パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > 「i-PRO EXTREME」 > AIネットワークカメラ WV-X2232LJ / WV-X2533LNJ / WV-X1534LNJ

AIネットワークカメラ WV-X2232LJ / WV-X2533LNJ / WV-X1534LNJ

主な特長

システムの負荷分散を実現するAIプロセッサーを搭載

ネットワークカメラ本体にAIプロセッサーを搭載しました。
さまざまなアプリケーションを追加することで、カメラが捉えた映像を自ら解析し、解析結果など必要となる情報を映像と合わせて上位システムに受け渡すことが可能です。
人が介在することなく、AIが自動識別、判定を行い、高い精度での認識結果を通知し、大幅な省力化を可能にします。カメラ側で複雑な処理を行う「エッジ処理」という考え方で、上位のシステムやサーバー側の負荷を軽減し、効率的なシステムの構築や運用を実現します。

AI処理により、これまで以上に高精度な検知、識別、判定を実行し、画質が向上

カメラの周辺状況をAI処理により解析し、最も適した設定を自動選択することにより、露光やシャッタースピードを最適化する従来のインテリジェント(iA)機能にもさらに磨きがかかり、監視防犯業務にいっそう適した映像が捉えられます。

ネットワークカメラ1台に最大3つのアプリケーションを追加可能
サードパーティによるアプリケーション開発も可能で、ネットワークカメラの可能性が拡大

ネットワークカメラ3機種に搭載しているAIプロセッサーは最大3つのアプリケーションを追加できる構造です。
ネットワークカメラ本体に搭載されたAIプロセッサーを活用して、さまざまな分野、市場に適したアプリケーションを追加することで、お客様のニーズにお応えします。

AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200W)

  • AI機能による「侵入検知」「滞留検知」「方向検知」「ラインクロス」機能を付加。
  • 従来に比べ設定にかかる工数を削減し、誤報数を低減。

AIプライバシーガードアプリケーション(WV-XAE201W)

カメラに映った人の顔や姿全体に“モザイク”処理を行い、プライバシーや肖像権を保護。

サードパーティ向けにソフトウェア開発キット(i-PRO Camera SDK)の提供も開始します。
AIプロセッサーを搭載したネットワークカメラの機能を最大限に引き出し、お客様のさまざまなご要望にお応えするアプリケーションの開発をサードパーティで行うことができるオープンプラットフォームに対応します。さまざまな分野、市場にノウハウを持ったサードパーティと連携が可能になることで、ネットワークカメラの活用範囲が最大限に拡がります。

IK10(IEC 62262)適合の高い耐衝撃性を実現

屋外設置で要求される衝撃に強い本体を実現しています。

※IK10 : 国際電気標準会議(IEC)で規定されている、耐衝撃性に関する規格で衝撃のランクを示します。

アドバンスド親水コート採用 WV-X2533LNJ WV-X1534LNJ

透明なカバー部分の表面に特殊なコーティングを採用し、水滴が付着しにくくしています。従来の親水コーティングと比較し、膜強度が向上したためハンドリング性やメンテナンス性が格段に向上しました。

※アドバンスド親水コートは水(雨水)のみに効果があり、その他の物質(例えば油など)やドームカバー、フロントパネルへの傷に対して効果はありません。

機能拡張ソフトウェア 2020年7月発売予定
(AI動体検知アプリケーション)WV-XAE200W (AIプライバシーガードアプリケーション) WV-XAE201W(AIプロセッサー解除ライセンス)WV-XLE001W 各オープン価格

AI動体検知アプリケーション WV-XAE200W

人・車・二輪を識別可能な画像解析処理をカメラ内で実現した「AI動体検知アプリケーション」

ディープラーニング技術と当社独自の画像処理技術により、

  • ①木の揺れ、ヘッドライト、影、小動物といった従来カメラの誤報要因を最大1/10に低減
    → 警備業務のオペレーション負荷低減にお役立ちします。
  • ②人・車・二輪の識別が可能
    → 必要な検知対象物に限定した業務オペレーションが可能となり活用の幅が広がります。
  • ③侵入、滞留、方向、ラインクロスといったさまざまな検知パターンに対応
    → 現場環境に合わせた業務運用が可能となります。

侵入検知


人が特定エリア内に侵入


二輪・車が禁止エリアに侵入


人が夜間建物内に侵入

滞留検知


車が禁止エリアに停車

方向検知


二輪・車が逆走

ラインクロス検知


人が禁止ラインを通過

AIプライバシーガードアプリケーション WV-XAE201W

カメラ内で検知した人・顔に対してモザイク処理を実現した「AIプライバシーガードアプリケーション」

ディープラーニング技術と当社独自の画像処理技術により、

  • ①人物や顔を高精度に検知
    →カメラ内で人物または顔部分にモザイク処理を行うことで、プライバシーに配慮した運用が可能
  • ②プライバシーガード映像(モザイク処理)と通常映像(非モザイク処理)を同時配信
    →当社製ネットワークディスクレコーダーや映像監視ソフトウェアで、管理権限に応じた映像確認ができるため万一の事件・事故発生時には証拠映像としても確認できます。

製造ライン

店舗内

i-PRO Camera SDK [Software Development Kit]

AIネットワークカメラ上で動作する機能拡張アプリケーションの開発が可能なSDKを準備

AIネットワークカメラでは、カメラ上で動作する機能拡張アプリケーションを開発・搭載可能なオープンアーキテクチャ構造を実現しています。
お客様のニーズに合わせたアプリケーション開発を行い、後から追加でダウンロード・運用することが可能です。
SDKを用いて開発したアプリケーションをAIネットワークカメラ上で動作させる場合、WV-XLE001W(AIプロセッサー解除ライセンス)が必要になることがあります。
i-PRO Camera SDKの提供には当社との秘密保持契約の締結が必要となります。

オープンアーキテクチャのイメージ

※当社が製品化している機能拡張ソフトウェアの場合、AIプロセッサーを使っているアプリケーションでもAIプロセッサー解除ライセンス(WV-XLE001W)は必要としません。

※写真は機能説明のためのイメージです。

カタログPDF

ページトップへ戻る

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > 「i-PRO EXTREME」 > AIネットワークカメラ WV-X2232LJ / WV-X2533LNJ / WV-X1534LNJ