1. ご利用電話機台数で
    探す
    • 収容台数1~16台
    • 収容台数1~32台
    • 収容台数1~288台
  2. ビジネスの課題で探す
    • 業務効率化
    • 働き方改革
    • 集客力アップ
    • 安心・安全
  3. 業種で探す
    • オフィス向け
    • コールセンター向け  (〜50席)
    • ホテル向け
    • 病院/介護施設向け
  4. 連携できる便利な機能
    • 連携できる便利な機能
  5. ・商品ラインアップ
    ・機能
    • システムラインアップ
    • デジタル多機能電話機  機能
  6. ・商品仕様
    ・システム構成
    • IP OFFICE Lll
    • IP OFFICE Mll
    • IP OFFICE Sll
    • ボイス マネジメント システム VMS
    • コールセンターシステム
  7. お客様へのお知らせ

主な仕様

オペレータスキルレベル 1~9※1
オペレータ不応答転送 初期値:20秒
IVR PB選択階層 1階層(IVR Generator-S:簡易版の場合)※2
IVR転送可能宛先 ACDグループ/外線/内線/DGL・MSA
同時会議通話数 4(クライアントPC連携モデルのみ)
通話録音方式 発信無操作自動録音/着信無操作自動録音
同時通話録音件数 50
最大録音件数 30万件
同時通話モニタ数 5/システム(1通話を通話モニタ可能な人数は1人)
録音時間 1 GBあたり約30時間(圧縮機能を使うことで1 GBあたり約60時間)
  • ※1 所属するACDグループ毎にスキルを設定可。
  • ※2 2階層以上の場合は、IVR Generator:標準版で対応可。
  • ●サーバOS/SQLとしてのCALは、コールセンター機能を使用するユーザの最大数分が別途必要です。
  • ●サーバOS/SQLとしてのCALの対象デバイスとして、コールセンター用IP多機能電話機およびクライアントPCのCALが別途必要です。

その他の便利な機能

■ ACD(着信分配機能)

着信分配方式は、システムで選択します。

  • ●待時間考慮
  • ●待時間考慮+スキルレベル考慮
  • ●一斉呼び出し
  • ●ラウンドロビン(ログイン順でラウンドロビン)

■ 通話モニタ機能

管理者が受付者の電話応対状態を、通話モニタすることができます。

  • 1. IP多機能電話機による通話モニタ
  • 2. PCによる通話モニタ

■ スケジュール機能

予め設定された時間、曜日に従ってグループ毎に「電話着信」「時間外の旨のメッセージ送出」を切り替え、規則正しい運用を実現します。管理者用画面(Webブラウザ)により、スケジュールの作成・変更も簡易に実現可能です。

■ 障害対策機能

サーバダウンなどの障害発生時には、オペレータの電話機をIP OFFICE本体のIP多機能電話機として収容し、コールセンター宛の電話運用に対応することができます。

■ 管理者設定機能

オペレータの設定(追加/削除など)は、Webブラウザにより管理者が簡単に行うことができます。

  • 1. Webブラウザベースなので、管理者のクライアントPCから特別なソフトなしに簡単にオペレータの追加/削除などが可能です。
  • 2. サーバをセキュリティで確保されたサーバ室に置いた場合も、クライアントPCから行えます。
  • 3. オペレータだけでなくACDグループやコールセンターのシナリオ/スケジュールなどもすべてWebブラウザから設定できます。

お電話でのお問い合わせ

パナソニックシステムお客様ご相談センター

tel 0120-878-410
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日は受付のみ)

メールでのお問い合わせ

mail お問い合わせフォームはこちらから