ティップス|Tips
働き世代の慢性疲労とコリ負債 調査

大人の知的好奇心を満たす〝エスピースタイル〟
できる大人はコミュニケーションもスマート。自己演出や生活のさまざまな事柄をテーマにした知的好奇心を満たすtips をソリューションPRESS 編集部が厳選してお届けします。

ニオイによって不快感を与えてしまう「スメルハラスメント=スメハラ」という言葉も広まり、自分のニオイを気にする人が増えています。暑い夏には汗の量が増えるため、エチケットとしての対策が求められます。

男のニオイの元とは

この時期、まず気になるのは汗のニオイ。しかし汗そのものは、実はほぼ無臭だということをご存知ですか。皮膚にいる雑菌(皮膚常在菌)が、汗や皮脂などを分解・酸化することでニオイを発しているのです。汗を分泌する汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、ワキの下などに多く分布するアポクリン腺の方が、ニオイのもととなるタンパク質や脂質を多く含んでいます。またマンダム社の「男のにおい総研」によると、ニオイの種類や発生部位は年代によっても変化するそう。30代半ばまでの若い年代は、主にワキから発生する「汗臭」がメインですが、30代半ばからは後頭部からの「ミドル脂臭」がメインに。そして50代半ば以降は、胸や背中から発生する「加齢臭」がメインとなっていくのです。そのほかにも、食べ物やタバコ・コーヒーなどの嗜好品による口臭、疲労やストレス、ダイエットなど、ニオイの原因は多岐にわたります。

年代によるニオイの変化
年代によって発するニオイの種類と強さが違います。働き盛りでもある30代半ば〜50代半ばの時期は、3つのニオイが混在するため要注意!※クリックで拡大

※図表は、株式会社マンダム「男のにおい総研」webサイトより

最新のニオイ対策

一番身近なニオイ対策といえば、身体用の制汗剤でしょう。最近では、ロールオンやスティックなどの「直塗り」タイプが主流に。肌に密着するため、高い防臭効果と持続力が期待でき、大手各社が相次いで発売しています。メンズ用のデオドラント商品はこのところ急拡大していて、ドラッグストアでは棚一面に様々な種類のものが並んでいることも。部屋用の消臭剤や布用の消臭スプレー、柔軟剤などでも、男性のニオイに特化した商品が続々と登場しています。さらに最近注目の製品では、脱臭ハンガーやクローゼット型クリーニング機、ニオイを測定できるチェッカーも。このように、様々なニオイ対策グッズが巷にあふれていますが、基本は身体を清潔にすることが大前提。デオドラントソープなどでニオイのもとを断ち、衣服も蓄積臭に気を付けてきちんとケアしましょう。なお、香水や柔軟剤でニオイを“マスキング”するのはNGです。強すぎる香りは健康被害を引き起こすこともあり、良かれと思った香りがスメハラとなりうるので、十分ご注意を。

自分のニオイに気を配る「スメルマネジメント」は欧米では常識といわれています。仕事が出来ても、クサかったら台無し!ニオイ対策を万全にして、デキるビジネスパーソンを目指しましょう。

直塗りタイプのデオドラント商品例
ガツンと効きそうな黒や清潔感のあるシルバーが多数。気軽でかっこいいイメージが主流ですが、40代以降が対象の商品にはオシャレさがあり、天然成分訴求の商品はソフトなイメージといった個性も。※クリックで拡大

※図表は(株)日本カラーデザイン研究所「言語イメージスケール」による分析