パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > i-PROカメラアプリケーション プラットフォーム

i-PROカメラアプリケーション プラットフォーム

i-PRO

i-PROカメラアプリケーション
プラットフォーム

i-PROネットワークカメラは5つのコアテクノロジー、高画質・高圧縮・データセキュリティ・高信頼・データ解析を追求し、必要な情報を得るアクティブ・センシングと、情報を統合・解析しすぐに活用できるアクティブ・アナリティクスを兼ね備えています。

人工知能(AI)、IoT時代を見据えた先進技術、ディープラーニングによる解析技術やセキュア技術などを取り入れ、さらなるお役立ちを目指しています。

オープンプラットフォーム

i-PRO カメラアプリケーション プラットフォームは、i-PROネットワークカメラにアプリケーションパートナーが開発した独自のアプリケーションをインストールすることができるプログラムです。

アプリケーションパートナーはオープンな環境でアプリケーションを開発・販売することができます。

アプリケーションパートナーに対して

  • SDK、サンプルプログラム等の提供
  • 技術的問い合わせ
  • お客様に弊社サイトにてアプリケーションを紹介

を行い、開発、販売を継続的に支援します

詳しくはアプリケーションパートナー開発ページをご覧ください。


お客様に対して

  • パートナーが販売しているアプリケーションの紹介   *ページは準備中の為、今しばらくお待ちください。
  • パートナーからアプリケーションの販売、及びサポート

を提供します。


*1 PIPS:パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社
*2 開発支援はPIPSが担当

メリット

お客様のご要望に応じて、アプリケーションパートナーが開発したアプリケーションをi-PROネットワークカメラに追加できます。

ディープラーニングを始めとしたAIの活用はスマートフォンの音声認識、製造現場、在庫管理、自動運転など多岐にわたり、セキュリティ業界においても多くの課題を解決することが可能になってきています。

i-PROカメラとアプリケーションを組み合わせたソリューション

専用のAIプロセッサーを搭載したi-PROネットワークカメラが捉えた映像は、AI処理によって高精度な検知、識別、判定を行うことが可能です。従来のネットワークカメラでは難しかった映像の分析・解析などの高負荷のAI処理をカメラ内で実行する「エッジ処理」によってシステムとサーバー側の負荷が削減でき、効率のよいシステム構築と運用が実現します。

ディープラーニングの登場でこれまで扱えなかった大量のデータを収集・解析をすることができます。結果を外部機器と連携させることで、さまざまな分野、市場に適したアプリケーションを追加できます。

※ アプリケーションによってカメラが使用するハードウェア資源は異なります。
  このため、1台のカメラで動作可能なアプリケーション数は最大3つです。

i-PROカメラ アプリケーション開発にあたって

アプリケーションパートナーの皆様へ

パートナーの皆様にはソフトウェア開発キット(SDK)を無償で提供します。

アプリケーションを利用するには

アプリケーションパートナー様から直接ご購入ください。

使用にあたってのご注意

  • アプリケーションをご利用にあたっては免責事項(PDF: 270KB)をご確認ください。
  • 事前に動作をご確認の上、ご購入されることをお勧めします。
  • 追加するアプリケーションによっては、別途アプリ解除ライセンス(WV-XLE001W)が必要になります。アプリケーション一覧にあるアプリ動作条件をご確認ください。
  • ※ アプリケーション一覧は8月公開予定です。しばらくお待ちください。

お問い合わせ先

会社名、担当者名、担当者連絡先をメールに記入し、下記メールアドレスにお問い合わせください。
i-PROカメラアプリケーション プラットフォームご相談メールアドレス
E-Mail: i-pro.app.platform@gg.jp.panasonic.com

ページトップへ戻る

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > i-PROカメラアプリケーション プラットフォーム