防犯対策/学校支援

通学路防犯システム - 防犯対策

通学路の見守り、校区内の防犯強化を
ネットワーク監視システムが支援します。

ネットワークSDカードレコーダー(WJ-SD202K)はコンパクト設計で、電柱や、従来は設置が困難だった街頭のさまざまな場所で手軽に設置できます。通学路や校区内の安全・安心を高画質で見守る監視システムがリーズナブルに導入可能です。

監視が必要な場所に
レコーダーごと設置可能

事故が多発する交差点や人通りの少ない路地などにカメラ2台とネットワークSDカードレコーダーを設置可能。カメラの電源工事不要/
コンパクトサイズなど設置柔軟性が向上しています。

高画質映像を約2週間録画可能

当社製カメラ1台(解像度:HD、5枚/秒、24時間、音声無し)を64 GBのSDメモリーカード2枚に約2週間記録できるので、事故後多少時間が経過しても、録画データは保持されます。高画質で証拠性の高い録画が可能です。

SDカード記録で証拠データ取り出しも容易

カメラとレコーダーが分離しており、カメラが高所にあってもレコーダーからのSDメモリーカード取出しはスムーズ。無線LANでのダウンロードなどより時間が大幅に短縮できます。パスワード設定で画像の流出にも対策できます。

毎日のこんな授業で活躍しています

学区内まるごと安心見守りを実現

登下校の家から学校までの児童や生徒の安全/安心を街ぐるみで見守るシステムが構築できます。めんどうなネットワーク接続が不要なので、気になる場所にスピーディな設置が可能です。

活用例

通学路の監視システム

人通りの少ない道、目の届きにくい道、
事故の多い交差点などを重点的に監視できます。

児童や生徒が巻き込まれる犯罪が各地で発生し、監視カメラ設置の助成を行う自治体も増えています。ネットワークSDカードレコーダーシステムなら、カメラ2台を監視重点ポイントに設置し、2週間分の録画が可能※3です。また、カメラの画角の中でマスクするエリアを設定する機能をカメラに搭載して搭載しているので、住民のプライバシーにも配慮できます。

※3:カメラ1台(解像度:HD、5枚/秒、24時間、音声なし)を64GBのSDメモリーカード2枚に記録した場合。

この商品の詳しい説明を見る

教育機関向けICTシステムについて 最新活用事例集や資料請求、各種お問い合わせはこちら

お問い合わせページへ