サウンド サポート サポート
スピーカー
  1. 天井・壁設置型
    • 8cm 天井埋込みスピーカー WS-TN830/WS-TN835
    • 16 cm天井埋込みスピーカー TN630/TN635 /TN640/TN645 /TN650/TN655
    • 12 cm防滴露出形天井 TS130/135
    • 天井埋込みスピーカー 6W WS-TN10/WS-TN11/WS-TN12
    • 12 cm露出形天井 WS-4430A/WS-4435A
    • 3 W 防滴スピーカー天井埋込みタイプ WS-5801
    • 12 cmシステム天井スピーカー WS-6810A
    • 16 cm壁掛スピーカー WS-2015A/WS-2030A/WS-2035A/WS-2050A/WS-2055A
    • 12 cm壁掛スピーカー WS-2115A/WS-2135A/WS-2130A
    • 壁埋込みスピーカー WS-5500A/WS-5505A
    • 12 cm×2 壁掛スピーカー WS-2260A
    • ボリュームコントローラー WZ-VCシリーズ
    • ボリュームコントローラー用中継端子 WZ-VC11
  2. 屋外対応型
    • 屋外対応型スピーカーシステム WS-BW120
    • 防雨形楕円パターン指向性スピーカー WS-5820
  3. トランペット型/クリアホーン
    • 5 Wトランペットスピーカー WT-HS105
    • 10 Wトランペットスピーカー WT-HS110
    • 15 Wトランペットスピーカー WT-HS115
    • 30 Wトランペットスピーカー WT-HS130
    • 6 W/15 W/30 Wクリアホーン WT-7006/WT-7015/WT-7030
    • 取付金具A/B Q01/Q02
  4. パワードスピーカー
    • 10 Wパワードスピーカー 66A
WS-TP10/-TP11/-TP12/-TP13/-TP1

12 cm天井埋込みスピーカー用パネル

WS-TP10/TP11/TP12/TP13/TP14

WS-TP10 1,900円(税抜)
WS-TP11 2,300円(税抜)
WS-TP12 3,500円(税抜)
WS-TP13 2,100円(税抜)
WS-TP14 4,400円(税抜)

定格

12 cm天井埋込みスピーカー用パネルです。

定格

品番 WS-TP10 WS-TP11 WS-TP12 WS-TP13 WS-TP14
ネット材質 ABS樹脂 布ジャージ アルミパンチング アルミエキスパンド アルミパンチング
フレーム材質 樹脂枠 樹脂枠 樹脂枠 樹脂枠 アルミ枠
仕上げ ネット ABS 樹脂一体型(インテグレーテッドホワイト(マンセル10Y9/1近似色)) ジャージネット(インテグレーテッドホワイト近似色)

アルミパンチングネット(インテグレーテッドホワイト)
アルミエキスパンドネット(インテグレーテッドホワイト) アルミパンチングネット(生地色 梨地)
ABS 樹脂(インテグレーテッドホワイト(マンセル10Y9/1近似色)) ABS 樹脂(インテグレーテッドホワイト(マンセル10Y9/1近似色)) ABS 樹脂(インテグレーテッドホワイト(マンセル10Y9/1近似色)) アルミ金属枠(生地色 梨地)
寸法 φ180 mm×7.5 mm(露出部高)9.5 mm(全高) φ180 mm×8 mm(露出部高)10 mm(全高) φ180 mm×7.5 mm(露出部高)9.5 mm(全高) φ180 mm×7.5 mm(露出部高)9.5 mm(全高) φ180 mm×7.5 mm(露出部高)7.5 mm(全高)
質量 約60 g 約70 g 約75 g 約70 g 約80 g

日本消防検定協会認定評価の組み合わせパネル(全て共通)

スピーカー本体 スピーカーパネル インピーダンス W 数 第2シグナル音圧レベル ※1 スピーカー種別 ※2 型式番号
WS-TN10
WS-TN11
WS-TN12
WS-TP10
WS-TP11
WS-TP12
WS-TP13
WS-TP14
1.67 kΩ 6 107 dB L 級 認評放第15〜18号
3.3 kΩ 3 104 dB
10 kΩ 1 101 dB

※1 : この表示は、「非常放送設備委員会認定規約の測定法」によるものです。

※2 : 種別とは、消防法で規定された音声警報「第2シグナル」を音源として、無響室にて得られる音圧(ピーク値)により次のように定められています。
S級:84 dB(A)以上87 dB(A)未満、M級:87 dB(A)以上92 dB未満、L 級:92 dB以上。

●上記以外のスピーカーとスピーカーパネルの組み合わせでは認定評価を受けていないため、非常用放送設備としての使用はできません。