コラム | COLUMN

「伝わらなければ意味がない」。ビジネスにおいて、伝えることの大切さとその具体的なテクニックを教える実践的コラム。プレゼンテーションや、会議、企画書作成の現場で明日から使えるノウハウ満載です。


無敵のビジネス・プレゼンテーション力~第1回

『本当の価値が伝わるプレゼンテーションとは?』

Text by 藤村正宏(Masahiro Fujimura)

2013-01-01

伝わらなければ存在しない


というテーマです。
ビジネスにおいて、伝えるという行為の、具体的なテクニックや方法を展開する実践的コラム。
プレゼンテーションや、会議、企画書作成の現場で明日から使えるノウハウ満載です。
これから連載を通して、さまざまな角度から見ていきたいと思っています。

景気がよくなってきた、といっても安心してはいけません。
いくら景気が良くても、

売れる商品と売れない商品。
繁盛する会社と繁盛しない会社。
成功する人と成功しない人。

そういう差が出てきます。
ますますそういう格差が顕著になっていくでしょう。
そのちがいはどこから出てくるのか?
それが

「プレゼンテーション力」

のちがいなんですよ。

だってあなたがどんなに素晴らしい商品を扱っていても
プレゼンテーション力が弱くて
本来の価値の半分しか伝えられなかったら
お客さまにとっては、あなたの商品は半分しかないってことなんです。
半分でも価値を伝えられたら、まだいいほうかもしれません。
ちゃんと価値を伝えられなかったら、お客さまにとっては、あなたの商品は存在しないことだってあるのです。

伝わっています?

プレゼンテーション力とは


プレゼンテーション力というのは、内容以外の部分です。
プレゼンテーションする内容は、ひとそれぞれで違うし、ボクがどうこうできるものではありません。
それ以外の能力がプレゼンテーション力です。
内容の他に3つの力が必要なんですね。
プレゼンテーション力というのは3つの力のバランスなんです。

1:シナリオ能力
2:身体的能力
3:個の発信力

こういう要素があることを認識することが重要なんです。
まずこれを認識して、区別して、それぞれについて考えてみるってことです。

「シナリオ能力」
プレゼンテーションの構成、組み立て、シナリオ、演出。 配布資料、プレゼンテーションツールなどなど。

「身体的能力」
プレゼンテーションする人の声の質や大きさ、発声・滑舌。 動きや態度。 服装・メイク・髪型などなど。
「個の発信力」
人間性、ポリシー、情熱、エネルギーなど。

この3つの力のバランスがいいと、プレゼンテーション力が高まるんです。
もしあなたが、プレゼンテーションが苦手だと思っていたら、自分のプレゼンテーションは、この3つのうちのどこがダメなのかを考えてみましょう。
そして、それを意識して工夫したり、それを意図してみましょう。
まずはそれがスタートです。

本当の価値が伝わるプレゼンテーション。
それが実現できたら、あなたのビジネス、あなたの人生に大きく貢献するはずです。