監視・防犯システム

監視カメラ WV-CF344 


  • WV-CF344 概要
WV-CF344
特長 SRプロセッサ モーションディテクター コンパクトデザイン 仰角ドーム

※ 掲載商品の価格には消費税は含まれていません。

主な特長

SRプロセッサ(Superiority and Reality image processor)搭載

SR プロセッサ搭載により、スモークドーム仕上げながら、カラーモード0.2 lx(F1.3)、白黒モード0.12 lx(F1.3)、水平解像度650 TV 本(typ.)を実現。高解像度と共に色再現性を高めたドーム型監視カメラです。
※SRプロセッサ:Superiority and Reality image processorの略。
    SRプロセッサはパナソニック独自に開発したDSPであり、高感度と高解像度を実現。

新開発 SRプロセッサ

モーションディテクター機能が効率的な監視業務をサポート

監視中、モニター画面内に動きが生じた場合、アラーム信号を送出することができます。この機能により、夜間の不審者の侵入に反応して映像を録画する効率的なシステムを構築することができます。
※モーションディテクター機能は、盗難、火災などを防止するための専用装置ではありません。万一発生した事故または損害に対する責任は一切、負いかねます。

モーションディテクター

幅広い設置シーンに対応するコンパクトデザイン

直径108 mm のコンパクトな筐体にスモークドームを採用。天井・壁設置にも、カメラ本体を目立たせずレンズの向きをも意識させない仕上により、幅広い設置シーンに対応することが可能です。
※表記のサイズに突起物は含まれていません。

コンパクトデザイン

3.6倍広角バリフォーカルレンズと仰角ドーム※の採用

3.6 倍の広角バリフォーカルレンズ採用で様々なシーンでの監視に対応できます。また、仰角ドームの採用により、垂直(TILT)方向±90°の可変角度を実現。垂直視野角が向上することで、壁や天井設置における自由度が広がり、最適なカメラアングルを可能とします。
※仰角ドーム(特許登録済)

新開発 仰角ドーム

カタログPDF

  • WV-CF344概要