業界ソリューション

製 造

Manufacturing

概要

モノづくりの現場を進化させる「アドバンスド 工場見える化システム」

生産現場のさまざまな情報を可視化することにより、M2M データのリアルタイム活用を実現し、稼働率・生産性の向上を強力に支援します。

  • IoT、ビックデータを活用した第4世代のモノづくり変革により、スマートファクトリー(現場のヒト、モノ、コトがネットワーク化によりつながる工場)取り組みが世界的に加速しています。生産現場では、IoT、IoS、IoPアプリケーション/データ管理が重要な要素を占め、一貫したシステムによって無駄なくハイクオリティなモノづくりが求めれるようになっています。

    パナソニックでは、自社工場で実践しているムリ・ムダ・ムラがなく、リズムを持った最速・最安なモノづくりを実践するために必要な工場見える化システムや分析ツール、標準化ツールを備えています。お客様自らの手で改善のサイクルをまわすことができる環境を構築することができます。

    材料の受け入れから入庫、源泉工程、組立て、加工工程を経て、完成、検査、梱包出荷までの生産プロセスを一元管理し、データと映像ですべてを見える化します。原材料や設備の稼働状態、人、手法・手順といった現場のあらゆるデータが、データベースにタイムリーに集約されるので、工程ごとの生産進捗情報が見える化され、また、原材料や品質データとの紐付けによるトレーサビリティーを実現することができます。

    • システムの概念図

サービス・ソリューション

  • 生産実績管理・在庫管理システム


    急な計画変更や複雑な条件にも柔軟かつ迅速に対応

    生産スケジューラ機能により、急な計画変更が発生した場合でも簡単・迅速な対応が可能となります。複雑な計画条件下でも、安定した段取りミニマム化を実現し、リードタイムを短縮。また、入出庫管理とピッキング作業の効率化には、無線ハンディターミナルが役立ちます。上位基幹システムであるERPとも連携した材料の払い出し等の管理を行うことができ、工場の一元管理を実現します。

    生産計画・在庫管理
  • 映像・情報配信システム


    現場の“いま”を瞬時に映してトラブルに対応

    生産の進捗や設備の異常等の情報を配信管理することで、今現場で起きていることを瞬時に映し出し、迅速な異常通知、課題解決に貢献します。また、生産設備や製造管理システムからのアラーム信号を受けてカメラやレコーダーを制御することで、トラブルの原因を発見できます。さらに、蓄積したデータを利用した作業分析や、作業の習熟、ミス防止を支援する作業ナビゲーションを備えています。

    データ収集・トレーサビリティシステム


    不良品発生の防止、追跡で発生原因を特定

    生産設備のPLC I/O データの他、PC や外部機器からのデータを自動収集し、必要な情報をグラフィカルに表示。現場にいながら品質チェックができるため、不良品の発生を未然に防ぐことが可能となり、ロスコストの削減に貢献します。完成品での不良発生時に部品/ 材料へのトレースによる原因の絞り込みが可能な他、部品/ 材料の不良発覚時の完成品特定も可能です。

関連商材(サービス・ソリューション)

製造ソリューション導入事例