コネクティッドソリューションズ社の
「画像技術」

“パッシブ“から“アクティブ“へ。変化するセキュリティシステム

画像:変化するセキュリティシステムのイメージ

IoTであらゆるモノがインターネットでつながるこの時代、既存のシステムでは追いつかないほどビジネスは複雑化、高スピード化している。それはセキュリティ(監視)システムも例外ではない。従来のセキュリティシステムは、屋内外に監視カメラを設置し、その映像を目視したり、あるいはレコーダーに記録したりすることで、防犯や事件・事故があった際の検証に役立てていた。こうした“パッシブ(受身的)”な活用が、長らくセキュリティシステムのベースであった。

しかし、現在は監視カメラが映し出す映像をもとに、不審者や要注意人物が現れると瞬時にそれを検知してリアルタイムでアラートを発信するなど、従来の監視機能の枠を超えた、より“アクティブ”な活用が求められている。こうしたニーズを実現するには、ハードに追加するソフトや、ハードとサーバーの連携などをワンストップで行う「統合管理」が必須となる。

トータルソリューションが、現場の「統合管理」を支える

「従来持っている監視システムを生かしながら、さらなる警備強化、そしてマーケティングや生産性向上にもつなげていきたいという声が、さまざまな現場から上がっています」

こう語るのは、パナソニックでセキュリティシステムの企画を担当している篠崎浩介氏だ。

コネクティッドソリューションズ社
セキュリティシステム事業部
市場開発部
業界ソリューション企画課
篠崎浩介氏

時代の流れに則して追加すべき機能。それをできる限りコストを抑え、現状システムにアドオン(追加)したい、というのが現場の本音だ。

例えば、現在セキュリティシステムで注目される新たな機能として「顔認証」が挙げられる。証明書等の写真と本人の顔を照合するなどの1:1の認証、また不特定多数から、目的の人物を特定するなどの1:Nの照合がある。前者はセキュリティゲートなど、後者は多くの人が集まる公共の場やショッピングモールなど、さまざまな活用が考えられている。

画像:ショッピングモール

しかし、現在導入している監視システムとの連携を考慮せず、“顔認証システムだけ”を新たに導入した場合、現場では「監視」の他に「顔認証」という二重のオペレーションが必要となる。
例えば、事前登録した不審人物を「顔認証」で自動検知した場合、即座に対象カメラの映像を確認するのが一般的な運用だ。しかし「顔認証」と「監視」が別々のシステムだと、「顔認証」で検知された時間・対象カメラを、別の映像監視システムで改めて選択・入力し、映像を再生する必要がある。時間のロスと手間が発生するのだ。

「統合管理は、こうした時間のロスや手間を防ぐだけでなく、高い機能をより有効に活用することを可能にします」と篠崎氏は語る。

緊急事態にも即応、直感的でリアルタイムなセキュリティを実現

画像:リアルタイムなセキュリティ

ではどのような活用が可能なのだろうか。

「統合管理の大きなメリットの1つは、直感的かつ視覚的に操作できるユーザビリティの向上です」と語るのは、システムの開発にあたっている河本耕治氏だ。

コネクティッドソリューションズ社
セキュリティシステム事業部
技術センターソフトウェア技術部
河本 耕治氏

ディープラーニングを用いた「顔認証」機能を持つ、最新セキュリティカメラで実現する統合管理では、複数のカメラに映り込んだ特定の人物を瞬時に検出し、タイムラインに沿ってモニター上に表示。さらに、その人物がいまどこにいるのかをマッピングすることができる。

「例えば、小売店にとって警戒すべき万引きの常習犯が再来店したとします。管理者は警備モニター上に示される人物の位置を警備に伝えることで素早い対応が可能です。また、PTZカメラ(※レンズを左右上下に動かせるほか、ズーム機能を搭載した監視カメラ)などを設置している場合は、カメラを瞬時に該当人物がいる方向に向けることができます」(河本氏)

マークしていなかった不審人物を発見した場合も、レコーダーに録画した映像から即座にその人の顔を切り出して登録し、今後の対策にそなえられるという。監視システムと顔認証システムが連携した統合管理だからこそ実現できることだ。

現場の“全体最適”が考慮されたソリューション

ワンストップのソリューションは、全体最適が考慮されていることもメリットの一つだ。例えば、カメラからサーバーに送る画像のデータ量。高精度認証に必要な画像は大きな容量を持つが、そのまま送ればネットワークやサーバーの負荷が増大するので、環境構築や運用面でのコストの影響も大きい。

そこでパナソニックの最新技術は、大量にある映像の中から認証に適した顔の部分だけをカメラが自動選択して切り出す、「ベストショット機能」をセキュリティカメラに搭載している。さまざまな角度から対象物を撮る監視カメラの映像の中には、顔が横を向いていたり、うつむいていたりと、顔認証に適さない画像もある。それらの中から、正面だったり目をちゃんと開けていたりといった認証に適した顔画像だけをサーバーへと送る画像技術だ。

また、顔認証サーバーは、正面ではない顔、サングラス・マスク、経年変化等、同一との判別が難しい顔でも照合できる精度の高さも併せ持つ。*マスクは2018年中のバージョンアップで対応予定

「セキュリティカメラでとらえた画像は、その設置場所ゆえ顔が斜めだったり、マスクや帽子で顔が隠れていたりします。そうした画像でも顔認証が行えるよう、ディープラーニング機能を強化する際も、徹底的に『現場』を想定して精度を上げてきました」(河本氏)

統合管理で全体最適を叶えるソリューションが生み出される背景には、あくまで現場に寄り添ったものづくりの姿勢がある。

トータルソリューションに息づく「共創精神」

進化を続けるセキュリティシステム。篠崎氏は、今後のビジョンを次のように力説する。
「セキュリティカメラが人間の目を超え、公共の安全や生産性の向上などのさまざまな気づきをお客様に“アクティブ”に還元できるよう、ソリューションの価値をより高めていきたい。だからこそお客様の声の集約を大切にし、次の商品開発に生かしていきます」。

篠崎・河本の両氏は、お客様のもとをたびたび訪ね、商品のバージョンアップを行うための貴重な意見を吸い上げているという。こうしたお客様との『共創』精神、そしてカメラ・レコーダー・ソフトウェア・サーバーなど、これまでさまざまな製品を開発してきたパナソニックが持つ多彩な技術こそが、本当に現場が求める統合管理を可能にしているのだろう。

ライタープロフィール

中野渡淳一(フリーライター):1965年、東京都生まれ。さまざまなB2B事例の取材の他、旅やカルチャーなど幅広い分野で、Web・紙媒体問わず執筆活動を行なっている。