ネットワークマイク WV-SMR10/WV-SMR10N3

薄型・コンパクトな全方位ネットワークマイクロホン。ネットワークマイクWV-SMR10/WV-SMR10N3

※ 掲載商品の価格には消費税は含まれていません。
※ iFデザイン賞はヨーロッパ(ドイツ)のインターナショナルフォーラムデザインが主催する工業デザイン賞です。

主な特長

360°全方位の音声を監視

複数のマイクロホンを搭載し、1台で360°全方位から目的方向の音を選択して聞くことができます。

  • ※ 録音時には全方位カメラも組み合わせる必要があります

カメラ画像で聞きたい方向を指定

当社製の全方位カメラの画像を見ながら、クリックした方向の音声を聞くことができます。

  • ※ 撮像モードが魚眼、パノラマの場合に使用できます。4画PTZ、1画PTZの場合はライブ画面を表示したときの中心の音が聞こえます。

本機の中心に全方位カメラを組み込んで使用する場合、カメラの画像の種類により、カメラ画像で指定できるマイクの指向性方向は次のようになります。※1

  パノラマ 4画PTZ 1画PTZ 魚眼
画像で自由に
方向を指定する
× ×
画像の中心に
固定する※2
× ×

  • ※1 全方位カメラのダブルパノラマ、4ストリームモードには対応していません。
  • ※2 表示・選択している画像の中心方向の音が聞こえます。全方位カメラのパン、チルト操作で撮像方向を移動すると、中心方向の音が聞こえなくなります。その場合、ブラウザーを更新してください。
  • ※ 「パノラマ、4画PTZ、1画PTZ、魚眼」の各画面モードで使用できるようにするほか、カメラの画像とマイクの指定位置を一致させるなどのため、対応する全方位カメラのファームウェア(Ver. 1.55以上)をインストールしてください。
    https://sol.panasonic.biz/security/support/info.html

全方位カメラと一体化して設置可能

全方位カメラと一体化して、1か所にスッキリと設置することができます。

ネットワークレコーダーと連動

当社製のネットワークレコーダーに音声を記録して、全方位カメラの録画映像を再生しながら集音方向を指定することができます。

  • ※ 対応レコーダー・ファームウェア(2017年10月現在):
    WJ-NX400K Ver.2.00以降(2018年1月予定)、WJ-NX300シリーズ Ver.1.00以降、WJ-NX200シリーズ Ver.1.11以降、WJ-NV300/WJ-NV250シリーズ Ver.1.10以降、 WJ-ND400K/DG-ND400(K) Ver.4.30以降
  • ◎対応機種 : WV-SFN480、WV-SF438、WV-SFV481、WV-SW458

カタログPDF

ページトップへ戻る