業界ソリューション

エネルギー

Energy

概要

各種センシング技術により、保全点検業務の高度化を支援

無線通信網とGIS(Geographic Information System)を活用したスマートメンテサポートで、広範なエリア、膨大な保全対象を効率よくカバーします。

  • エネルギー業界では、労働力不足や設備維持コストが懸念される中、今後増大する施設・設備の保全点検業務を効率的・効果的に行うことが重要な課題となります。人が判断することが困難な設備の点検や災害現場の復旧作業を支援し、設備維持コストの削減、点検作業の効率化を迅速かつ的確に実現するための取り組みが加速化しています。

    こうした課題を解決するために、パナソニックではエネルギー業界向けにさまざまな技術を活用した機器・システムを提供してきました。今後はこれまでの培ったノウハウを活かしたソリューションを提供します。

    「センシング技術」をはじめとする設備劣化の診断システム、「業務端末」による従業員のIT化・コミュニケーション支援、「ネットワーク」を活用した情報インフラシステム構築、さらに蓄積したデータを解析する「予兆管理/劣化予測」型のソリューションを推進し、コストを抑え保全点検業務の効率性向上をサポートします。今後も、保全点検業務の高度化実現に向け、取り組みを強化していきます。

    • 技術開発中のさまざまなセンシング技術を活用して設備の劣化を診断します

ソリューション

  • フィールド作業支援ソリューション


    設備の状態を自動で映像記録・保存して解析

    業務用カーナビゲーションの位置情報・車載カメラの映像情報を画像解析技術と組み合わせることにより、フィールド作業を支援するシステムを構築します。巡回点検作業の際に位置情報と車載カメラの画像を基に、画像解析技術を活用し自動で設備の映像保存・特定を行い、設備状態の確認や災害時の復旧活動を支援します。設備の確実な維持や現場作業の効率化を実現します。

  • 防爆エリア作業支援ソリュ―ション


    無線システムと防爆対応機器で安全を確保

    防爆対応のタブレットとカメラを活用したシステムで、防爆エリアでの点検・保守作業をサポートします。防爆対応(第二類危険箇所)堅牢タブレットは、1台でPC・携帯電話・バーコードリーダーになり、点検作業のペーパレース化や、映像・音声による事務所との設備状況の情報交換を実現します。また、防爆カメラで設備の映像を各拠点にリアルタイム配信することで、安全・安心・確実な作業を支援します。

  • 点検ネットワークソリューション


    施設・設備の立地環境に最適なネットワークを提供

    ネットワークシステムは、立地環境を考慮し最適なシステムを構築し、円滑なネットワーク環境を実現します。
    無線ネットワークはクラウドや機器・センサーと融合することで、IoT/M2Mプラットフォームを支援します。また、目的、業務毎にネットワークを仮想的に分離することにより、運用の柔軟性と効率を向上します。点検ネットワーク構築により情報の統合管理、効率化を実現します。

関連商材(サービス・ソリューション)