ここから本文です。


ネットワークカメラ

BB-HNP11 特長

ネットワークカメラ専用録画
プログラム
音声付き画像も録画・再生が可能
BB-HNP11

本体希望小売価格
(取付調整費別)
52,290円
(税抜 49,800円)

すでに本製品をご購入されている皆様は無償バージョンアップで 新しい機能を使用することができます。

ご確認事項

※ 本製品は、IPv4接続でのみお使いいただけます。

※ 本製品は、KX-HNP10からのバージョンアップには対応いたしておりません。

※ 本プログラムを使用するには、ライセンス登録を行う必要があります。ライセンス登録を行わないと機能が制限されます。

※ インストールには約20MBのディスク領域が必要です。

※ 同時録画できる台数はパソコンの性能により異なります。

※ KX-HCM180使用時、640×480ドットにて画像を記録すると、画面上で動くものに走査線ぶれが発生し、鮮明な画像が得られないことがあります。

対応機種

★ 本製品に対応しているのは、下記の当社製ネットワークカメラです。
(本製品は、ネットワークカメラのデジタルズーム機能は使用できません。)

音声付画像が録画できるカメラ:
BB-HCM715BB-HCM735BB-HCM705BB-HCM701BB-HCM100BB-HCM110BB-HCM311BB-HCM331BB-HCM381BB-HCM403BB-HCE481BB-HCM581(注)BB-HCM511(注)BB-HCM515(注)BB-HCM531(注)BB-HCM527(注)BB-HCM547(注)(以上有線タイプ)、BB-HCM371(無線タイプ)
(注)H.264、MPEG-4、640×480ドットを超える表示での録画には対応しておりません。

画像が録画できるカメラ:
KX-HCM1KX-HCM2KX-HCM130KX-HCM180BB-HCM310、 BB-HCM580(注)(以上有線タイプ)、KX-HCM170(無線タイプ)

ネットワークカメラサーバー:
BB-HCS301

プライバシー・肖像権について
ネットワークカメラの設置や利用につきましては、ご利用されるお客様の責任で被写体のプライバシー(マイクで拾われる音声に対するプライバシーを含む)、肖像権などを考慮のうえ、行ってください。

※「プライバシーは、私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利、もしくは自己に関する情報をコントロールする権利。また、肖像権は、みだりに他人から自らの容ぼう、姿態を撮影されたり、公開されない権利」と一般に言われています。

音声付き画像の録画・再生が可能

本プログラムは、当社従来品「KX-HNP10」の画像のみの録画に加え、音声付き画像の録画※1にも対応したものです。 これにより、画像に加え音声も一緒に保存することができるので、画像だけでは伝わらない臨場感までも記録することができます。 例えば、店舗・売り場の様子を音声付き画像として録画し、販売員の研修に活かしたりするなど、さまざまな用途に活用できます。 当社製ネットワークカメラが採用しているMotion JPEGという画像フォーマッは画像が鮮明なことに加えて、 連続した画像の中から特定の一枚を静止画として切り出せるといったメリットがあります。 当社は、これらのメリットがあるMotion JPEGを採用しながら、さらに画像と画像の合間に音声データを送る 独自の手順を開発し、 ネットワークカメラ「BB-HCM100/ HCM110/ BB-HCM311/ HCM331/ HCM371/ HCM381/HCE481」に取り入れました。 さらに、これらの音声付き画像データの保存と再生を実現する手段を新たに開発し、本プログラムに 取り入れたことにより、 ネットワークカメラ「BB-HCM100/ HCM110/ BB-HCM311/ HCM331/ HCM371/ HCM381/HCE481」の音声付き画像を、 パソコンで録画し、再生することを実現しました。

本プログラムは、複数台のネットワークカメラの画像を同時に録画することもできます。

  • 注1 BB-HCM100/HCM110/BB-HCM311/HCM331/HCM371/HCM381/HCE481はパソコンとの間で音声の双方向通信が可能ですが、 本プログラムはこれらの5機種からの音声付き画像のみを録画します。 また、音声付き画像の録画を行うとフレームレートが遅くなる場合があります。

インターネット経由での録画について
インターネット経由でBB-HCM100/ HCM110/ HCM311/ HCM331/ HCM371/ HCM381/ HCE481の音声付き画像を録画する場合に ネットワークの環境によっては、ウェブブラウザでのモニタリングに比べて音声が途切れることが多くなる場合があります。 これは、本プログラムが音声と画像がズレにくい方式を採用しているために起こる現象です。 音声の途切れは、ネットワークカメラの通信帯域制限を小さくする、また画像の解像度を小さくしたり、 画質を落としたりすることで改善される場合があります。

動作検知録画の機能を強化

本プログラムは、当社従来品「KX-HNP10」で好評だった、人などの動きがあった時だけ 録画する動作検知録画機能※2の機能を強化し、動作検知の前後の画像を録画できるように しました。さらに、動作の前後を録画する時間の設定もできるようにしており、動作検知の前後それぞれ 1秒から60秒まで画像を録画することができます。 このため、これまで以上に動作検知時の状況を詳しく確認することができます。

  • 注2 動作検知は、使用するカメラの解像度、画質の設定、被写体の状況、ネットワークの状態などにより検知レベルが異なります。

タイマー録画、検索の利便性を向上

指定した時刻に録画を開始・終了するタイマー録画機能や、録画画像の検索機能の利便性を 向上させました。タイマー録画設定の際、録画の開始と終了の時間や録画する曜日の設定に加えて、 キーワードを付加して設定しておくことができるようになりました。 これにより、録画画像の管理がキーワードでもできるようになります。

また、録画画像の検索をする際に、検索条件として、時間、録画種別(タイマー録画、動作検知録画など)のほかに、 キーワードでも検索することができるようにし、検索の利便性を向上させました。

アラーム録画機能

アラーム録画機能付きカメラに取り付けたセンサーの反応に連動して録画することが できます。アラーム1、アラーム2の検知録画を設定可能です。

その他の機能

  • プログラムの画面表示を自由にレイアウト可能
    操作画面のカメラ一覧やカメラ用操作バーの位置や大きさを変更したり操作画面から切り離して 表示させることができます。
  • カメラ一覧
    登録した各カメラの映像を一覧表示します。 また、表示されるカメラ映像のサイズを6段階で設定することができます。
  • 録画容量制限機能
    録画容量の最大値を設定して、録画容量を制限することができます。 また、設定した録画容量に達した時点で録画を停止するか、上書き録画するかを設定することができます。
  • SMPEG-1形式の動画データへのファイル変換
    録画した画像を、MPEG-1ファイルに変換することができます。 このため、他のパソコンでも録画した映像の再生が可能です。

    ※ 音声付き動画を、MPEG-1形式に変換した場合、画像のみの変換となります。

  • 自動バックアップ機能
    設定した時間に録画画像を別の領域にコピーし保存することができます。

    ※ 自動上書き機能はありません。

    ※ ハードディスクの空き容量が少なくなると、システムが不安定になる恐れがありますので、十分な空き容量(100MB以上)を設定してください。

以上が本文です。ここから関連メニューです。