1. AcroSign
  2. システム
    • システム一覧
    • クラウドサービス
    • オンプレミス
    • ユーザーインターフェース
    • スタンドアローン
    • パーソナルサイネージ
  3. デバイス
    • デバイス一覧
    • 無線LAN対応コントローラー
    • 4K対応コントローラー
    • 4画面出力対応コントローラー
    • コントローラー機能内蔵ディスプレイ
    • コントローラー旧機種
  4. コンテンツ
    • デジタルサイネージにおけるコンテンツ制作の落とし穴
  5. 関連商品
  6. 活用例
  7. 導入事例

よくあるご質問

全般

Q1「AcroSign」名前の由来は何ですか?
Answer
「Acro(アクロ)」は英語で、「高い・頂点の・先端の」という意味があり、パナソニックは先端的なデジタルサイネージソリューションを提供していきます。
Q2AcroSignは何をするものですか?
Answer
公共施設、店舗や駅などに設置したフラットパネルディスプレイやプロジェクターなどの表示装置にセンターから動画、静止画、テロップなどで表現した商品告知、案内情報、ニュースなどのコンテンツを配信するシステムです。
Q3AcroSignの特長は何ですか?
Answer
■用途に合わせた最適な配信システムを提案、サイネージをご利用頂いただく上で必要なサービスを一括して提供
■観光情報・災害発生時の情報など、業界毎の基幹システムと連携した多種多様なコンテンツを配信
■ディスプレイ・テレビ、スマートフォン(光ID「LinkRay」連携)など、必要な情報を豊富なデバイスへ発信
Q4コントローラーの役割は何ですか?
Answer
コントローラーは、コンテンツ再生の専用端末です。
サーバーから配信されたコンテンツ、スケジュールを蓄積し、指定されたスケジュールに従って表示、フラットパネルディスプレイ制御などを行う表示制御端末です。
Q5離れたところにNMコントローラーがあっても大丈夫ですか?
Answer
ADSLやFTTH、LTEなどの常時接続環境の準備されたロケーションであれば問題ありません。
Q6オペレーション端末(オンプレミス対応ソフトインストールPC)は何台まで増設できますか?
Answer
管理サーバーに接続できるオペレーション端末(オンプレミス対応ソフトインストールPC)は最大4台まです。
管理サーバーの基本パックには、オペレーション端末のライセンスは1台分入っていますので、増設する場合は オペレーション端末の追加ライセンスをご購入ください。5台以上のオペレーション端末の接続を要望される場合は、オンプレミス・クラウド対応ソフトでのご運用をご検討下さい。
Q7AcroSignの納入実績を教えてください。
Answer
弊社のデジタルサイネージは15年以上の実績があり、金融機関、運輸業界をはじめ、商業施設、小売、官公庁などさまざまな業種に対し、累計端末数で、約18,000台の納入実績があります。詳細は導入事例をご参照ください。(2016年03月現在)
Q8AcroSignのサーバーシステムはどのように構成するのですか?
Answer
AcroSignのサーバーシステムの基本構成は下記の通りです。
  • 管理サーバー(FTP一体型)
  • オペレーション端末(オンプレミス対応ソフトまたはオンプレミス・クラウド対応ソフト)
機器構成(接続台数)により下記のサーバーを追加します。
  • FTPサーバー
  • WWWサーバー
  • ファイルサーバー
Q9各種サーバー等において、必要なスペックや仕様について教えてください。
Answer
管理サーバーは要求仕様で変わります。CPUパワー、メモリー、HDD容量はユーザー様からの要求仕様で変わりますので、具体的なコンテンツやシステム規模に応じて個別にご相談願います。
Q10AcroSignで使用する表示装置について教えてください。
Answer
DVI,ミニディスプレイインポート 出力が基本です。これらの入力をもつフラットパネルディスプレイ、液晶プロジェクター、リアプロジェクター等をご利用ください。また、コントローラー(AF-NMCT32R)はDisplayPort出力を持っていますので、デジタル入力する場合には対応したディスプレイもしくは「DisplayPort-DVI変換コネクタ」を用いて接続されますと、より高画質な映像再生が可能となります。(コントローラーには「DisplayPort-DVI変換コネクタ」は付属していません。)さらにパナソニックのフラットパネルディスプレイであれば、RS-232C接続またはPJLinkにより、電源制御、ボリューム制御などのフラットパネルディスプレイ制御が可能です。
Q11拡声スピーカーの使用はどうするのでしょうか?
Answer
各コントローラーの音声出力にパワーアンプをつないで、それにスピーカーを接続してください。アンプの出力定格が十分な場合にはフラットパネルディスプレイの内蔵アンプもご利用いただけます。
Q12AcroSignは、「フルHDデジタルサイネージに対応」とありますが、どういうことですか?
Answer
AcroSignでは、フルハイビジョンの動画※1や静止画※2の高画質・大容量ファイルを扱う事を前提に、ファイル配信の高速化や再生端末の性能向上を図っています。 フルハイビジョンの再生はコントローラーの機種によって制約があります。詳細は販売店までご相談ください。
  • ※1 フルハイビジョン動画(1080i)
  • ※2 フルハイビジョン静止画(1920x1080)
Q13問い合わせ先を教え下さい。
Answer
■電話でのお問い合わせ
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:0120-878-410
受付:9時~17時30分(土・日・祝日は受付のみ)
メールでのお問い合わせはこちら

機能・運用

Q1既存のテレビモニタを活用したいと考えていますが使用できますか?
Answer
現在コントローラーはDVI出力が基本です。使用するコントローラーの出力フォーマットが16:9か4:3かにもよりますので、一般のテレビに表示するには16:9や4:3の表示フォーマットに対応したダウンコンバーターが必要です。
一部のディスプレイには、解像度や周波数の対応性能により、表示できない場合があります。事前の放映確認をお願い致します。
Q2コントローラーから、フラットパネルディスプレイの電源ON・OFFを行い、サービス開始時に電源を入れ、サービス終了時にフラットパネルディスプレイの電源を切ることは可能でしょうか?
Answer
可能です。パナソニックのフラットパネルディスプレイに対応した制御コマンドを標準インストールしています。ただし、スタンドアロンタイプではフラットパネルディスプレイ電源ON/OFF制御はできません。
Q3表示装置の選定で留意すべき点を教えてください。
Answer
フラットパネルディスプレイにつきましてはパナソニック製機種に対応しています。液晶プロジェクターにも対応しています。
Q41台のプレイヤーで複数のフラットパネルディスプレイに表示できますか?
Answer
映像分配器を使用することで可能です。
但し、フラットパネルディスプレイの監視状態は、1台のみ有効となります。
Q5拡声スピーカーの使用はどうするのでしょうか?
Answer
コントローラーの音声出力にパワーアンプをつないで、それにスピーカを接続してください。アンプの出力定格が十分な場合にはフラットパネルディスプレイの内蔵アンプもご利用いただけます。
Q6管理サーバー側で各モニタへの掲示情報のスケジュール管理を可能とすることができますか?
Answer
可能です。AcroSignでは、オペレーション端末(オンプレミス対応ソフトインストールPC)によりスケジュール管理を行います。
Q7各端末の表示内容は、個別に設定できるでしょうか?
Answer
オペレーション端末(オンプレミス対応ソフトインストールPC)で、個別に各端末でのスケジュールを設定できます。
Q8どのような情報の表示ができますか?
Answer
コントローラーでは、スケジュールに基づいて設定された画面フレームの中に動画(MPEG2,WMV,MP4、H.264)、静止画(JPEG,BMP)、FLASHアニメーション、テキスト(HTML)、テロップ表示(テキスト)、WWWサーバー(マルチメディアコンテンツ)WEBサイト情報の表示ができます。これらの画面フレームは全画面や、分割されたマルチフレームで利用できます。パワーポイントスライドショーは全画面のみ、表示可能です。
Q9WEBサイト表示はどういう方法で表示するのでしょうか?
Answer
コントローラーにブラウザを搭載しているので、そこからネットワークを通じてWebサーバをアクセスして表示します。但し、表示する画面サイズと参照する画面デザインの関係で、スクロールバーが表示されたり、画面の一部しか表示されない場合があります。
Q10緊急時に、一斉に割り込み、共通の情報配信が可能ですか?
Answer
可能です。
Q11割り込み表示させるデータは、あらかじめ配信する必要がありますか?
Answer
割り込み表示のデータは基本的には事前に登録して、配信しておく必要があります。
Q12操作アプリケーションは、ブラウザ経由で複数名が操作可能(ID、PW入力/階層別にアクセス制限)になっていますか?
Answer
ブラウザ経由で操作可能なWebOperatorを準備しております。 但し、同時に利用可能な利用者はユーザー単位に1名までとなります。 また、WebOperatorでは以下の機能は提供されておりません。
  • チャンネル機能
  • ログ参照機能
  • 情報分析機能
  • 装置管理機能
Q13機器に障害が出た場合、センターに何らかの方法で連絡は入るのでしょうか?
Answer
コントローラーの内部で障害が発生した場合には、サーバー側に都度障害を通知します。回線異常やコントローラーのダウンは一定時間通信が途絶えることで、サーバー側が異常と判断します。
Q14コントローラーはコンテンツをダウンロードしながら、別のコンテンツを表示できますか?
Answer
可能です。
Q15コンテンツや、スケジュールの登録、更新は昼に行い、配信のみ夜間に行うことは可能ですか?
Answer
配信には、即時配信と予約配信がありますので、予約配信で配信開始時間を指定することが可能です。但し、オンプレミス、クラウド共にWebOperatorは自動配信となっていますので、コンテンツの登録やスケジュールの変更など更新がある都度自動的に配信されます。
Q16全端末(NMコントローラー)の稼動イメージが把握できるとありますが、どのような情報が判るのでしょうか?
Answer
稼動状態(正常、異常)をアイコンにて一覧表示できます。異常時にはシステムログやコントローラー側のログを参照することができます。
Q17アラート通知はどこにどのような形で入るのですか?
Answer
オペレーション端末(オンプレミス対応ソフトインストールPC)にて、アラート音とともにポップアップにてエラーの内容が表示されます。
Q18運用委託は可能でしょうか?
Answer
可能です。
■電話でのお問い合わせ
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:0120-878-410
受付:9時~17時30分(土・日・祝日は受付のみ)
メールでのお問い合わせはこちら
Q19作成した放映スケジュールのプレビュー機能はありますか?
Answer
はい。ただし、プレイリストにおける、画面フレーム単位の再生となります。
プレイリストを作成しながら、放映画面の内容をオペレーション端末で確認※1できます。
  • ※1 このプレビュー機能は、オペレーション端末上での放映イメージの確認にご使用ください。再生時間や各コンテンツの動き等の最終確認を行う場合は、ご面倒でも再生対象となるコントローラーでご確認ください。
Q20クラウドの配信サービスについて、価格体系を教えてください。
Answer
サーバーご利用料として1端末(コントローラー)ごとに5,000円/月でご利用いただけます。
別途: 機器費、サービス初期費(23,000円)、設置費、通信費などは別途掛かります。

ネットワーク

Q1どのようなネットワークを想定しているのですか?
Answer
TCP/IPプロトコルであれば様々なネットワークに対応が可能です。端末毎にソフト的な配信帯域の制限の設定も可能です。一般的なストリーミング配信方式と異なり、放映中、常時回線を占有しないので蓄積後はネットワーク障害時にも放映が継続されます。
Q2複数台のコントローラーを設置する場合にコントローラーのアドレスはDHCPが使えますか?
Answer
コントローラーが例えばDHCPなどの方法で、逐次IPアドレスが変化するような環境下でもAcroSignとしては、動作する仕様になっています。
Q3WAN環境でIPアドレスは固定IPアドレスが必要ですか?
Answer
コントローラーは、ダイナミックにIPアドレスを付与する方式でご利用いただけます。サーバ側は固定IPが必要です。
Q4時刻補正はどうしているのですか?
Answer
システムとしてネットタイムを使用しています。コントローラーは管理サーバと時刻を合わせる仕様となっています。
Q5各装置間の接続において、DNSによる名前の解決を行っていますか?
Answer
DNSサーバーによる名前の解決を行ってはいません。

コンテンツ

Q1情報入力を行う担当者にどの程度のITスキルが必要ですか?
Answer
コンテンツ制作を作業範囲に含めないのであれば、特に専門スキルは必要としません。コンテンツも、一般的なファイル形式に対応しています。よって使い慣れたツールでのコンテンツ制作や、お持ちの画像をそのままシステムに登録するのであれば特に特殊なスキルは要りません。WebOperatorを使用頂けば、更に簡単なドラッグ&ドロップの直感的な操作で運用が可能です。
Q2コンテンツ制作環境もAcroSign製品群に含まれているのですか?
Answer
コンテンツ制作のためのツールは、含まれておりません。AcroSignでは、完成されたコンテンツを組み合わせて指定したスケジュールで表示端末に表示するための仕組みを提供します。
Q3コンテンツ制作環境は、どのようなものが必要ですか?
Answer
AcroSignで使用するファイル形式は、次項にあるような一般的なファイル形式です。コンテンツ制作環境は、ユーザーの方々が日頃 使われて習熟されているオーサリングツールが使用できますので、新たに 専用の制作ツールの使い方を覚える必要はありません。
Q4どのようなコンテンツが使えますか?
Answer
コントローラー毎で対応コンテンツが異なります。
AcroSignのホームページより詳細をご確認ください。
デバイス一覧はこちら
Q5WEBサイト表示はどういう方法で表示するのでしょうか?
Answer
コントローラーはIEコンポーネントを使用していますので、ブラウザの機能を使用してWebサーバをアクセスして表示します。
Q6天気やニュースなど外部から提供されるコンテンツを表示することは可能ですか?
Answer
お客様、または運用会社にてコンテンツ供給元と契約していただき、供給データに応じたゲートウェイサーバを構築することで、可能です(有償)。
Q7インタラクティブコンテンツは運用可能ですか?
Answer
タッチパネルにより、画面に触れると特定のインタラクティブコンテンツを表示する機能があります。
Q8縦型表示はできますか?
Answer
対応可能です。ただし、負荷の高いコンテンツを再生する場合には、意図通りに再生されない場合があります。事前に放映の確認を行い、必要な場合には負荷の軽減を行ってください。
注) 縦型表示時のテロップの使用はご推奨いたしません。
Q9テロップの文字数は何文字でしょうか?
Answer
半角2000文字までです。
Q10テロップの背景はつけられるのですか?
Answer
ビットマップ(bmp)とJPEG(jpg)形式の画像ファイルを背景として使用できます。これらの画像ファイルを用意しなくとも、カラーパレットの中から背景色を選ぶ事もできます。
Q11システムをオンプレミスで構築した上で、コンテンツをクラウドで利用することは可能でしょうか?
Answer
オンプレミスで構築した管理サーバが、クラウドサーバとネットワークで接続されている状態であれば可能です。

パナソニックお客様相談センター 0120-878-410 購入検討、仕様確認、商流について、トラブル・操作説明など、お電話でのお問い合わせはこちらから。受付時間9:00~17:30(土・日・祝祭日は受付のみ)

パナソニックお客様相談センター 時間外や資料・見積もりのご依頼は、メールフォームよりお願いします。AcroSignカタログpdfのダウンロードは、こちらからお願いします。

※ 「AcroSign」及び、AcroSign図形は、パナソニック株式会社の商標です。

※ Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

※ Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ Pentiumは、米国Intel Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ Adobe、Adobeロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

※ その他記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。