大学向けICTシステム
  1. 講義室AV
    • 講義室トータルAVソリューション
    • 液晶ディスプレイ
    • レーザー光源DLP方式プロジェクター
    • 1.9GHz帯ワイヤレスマイクシステム
    • マルチフォーマットマトリクススイッチャー XS-83P
    • 多視点3D解剖教育システム MeAV Anatomie 3D
    • OSCE(オスキー)対応ライブモニタ・録画システム
  2. 図書館・ラーニング・コモンズ
    • 電子黒板機能付きプロジェクター
    • レッツノート/タフパッド/タフブック
    • 業務用Wi-Fi基地局「WINDIO」シリーズ
    • グループ学修支援システム「Acolla」
  3. 講義収録・配信
    • 遠隔講義システム 「HDコム」
    • 講義収録・配信システム
  4. 語学学習
    • 多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」
    • 多言語音声翻訳サービス「対面ホンヤク」
    • マルチメディア授業支援システム「 L³StageEZV2」
  5. 教材制作アーカイブ
    • 広角4Kリモートカメラ
    • 遅延再生システム
    • デジタル入力レコーダーT4000
  6. 学校支援/校務支援
    • ドキュメントスキャナー
    • ネットワークブートPCシステム
    • デジタルサイネージソリューション「AcroSign」
    • デジタルサウンドソリューション
    • 監視カメラシステム
    • 校務効率化 教育機関向けICTシステム CACHATTO®  まるで社内®
グループ学修支援システム「Acolla」

グループ学修支援システム
「Acolla」

課題解決型学習におけるアイデアの創発や、
議論の活性化を促進。

「Acolla」は学生(生徒)主導型のアクティブ・ラーニングを支援し、グループディスカッションによるコミュニケーション能力の向上やプレゼンテーション能力の向上だけではなく、議論の活性化やアイディアの創発を促す教育ICTシステムです。 大学、高校、専門学校等でのゼミやグループ学修・会議・研修等で、出席者がより主体的に取り組むための環境を支援します。

Acolla紹介動画

Acollaの活用でこんなメリット

①.保管・保存が簡単
紙運用では困難な成果物の保管、保存が簡単です。
②.容易にグループワークを継続
電子データを呼び出すだけで、グループワークを簡単に再開できます。

③.手書きだけじゃない!
写真、画像、Webなど様々な情報で議論を活性化し、アイディアの創発を促します。
④.BYOD対応
手持ちのタブレット、スマートフォン等をそのまま使用できます。

1.より深いアクティブ・ラーニングを支援

ICTの活用により、講義や研修の出席者が主体性を持って探求・発表・交流でき、学びの深化を支援します。

2.グループディスカッションをより効率的に!

「付箋(カード)作成」や「グループ連携」機能に加え、感想・評価機能も搭載。 グループディスカッションやプレゼンテーションを効率的に進行できます。

3.自由度の高いシステム構成

サーバーレスのシステムで、参加者のノートPCやタブレット、スマートフォンなどをそのまま使って学修できるマルチOS機能を備えています。電子黒板やプロジェクター等、運用に合った機器を選択できます。

基本コンセプト
運用例1: 課題提示

運用例2: グループ討議
運用例3:プレゼンテーション

運用例4:講義外での利用
システム構成例