプリケーションへのレコーダー登録時には、レコーダー設定画面で「レコーダーアドレス」への設定は、レコーダーに設定されているIPアドレスとポート番号を使用してください。
26 インターネット経由とローカルネットワークと両方からアクセスできますか? 本アプリケーションのレコーダー設定でインターネット経由とローカルネットワークの2つのレコーダー登録を行うことで可能です。本アプリケーションのレコーダー設定画面で、「レコーダーアドレス」の設定にダイナミックDNSアドレスとレコーダーIPアドレスそれぞれで2つのレコーダー登録を行ってください。WJ-SD202Kはインターネット経由ではアクセスできません。
接続できない場合 27 「接続できません。機器種別を確認してください。」と表示されます。どのようにすればよいですか? 本アプリケーションの機器登録設定画面で、接続しようとしている機器種別(レコーダー/カメラ/エンコーダー)が正しく選択されているか確認してください。
28 「接続できません。アドレスとポート番号を確認してください。」と表示されます。どのようにすればよいですか? 本アプリケーションの機器登録画面で、レコーダー/カメラ/エンコーダーのアドレスとポート番号が正しく設定されているかを確認してください。
29 「接続できません。ユーザー名とパスワードを確認してください。」と表示されます。どのようにすればよいですか? 本アプリケーションの機器登録画面で、ユーザーIDとパスワードがレコーダー/カメラ/エンコーダーに設定されているものと一致しているか確認してください。
30 「(登録した接続先)はアクセスできません。」と表示されます。どのようにすればよいですか? インターネット経由でご利用の場合は、本アプリケーションのレコーダー設定画面で、「レコーダーアドレス」の設定がダイナミックDNSで取得したアドレスとポート番号になっているか確認して下さい。ローカルネットワークでご利用の場合は、登録した機器のIPアドレスとポート番号が変更されていないか又は登録した機器がローカルネットワークに接続されているか確認してください。
31 録画データが再生できないのですが。 ・MJPEG,MPEG-4は再生できません。
・DG-NV200/WJ-ND400K/WJ-NV300/WJ-NV250/WJ-HD616K/WJ-HD716K/WJ-SD202Kの場合は録画圧縮方式がH.264になっているか確認してください。
・WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300の場合、録画圧縮方式H.264/H.265をサポートしていますが、本アプリケーションの「再生設定」→「再生モード」により再生できない場合があります。
- 通常再生/低負荷再生の場合は録画圧縮方式H.264の録画データのみ再生できます。(録画圧縮方式H.265の場合は再生できない旨のメッセージが表示されます。)
- モバイル再生(デフォルト設定)の場合は録画圧縮方式H.264/H.265の録画データを再生することができます。
・ご利用のレコーダーユーザーIDのユーザーレベル設定で、「サーチ・再生」がOFFになっていないか確認してください。OFFの場合、権限が無いため再生ができません。
32 カメラのSDカードに録画されている映像を再生できないのですが。 ・MJPEGの場合は再生できません。
・i-PRO smartHDシリーズネットワークカメラの場合
- 録画圧縮方式がH.264になっているか確認してください。
・i-PRO EXTEREMシリーズネットワークカメラの場合
- 録画圧縮方式がH.264/H.265になっているか確認してください。
・他のユーザーが同一カメラでSD再生をおこなっていないか確認してください。
・機器登録時のユーザーID/パスワードが管理者権限のユーザーID/パスワードを使用しているか確認してください。管理者権限のユーザーID/パスワードを使用していない場合再生を行うことができません。
・カメラのSDカード使用設定、SDカードライトプロテクト状態等を確認してください。SDカード使用設定が使用しない、SDカードライトプロテクトがONの場合は再生することができません。
33 ライブ映像が表示されません。 以下の場合が考えられます。
・カメラがネットワークから切り離されている。ネットワークに接続してください。
・カメラの電源がOFFになっている。カメラの電源をONにしてください。
・本アプリケーションの「カメラライブ設定」が「カメラ直接」になっている状態でインターネット経由からライブを行おうとしている。
インターネット経由でライブを行いたい場合は「カメラライブ設定」を「レコーダー経由」に変更してください。
「カメラ直接」はDG-NV200/WJ-NV250/WJ-NV300/WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300にて動作し、ローカルネットワークのみで使用できます。
・カメラのライブ設定のJPEG解像度にはフルHD(1920x1080)以下を設定してください。
・レコーダーのファームウェアが対応のバージョン以上か確認してください。
DG-NV200シリーズ(ファームウェアVer1.50以降)
WJ-NV300シリーズ (ファームウェアVer1.03以降)
WJ-NV250シリーズ(ファームウェアVer1.00以降)
WJ-ND400K (ファームウェアVer3.40以降)
WJ-HD616/HD716シリーズ (ファームウェアVer2.60以降)
WJ-SD202K*(ファームウェアVer1.05以降)*WJ-SD202Kはインターネット経由ではアクセスできません。
WJ-NX400K (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX200 (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX300 (ファームウェアVer. 2.00以降)
34 カメラ一覧で×が表示されてしまいます。 以下の場合が考えられます。
・カメラがネットワークから切り離されている。ネットワークに接続してください。
・カメラの電源がOFFになっている。カメラの電源をONにしてください。
・本アプリケーションの「カメラライブ設定」が「カメラ直接」になっている状態でインターネット経由からライブを行おうとしている。
インターネット経由でライブを行いたい場合は「カメラライブ設定」を「レコーダー経由」に変更してください。
「カメラ直接」はDG-NV200/WJ-NV250/WJ-NV300/WJ-NX400K/WJ-NX200/WJ-NX300にて動作し、ローカルネットワークのみで使用できます。
・レコーダーのファームウェアが対応のバージョン以上か確認してください。
DG-NV200シリーズ(ファームウェアVer1.50以降)
WJ-NV300シリーズ (ファームウェアVer1.03以降)
WJ-NV250シリーズ(ファームウェアVer1.00以降)
WJ-ND400K (ファームウェアVer3.40以降)
WJ-HD616/HD716シリーズ (ファームウェアVer2.60以降)
WJ-SD202K*(ファームウェアVer1.05以降)*WJ-SD202Kはインターネット経由ではアクセスできません。
WJ-NX400K (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX200 (ファームウェア Ver. 1.02以降)
WJ-NX300 (ファームウェア Ver. 2.00以降)

◎記載の機種については、在庫限定品および生産完了品のものが含まれております。