ティップス|Tips
男が魅力的に見えるとき #001 調査 調査

大人の知的好奇心を満たす〝エスピースタイル〟
できる大人はコミュニケーションもスマート。自己演出や生活の様々な事柄をテーマにした知的好奇心を満たすtips をソリューションPRESS 編集部が厳選してお届けします。

魅力的に思う男性のふるまい

日々なにげなくするふるまいの中で、その人をかっこいいな、魅力的だなと感じさせるものがあります。「自分はこうありたいと思う魅力的なふるまい」についての35 種類の選択肢から、男性に聞いたデータ(複数回答)によると、1 位「人を選ばず礼儀正しい」、2 位「さりげなく気遣う」、3 位「トラブルに動じない」でした。選択肢には「センスがいいものを選ぶ」「優しい言葉をかける」「すがすがしい挨拶をする」などというものもありましたが、それらは上位にはあがってきませんでした。上位になったものは全体的に、きちんとして信頼感のおける大人のイメージといえます。

魅力的に思う男性のふるまい
礼儀正しく気遣いのできる男性とは、まさに紳士!? ※クリックで拡大

年代別魅力的ふるまい

では、年代別に見ていくとどうでしょうか。「人を選ばず礼儀正しい」というのは、学生から60 代までどの年代でも上位にあがっています。それも特に学生と60 代は重視しています。一部、年代ごとに違いの見られるふるまいもありました。学生は真面目で慎重なふるまいを評価し、関心が主に自分自身にあるようですが、上の年代になると「さりげなく気遣う」など他者との関係に範囲が広がる印象です。さらに、30 代以降になると「トラブルに動じない」が上位3 位に入り出し、厳しさを増す環境の中での落ち着きが評価されます。60 代になると、若い年代にはあがらない「肩肘張らず自然体」が浮上。豊富な人生経験の結果の境地でしょうか。 以上は、男性が自分について考えてみた結果です。後日、女性が男性を見て、男性がこうすると魅力的、というデータをご紹介する予定です。さて、男女で違いは見られるでしょうか。お楽しみに。

年代別魅力的ふるまいTOP3
20代の3位に「決断が早い」が入っているのは、迷いや戸惑いのたえない新社会人だからこそ、あこがれる男性像なのかも。 ※クリックで拡大

※データは(株)日本カラーデザイン研究所による2015 年12 月調査のもの。全体男性440 人、各年代80 人(学生のみ40 人)