ここから左メニューです すぐに本文を読む
ネットワークカメラ関連商品
ネットワークカメラ
カメラコントロール
ユニット関連
専用録画プログラム
イーサネット給電アダプター
ネットワークカメラサーバー
テレビモニタリングユニット
カメラカバー
生産終了品
BB-HCM515
BB-HCM403
BB-HCM381
BB-HCM331
BB-HCM311
BB-HCE481
BB-HCM310
KX-HCM180
KX-HCM170
KX-HCM130
KX-HCM2
KX-HGW500
BB-HGW501
BB-HGA100
KX-HNP10
サポート情報
みえますねっと関連情報
音声に関する参考情報
サイトマップ
最新ファームウェア、取扱説明書などのダウンロードページ
離れていても、見えるもの。 ~ネットワークカメラ~
人に、企業に、地球にやさしい IPオフィス
ここから本文です

ネットワークカメラ関連商品

KX-HGW500 製品情報

KX-HGW500 (生産終了品)
(カメラコントロールユニット)
  • カメラ自動登録機能(弊社ネットワークカメラに対応)
  • 約4万枚分の画像録画機能
  • カメラポータル機能搭載
  • ブロードバンド無線ルーター機能搭載
    ・無線アクセスポイント機能
    ・4種類のインターネット接続に対応
    ・ルータ及び無線のセキュリティー機能搭載
    ・10/100Mbps対応4ポートスイッチングハブ内蔵
KX-HGW500製品画像
本体希望小売価格 74,800円
(税別・取付調整費別)
特長欄タイトル
  • カメラ(※1)の設置が簡単な「カメラ自動登録機能」搭載
    本製品は、業界で初めて(※2)、複数台のネットワークカメラ(※1)の設置および利用に対して、ネットワーク関連の設定を自動的に行うカメラ自動登録機能を搭載しています。
    本機能は、有線タイプ、無線タイプの当社製ネットワークカメラ(※1)4機種に対応しています。
     
    このため、有線タイプの当社製ネットワークカメラ(※1)なら、ネットワークに接続して電源を入れるだけで、また、無線タイプの当社製ネットワークカメラ(※1)なら、電源を入れるだけで本製品とのネットワークの設定が完了するので、初心者の方でも簡単にカメラの設置を行うことができます。
     
    従来、複数台のネットワークカメラの画像をインターネット経由で見られるようにするには、カメラとルーターそれぞれにポートフォワーディング機能(※3)に対応した設定など、初心者はもちろん、専門のサービスマンでも大変面倒な設定が必要でした。また、従来は設定項目が多岐にわたることから設定ミスも発生しやすかったので、余計に大変な手間がかかっていました。
     
    これに対し、本製品は面倒な設定を自動的に行うので、設定時の手間やミスを回避でき、サービスマンはもちろんのこと、初心者でもカメラの導入や増設を簡単に行うことができます。
     
     
  • 約4万枚分の画像が録画できる(※4)
    本製品は、当社製ネットワークカメラ(※1)で撮影した約4万枚分の(※4)画像を、SDメモリーカード(※5)に録画することができる機能を搭載しています。
     
    これまでも、当社製ネットワークカメラは、内蔵のメモリーに約560枚分(※6)の画像を保存することができていましたが、本製品の録画機能により、録画枚数を大幅に増やすことができます。
     
    加えて、録画機能は、録画する曜日と時間帯の設定や録画の間隔を指定することができるため便利です。例えば、撮影間隔を1分おきに設定した場合、約28日分の画像を録画でき、時系列変化を確認することができます。
     
    また、SDメモリーカードに録画した画像のバックアップは、SDメモリーカードを交換するだけで手軽に行うことができます。さらに、SDメモリーカードは、容量やコストに合わせて16MBから512MBまでの6種類から選べます。
     
     
  • カメラポータル機能で簡単モニタリング
    本製品は、最大16台までのカメラの名前と静止画像をモニタリング画面上に一覧表示することができるカメラポータル機能を搭載しています。
     
    当社製ネットワークカメラ(※1)は、4台までのカメラの名前と画像をモニタリング画面上に一覧表示することができる「マルチカメラ」(※7)に対応しています。これに対し、事前の設定が不要で、また、一覧表示できるカメラの台数も4台より増やしてほしいという要望が多くありました。
     
    これらの要望に対応して、最大16台までのカメラの画像をモニタリング画面上に一覧表示するほか、一覧表示するための設定も自動的に行うようにしました。
     
    このため、カメラの管理が同一画面上で行えるので利用の利便性が格段に向上するほか、設定も自動的に行うので設定時間を軽減することができます。
     
    また、本機能は、イントラネット経由でもインターネット経由でも利用でき、特定のカメラの画像を見たい場合には、一覧表示の中の見たいカメラの名前をクリックするだけで、リアルタイムの画像を簡単にモニタリングすることができます。
     
     
  • 充実したブロードバンド無線ルーター機能
    本製品は、カメラ自動登録機能や録画機能などに加え、ブロードバンド無線ルーターとしても下記の充実した機能を搭載しています。このため、これからブロードバンドのインターネットを導入する場合にも、ルーターを別途購入する必要がありません。
     
    1. 無線アクセスポイント機能
      本製品は、IEEE 802.11b方式の無線アクセスポイント機能を搭載しています。このため、当社製無線タイプのネットワークカメラ(※1)と組み合わせて利用することで、これまでネットワークケーブルの配線が困難なため設置できなかった場所にも簡単にカメラを設置できます。
    2. 4種類のインターネット接続方法に対応
      本製品は、「PPPoE接続(端末型)(※8)」、「PPPoE接続(LAN型)(※9)」、「DHCP接続(※10)」、「Static接続(※11)」の4種類のインターネット接続方法に対応しています。このため、CATVやADSLでインターネットに接続する際の選択肢の幅が広がります。
    3. セキュリティー機能
      本製品は、「IPパケットフィルタリング(※12)」、「IPマスカレード(※13)」などによるルーターのセキュリティー機能に加えて、「WEP 40(64)/128bit(※14)」、「SSID(※15)」、「無線端末限定機能(※16)」などによる無線のセキュリティー機能を搭載しています。これにより、他人が無断でアクセスして、不正に侵入することを難しくし、プライバシー保護やセキュリティーの向上が図れます。
    4. 10/100Mbps対応4ポートスイッチングハブ内蔵
      本製品は、10Base-T/100Base-TX対応の4ポートスイッチングハブを内蔵しています。 また、ストレートケーブルとクロスケーブルの区別も自動検知するので、便利です。

ページトップへ戻る
※1  本製品のネットワーク自動設定に対応しているのは、下記の当社製ネットワークカメラです。
    有線タイプ:KX-HCM1/KX-HCM2/KX-HCM130/KX-HCM180/BB-HCM310
      無線タイプ:KX-HCM170
※2  インターネット経由でモニタリングするための複数台のネットワークカメラおよびルーターの設定を自動的に
    行うものとして初めて。 (ただし、インターネット側の設定はプロバイダーに応じて別途行う必要があります。)
※3  ポート番号を指定することにより、インターネット側からルーターを越えてLAN内の(複数台の)ネットワーク
    機器へアクセスすることができる機能。
※4  カメラ1台を選んで録画できます。解像度320x240ドット、画質は標準で512MBのSDメモリーカード使用時。
    SDメモリーカードは別売です。
※5  SDメモリーカードは別売です。
※6  KX-HCM130、KX-HCM170、KX-HCM180での保存枚数。
    KX-HCM1、KX-HCM2では約80枚。BB-HCM310では約500枚。解像度320x240ドット、画質は標準のとき。
※7  あらかじめ1台のカメラに他のカメラのアドレスを登録することにより、利用できます。
※8  主に、ADSLサービスにおいて必要な接続方法です。1つのIPアドレスを使用してインターネットへ接続します。
※9  主に、ADSLサービスにおいて必要な接続方法です。複数のIPアドレスを使用してインターネットへ接続します。
※10 プロバイダーのDHCPサーバーからIPアドレスを自動的に割り当ててもらう接続方法です。
※11 固定のIPアドレスを使用する接続方法です。
※12 送られてきたIPパケットを通過させるかどうかを設定することができる機能です。
※13 1つのIPアドレスを複数のパソコンで共有して、インターネットに接続するための機能です。
※14 無線ネットワーク内で通信するデータを暗号化する標準の方式です。40(64)bit方式と128bit方式があります。
※15 無線ネットワークでつけるネットワークの名前です。同じSSIDを持つ機器同士のみ通信ができます。
※16 ネットワークに接続できるネットワーク機器をMACアドレスにより制限することができる機能です。
    ネットワーク機器は、それぞれ固有のMACアドレスを持っています。
仕様欄タイトル
各部名称説明図
ページトップへ戻る
【仕様詳細】
カメラコントロール
カメラ自動登録機能 最大16台のカメラのIPアドレス、ポート番号、
カメラポータル機能を自動設定
カメラポータル機能 同一ブラウザ画面上で、同時に最大16台の
カメラ画像(静止画)を表示
録画機能
記録メディア SDメモリーカード(512MB、256MB、128MB、64MB、32MB、16MB)
録画解像度 640x480ドット、320×240ドット、160×120ドット
録画画質 画質優先、標準、動き優先
録画モード ノーマル録画、タイマー録画(曜日、時間帯、録画間隔を設定可能)
録画間隔 動画方式:最大5枚/秒、静止画方式:1枚/秒~1枚/分
録画枚数 約40000枚解像度320×240ドット、
画質は標準で512MBのSDメモリーカード使用時
録画時間 約130分(5枚/秒で録画時)~約670時間(1枚/分で録画時)
解像度320×240ドット、画質は標準で512MBのSDメモリーカード使用時
録画/再生画面
同時アクセス数
1ユーザー
ルーター機能
接続方法 PPPoE接続(端末型)/PPPoE接続(LAN型)/DHCP接続/Static接続
PPP認証 自動認識
PPPoE接続/切断 手動接続/自動接続(通信開始時)/常時接続/不使用時の切断
PPPoE
セッションキープアライブ
あり
RIP あり(RIPv1)
DHCPサーバー あり(128設定)
DNSリレー(DNS代理応答) あり
アクセス制御 ID、Password
DDNSクライアント あり(「みえますねっとサービス」(※17)対応)
IPパケットフィルタリング あり(64設定)
アドレス変換方式 IPマスカレード、静的IPマスカレード(ポートフォワーディング)、
静的NAT
WANインターフェース
ポート数 1ポート
物理インターフェース IEEE802.3(10Base-T)
通信速度 10Mbps
LANインターフェース
ポート数 4ポート
物理インターフェース IEEE802.3(10Base-T)、IEEE802.3u(100Base-TX)
通信速度 10/100Mbps(自動設定)
MDI/MDI-X 自動検知
無線インターフェース
アンテナ ダイバーシティ
チャンネル数 14CH
セキュリティー WEP 40(64)/128bit、SSID、
無線端末限定機能(MACアドレス登録方式)
通信速度 11/5.5/2/1Mbps(IEEE802.11b準拠)
最大通信距離(※18) 屋内:見通し120m、屋外:見通し600m
全般
使用環境 温度:5℃~40℃、 湿度:45%~85%(結露しないこと)
外形寸法 約260(W)×150 (D)×42 (H) mm (アンテナ等の突起部除く)
質量(重量) 約515g
電源 専用ACアダプター(付属、AC100V 50/60Hz、DC12V)
消費電力 最大 約8W
【対応機器】
パソコン OS Microsoft® Windows® 95、Windows® 98、Windows NT® 4.0、
Windows® 2000 Professional、Windows® Me、Windows® XP
ブラウザ Internet Explorer 5.0以降(日本語版)、
Netscape Navigator Ver. 4.7以降(日本語版)(※19)
ネットワークカメラ 当社製ネットワークカメラ
KX-HCM1/KX-HCM2/KX-HCM130/KX-HCM170/KX-HCM180/
BB-HCM310

  ※17 当社製ネットワークカメラ及びカメラコントロールユニットに対して名前(ドメイン名)を付与するサービス。
      参照WebサイトURL:http://www.miemasu.net/
※18 ネットワークカメラKX-HCM170との通信時の距離。
    無線通信距離及び速度は、設置環境や障害物の有無に影響されます。
※19 Netscape Navigator のバージョン6.Xは、ネットワークカメラが動作しません。

  • Windows®の正式名称はMicrosoft® Windows®Operating Systemです。
  • Microsoft®、Windows®、Windows NT®は、米国マイクロソフト社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • 記載されている会社名、商品名は各会社の商標または登録商標です。
  • 製品改良などに伴い、仕様、外観、及び規格は予告なく変更される場合があります。

以上が本文です 本文を読み返す メニューへ戻る