監視カメラ WV-S1111D

スーパーダイナミック方式 アナログ出力対応 HD ネットワークカメラ WV-S1111D

※オープン価格の商品は本体希望小売価格を定めていません。

  • * : i-VMD[Type4]侵入検知/滞留検知/方向検知/ラインクロス検知/物体検知/妨害検知/顔検出(本機能はWV-SAE200Wのみに含まれます)

主な特長

監視用モニター(CVBS・NTSC入力)の常時接続に対応

ネットワーク経由でのPCによる監視に比較して、遅延の少ない※1映像監視が可能です。(カメラの操作、設定はネットワークで接続したPCから行います)

※1 同軸ケーブルで接続した場合。

  • 監視用モニター(CVBS・NTSC入力)の常時接続に対応。画角調整時以外にも活用可能。
  • 同軸ケーブル(5C-2V、5C-FB)使用時、映像信号が実用可能であることを確認済み。
  • i-PRO EXTREMEカメラとして高画質・高性能を実現。さらにアナログ出力でも色再現性、感度などが当社アナログカメラ同等品より向上。

【アナログ出力時の制限事項】

  • カメラの操作や設定はネットワークで接続したPCから行います。一部の設定変更を行うと一定時間黒画となることがあります。
  • 同軸ケーブルを経由しての操作、設定、電源供給には対応していません。カメラ駆動ユニットには接続しないでください。
  • 弊社製レコーダー等に対する同軸ケーブルを経由してのVMDアラーム通知には対応していません。
  • 多重VD同期(VD2)には対応していません。スイッチャー等に接続した場合、切り替え時に映像が乱れる場合があります。

パナソニック独自の顔スマートコーディング技術※2を搭載したH.265エンジンを使用し、低ビットレート高画質ストリームを実現

従来のH.264圧縮方式に加えてH.265圧縮方式での動作を可能にし、顔スマートコーディング技術と組み合わせて、弊社従来モデルに比べ、データ量を削減できます。

※2 被写体の「顔」と動体位置をカメラが学習し、「顔」部分のみを高精細データで送信することで大幅に帯域削減する技術。

「顔」部分のみを高解像度エリアに、その他の部分を低解像度エリア、中解像度エリアに分割

H.264に対してH.265はデータを25%削減できます。H.265と顔スマートコーディング技術の組見合わせで最大50%削減できます。

パナソニック独自のインテリジェントオート(iA)機能により視認が厳しい環境での識別性を向上

インテリジェントオート機能スーパーダイナミック機能の改善とシャッタースピード最適化で、移動する人の識別性を向上します。

オートバックフォーカス機能(ABF)を搭載

Auto Back Focus本機の操作ボタンまたは設定メニューで、カメラ内のMOSセンサーを最適ポジションに移動させることによって、自動的にバックフォーカスを調節できます。

SDメモリーカード※3スロットを搭載

アラーム発生時やスケジュール設定、ウェブブラウザー画面からの手動操作で、SDメモリーカードにH.265/H.264動画またはJPEG画像を保存できます。また、カメラ自身のFTP定期送信エラー時に、JPEG画像を保存したり、ネットワークディスクレコーダーとの通信異常時にJPEG、H.265/H.264(MP4ファイル)を保存します。(ダウンロード可能)

詳しくはhttps://sol.panasonic.biz/security/media/media.pdfをご参照ください。

※3 SDXC/SDHC/SDメモリーカードをSDメモリーカードと表記しています。

暗号通信、改ざん検知機能を搭載することでセキュア性を向上

  • データやSDカード※3を持ち去られても漏洩をブロック(データの暗号化・改ざん検知)
    カメラからの映像を暗号化・電子署名に対応。
  • 覗き見をシャットアウト(通信の暗号化)
    認証機関発行の証明書を使用したSSL通信を実現。

また、i-PRO EXTREMEシリーズ ネットワークディスクレコーダーへセキュア拡張キット(別売)を登録することで監視システムにおいて、高いレベルのセキュア技術でセキュリティの脅威から機器や映像データを守ることができます。

セキュア拡張キットについて詳しくは、こちらをご参照ください。

ページトップへ戻る