PoEカメラ電源ユニット WJ-PU104/WJ-PU108/WJ-PU116

PoE/PoE+カメラへ電源を供給

主な特長

i-PROシリーズ専用カメラ電源ユニット

スタンドアローン使用に特化したノンインテリタイプのi-PROシリーズのネットワークカメラ/ネットワークディスクレコーダー専用のPoEカメラ電源ユニットです。当社製ネットワークディスクレコーダーと並べて設置したときに統一感のあるソリッドメタリック塗装仕上げです。

WJ-PU104に接続される機器のIPアドレス設定に関するご注意

PoE/PoE+給電機能

すべてのポートが PoE / PoE Plus(PoE+) 規格に対応(IEEE802.3at準拠)。当社製屋外対応PTZカメラの接続・給電が可能です。※1
背面にPoE/PoE+給電機能を持つカメラポートをWJ-PU104は4ポート、WJ-PU108は8ポート、WJ-PU116は16ポート搭載。

ご注意:PoE/PoE+ によるカメラへの給電量は、(カメラが)クラス1機器:4 W、クラス2機器:7 W、クラス0機器:15.4 W、クラス4機器:30 W として計算してください。

ポートを背面に設置

カメラポート、レコーダーポートは背面に配置。配線作業がしやすく、ラックにもすっきり収納できます。

2 レコーダーポート

背面にレコーダーやパソコンを接続できるレコーダーポートを2 ポート搭載。パソコン(以下PC) を接続し、保守メンテナンスに使用できるほか、複数のPoEカメラ電源ユニットをカスケード接続することができます。※2

レコーダーポートは背面に搭載

リセットスイッチを前面に配置

前面のリセットスイッチにより、ワンタッチで給電中の全カメラをリスタート※3できます。再起動時に電源ケーブルの抜き差しが不要です。

脱落防止クランプ

運用中に意図せずに電源コードが本機から抜けることを防止できる電源コード脱落防止クランプを標準装備。

脱落防止クランプ

過電流/短絡保護

カメラポートに過電流及び短絡保護回路を搭載しています。



※1 接続可能なカメラやレコーダーは、パナソニックのサポートウェブサイト(https://sol.panasonic.biz/security/support/info.html)を参照してください。

※2 カスケード接続については、パナソニックのサポートウェブサイト
https://sol.panasonic.biz/security/support/info.html)を参照してください。

※3 AC アダプターを接続したカメラはリスタートしない場合があります。
リスタートしないカメラやレコーダーの映像も途切れることがあります。
詳細はパナソニックのサポートウェブサイト(https://sol.panasonic.biz/security/support/info.html)を参照してください。

ページトップへ戻る