ソフトウェアの機能アップについて

カメラ BB-Sシリーズは、ファームウェア Ver.4.20より更に充実の新機能が搭載されました。(2014年10月)

ファームウェアVer.4.20 からの新機能について

内部メモリー録画機能

SDメモリーカード無しで、アラーム発生時、一時的にH.264動画録画を行える内部メモリー録画機能を追加しました。
SDメモリーカード非対応機種でもログリストや録画画像の再生が可能になりました。スマートフォンやタブレット端末からも再生できます。
またユーザーのアクセスレベルごとに、録画再生、録画削除の操作権限が設定可能です。

H.264動画の録音機能

SDメモリーカードや内部メモリーへのH.264動画録画で、音声の録音が可能になりました。*
SDメモリーカード単独録画機能にも録音機能が追加されました。**

* BB-SP104Wは、音声録音機能に対応していません。 BB-SW174WA、BB-SP104Wは、SDメモリーカードに対応していません。
** SDメモリーカード単独録画機能に対応しているのは、BB-SW175A、BB-SW172A、BB-ST165A、BB-ST162A のみです。

H.264動画録画のプレアラーム

アラーム検出時に、H.264動画録画のプレアラーム時間が変更できるようになりました。

H.264画像のFTP転送機能

FTPサーバーへ送信するアラーム画像として、H.264画像を送信できるようになりました。

メール機能の充実

画像定期送信 : 画像ファイルを定期的に指定のメールアドレス(4件まで)に送信可能となりました。(メール定期送信機能)
アラームログ送信 : アラームログの状況を、指定メールアドレスに通知できるようになりました。
メール送信先設定 : 検知したアラーム要因毎に通知先メールアドレスを指定できるようになりました。

かんたん設定の新機能対応

かんたん設定のイベント動作に関する設定で、「内部メモリー録画」「メール定期送信」の新機能に対応しました。

バックアップ/リストア機能

設定データのバックアップ、リストアが可能になりました。バックアップした設定データを他の同品番のカメラにコピーすることも可能になります。

  • ※ V4.20以前のバージョンの製品につきましては、ファームウェアをバージョンアップいただくことで新機能がご利用いただけます。
    ファームウェアのダウンロードは こちら から。
  • ※ 生産終了になりました旧モデル(BB-SC384、SW174W、SW175、SW172、ST165、ST162)につきましても、ファームウェアをバージョンアップいただくことで、A品番モデル同様の新機能をご利用いただけるようになりました。ただし、音声録音はご利用いただけません。
    A品番モデルの主な機能アップ内容については、こちら をご参照ください。