監視・防犯システム

監視カメラ WV-CF314L 


  • WV-CF314L 概要
WV-CF314L
特長 SRプロセッサ コンパクトデザイン 赤外LEDを搭載 赤外LED光量自動制御

※ 掲載商品の価格には消費税は含まれていません。

主な特長

SRプロセッサ搭載(Superiority and Reality image processor)

SRプロセッサ搭載により、カラーモード0.08 lx(F1.3)、白黒モード0 lx(赤外LED点灯時)、水平解像度650 TV本(typ.) を実現。高解像度と色再現性を高めた上に、照度ゼロ環境にも対応したドーム型監視カメラです。
※SRプロセッサはパナソニック独自に開発したDSPであり、高感度と高解像度を実現。

新開発 SRプロセッサ

幅広い設置シーンに対応するコンパクトなデザイン

赤外LEDを搭載した、直径123 mmのコンパクトな筐体を実現。天井・壁設置などカメラ本体を目立たせずに、幅広い設置シーンに対応することが可能です。
※表記のサイズに突起物は含まれていません。

幅広い設置シーンに対応するコンパクトなデザイン

赤外LEDを搭載、day&night機能により夜間でも鮮明な撮影が可能(赤外線照射距離は20 m)

カラー/白黒自動切換え(day & night)機能により、低照度時は、自動的に白黒モードに切り換えることができ、夜間の撮影も鮮明です。
またレンズの周りに対象方向を照らすための赤外 LEDを搭載。照度0ルクスの環境下における撮影が可能です。

赤外LEDを搭載、day&night機能により夜間でも鮮明な撮影が可能

赤外線照明(IR LED)搭載

赤外LED光量自動制御モードにより、ハレーションや白飛びを防止

アルゴリズムにより、被写体の距離に応じて赤外LEDの照射光量を自動制御。近距離の被写体を撮影する時に映像が明るくなりすぎることを防ぎ、ハレーションや白飛びを防止します。

カタログPDF

  • WV-CF314L概要