監視・防犯システム

監視カメラ WV-CP304 


  • WV-CP304 概要
WV-CP304
特長 SRプロセッサ モーションディテクター 効率的な本体サイズ

※ 掲載商品の価格には消費税は含まれていません。

主な特長

SRプロセッサ(Superiority and Reality image processor)搭載

SR プロセッサ搭載により、カラーモード0.08 lx(F1.4)、白黒モード0.05 lx(F1.4)、水平解像度650 TV 本(typ.)を実現。高解像度と共に色再現性を高めたカラー監視カメラです。
※SRプロセッサ:Superiority and Reality image processorの略。
    SRプロセッサはパナソニック独自に開発したDSPであり、高感度と高解像度を実現。

DSP SRプロセッサ

モーションディテクター機能が効率的な監視業務をサポート

監視中、モニター画面内に動きが生じた場合、アラーム信号を送出することができます。この機能により、夜間の不審者の侵入に反応して映像を録画する効率的なシステムを構築することができます。
※モーションディテクター機能は、盗難、火災などを防止するための専用装置ではありません。万一発生した事故または損害に対する責任は一切、負いかねます。

モーションディテクター機能

屋内監視の幅広いシーンに対応する効率的なサイズの本体設計

必要機能を凝縮させたボディが、限られたスペースにおける柔軟な設置を実現。屋内監視で利用しやすく、効率的な撮影環境を構築します。
※表記のサイズにレンズおよび接続端子は含まれていません。

効率的なサイズ

カタログPDF

  • WV-CP304概要