パナソニックの新デジタルサイネージソリューション

「AcroSign」は、4K対応の配信はもとより、インバウンド向けの観光情報やLアラート※1の災害情報など、業界ごとの基幹システムと連携した多種多様なコンテンツをご提案し、お客様のニーズ・運用スタイルに合わせて最適なサービスをご提供します。
※1パナソニック システムネットワークス株式会社は、Lアラート(公共情報コモンズ)の一般事業者および一般情報伝達者に登録されています。

導入事例

特徴

パナソニックだからできる!さまざまなシステムとの連携が可能

従来の静止画や動画だけでなく、業界ごとのシステム(防災情報、交通情報、観光情報など)と連携することが可能です。さらに、ご要望に応じたオリジナルコンテンツの制作から配信運用まで一括してサービスを提供します。

パナソニックだからできる!さまざまな用途に応える幅広いラインアップのディスプレイ

設置する場所やニーズに合わせて、タテ型・ヨコ型や4K、さらには屋内・屋外設置対応、タッチスクリーン・マルチスクリーン対応といった幅広いラインナップをご用意できるのもパナソニックならではです。

なぜ、デジタルサイネージにはパナソニックのディスプレイを選ぶべきなのでしょうか?

パナソニックだからできる!お客様のニーズ、運用スタイルに合わせた最適な配信システムを提供

お客様のニーズ、運用スタイルに合わせ、ネットワークが不要なスタンドアローン型、オンプレミス型、さらに機能強化を図ったクラウド型、クラウド・オンプレミス混在型など、用途・ビジネスモデルに合わせて、最適なサービスを提供します。

パナソニックだからできる!お客様のニーズ、運用スタイルに合わせた最適な配信システムを提供

4K対応ディスプレイやマルチスクリーンに加え、光ID「LinkRay※2」対応
ディスプレイやAndroid搭載型ディスプレイなど豊富な表示系デバイスとの連携で様々な用途の情報発信が可能です。さらに、LED照明※3やSpace Player※4と連動することでサイネージが表現するフィールドを画面から空間に広げます。

※2 光の点滅を使って情報を伝える可視光通信技術の一つ。「LinkRay」およびLinkRay図形はパナソニックの商標です。
※3 このデバイスとの連携機能は、企画・検討中です。
※4 スポットライト型のプロジェクターです。このデバイスとの連携機能は、企画・検討中です。

パナソニックだからできる!豊富な納入実績による経験と総合力を活かしたトータルソリューション

当社では、コンサルティングから設計・SI、設置・施工、コンテンツ制作、運用・配信、保守・サポートまで全ての体制・ノウハウを有しており、関連する豊富な納入実績での経験とパナソニックの総合力を活かし、お客様のご要望にお応えします。

活用シーン

  • 施設案内・広告配信サイネージ

    来場されたお客様に訴求する情報を最適な形でお届け。来場者への案内情報や広告情報の提供、環境演出を実現します。

  • 店舗サイネージ

    広告・クーポン情報をタイムリーかつ簡単に発信。分かり易い発信で購買者の関心をひきつけ、店舗の販売促進に貢献します。

  • 観光・防災サイネージ

    観光・イベント情報などの地域の魅力を多言語発信。屋外利用できる
    ディスプレイで、災害時には、災害情報や避難情報を表示します。

  • ホテル・病院・家庭※1

    地域情報や、災害など安心・安全に関わるLアラート※2などをテレビへ配信。番組視聴中でも、強制的に情報表示します。

    ※1 家庭でご利用の場合は、サービス提供しているケーブルテレビ会社または自治体との契約が必要です。
    ※2パナソニック システムネットワークス株式会社は、Lアラート(公共情報コモンズ)の一般協力事業者および一般情報伝達者に登録されています。

  • 空間演出・
    スタジアムソリューション

    パナソニックの持つ映像・照明などの技術を掛け合わせ、情報発信にとどまらない、新たなサイネージソリューションで、感動と驚きをお届けします。

  • 情報配信・施設案内・多言語案内

    施設案内や多言語案内、観光案内の他、トラブル、気象条件などによる変更案内、緊急案内放映などにもご活用いただけます。

2016年4月にイタリア/ミラノで開催された ミラノサローネ2016で、
パナソニックの展示が「ピープル チョイス賞」を受賞しました。

『KUKAN 窶骭€ The Design Award of Space(空間の発明)』

よくある質問

AcroSignの特長は何ですか?

■用途に合わせた最適な配信システムを提案、サイネージをご利用頂いただく上で必要なサービスを一括して提供
■観光情報・災害発生時の情報など、業界毎の基幹システムと連携した多種多様なコンテンツを配信
■ディスプレイ・テレビ、スマートフォン(光ID「LinkRay」連携)など、必要な情報を豊富なデバイスへ発信

運用委託は可能ですか?

可能です。ご相談は、以下までお問い合わせ下さい。

■電話でのお問い合わせ
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:
受付:9時~17時30分(土・日・祝日は受付のみ)
■メールでのお問い合わせはこちら

複数台のコントローラーを設置する場合、各コントローラーのアドレスにDHCPは使えますか?

逐次IPアドレスが変化するようなDHCPの環境下でも、動作可能な仕様になっています。

天気やニュースなど外部から提供されるコンテンツを表示することは可能ですか?

お客様、または運用会社にてコンテンツ供給元と契約していただき、供給データに応じたゲートウェイサーバーを構築することで、表示可能となります(有償)。

既存のテレビモニタを活用したいと考えていますが使用できますか?

現在コントローラーはDVI出力が基本です。使用するコントローラーの出力フォーマットが16:9か4:3かにもよりますので、一般のテレビに表示するには16:9や4:3の表示フォーマットに対応したダウンコンバーターが必要です。一部のディスプレイには、解像度や周波数の対応性能により、表示できない場合があります。事前の放映確認をお願いいたします。

1台のプレイヤーで複数のフラットパネルディスプレイに表示できますか?

映像分配器を使用することで可能です。ただし、フラットパネルディスプレイの監視状態は、1台のみ有効となります。

どのような情報の表示ができますか。

動画(MPEG2,WMV,MP4、H.264)、静止画(JPEG,BMP)、FLASHアニメーション、テキスト(HTML)、テロップ表示(テキスト)、WWWサーバー(マルチメディアコンテンツ)WEBサイト情報の表示ができます。これらの画面フレームは全画面や、分割されたマルチフレームで利用できます。パワーポイントスライドショーは全画面のみ、表示可能です。ただし、コントローラーの機種によって、制限があります。

緊急時に、一斉割り込み、共通の情報配信を行うことはできますか?

可能です。

コンテンツや、スケジュールの登録、更新は昼に行い、配信のみ夜間に行うことは可能ですか?

配信には、即時配信と予約配信がありますので、予約配信で配信開始時間を指定することが可能です。ただし、オンプレミス、クラウド共にWebOperatorは自動配信となっていますので、コンテンツの登録やスケジュールの変更など更新がある都度自動的に配信されます。

情報入力を行う担当者にどの程度のITスキルが必要ですか?

コンテンツ制作を作業範囲に含めないのであれば、特に専門スキルは必要としません。コンテンツも、一般的なファイル形式に対応しています。よって使い慣れたツールでのコンテンツ制作や、お持ちの画像をそのままシステムに登録するのであれば特に特殊なスキルは要りません。WebOperatorを使用頂ければ、更に簡単なドラッグ&ドロップの直感的な操作で運用が可能です。

ご相談はお電話にて承ります

購入のご検討・商流・協業のご相談など、
お気軽にご相談ください。

パナソニック システムお客様相談センター 受付時間9:00~17:30(土・日祝祭日は受付のみ)

お見積り・資料請求は
フォームよりお願いします
お問い合わせフォーム