LinkRay(光IDソリューション)
  1. TOP
  2. 技術詳細
  3. 活用シーン
  4. インバウンド
  5. よくある質問
  6. お問い合わせ

QRコード広告に代わる光ソリューション LinkRay

デジタルサイネージと組み合わせ可能

LED光源にスマートフォン・タブレットをかざすだけで

さまざまな情報をすばやく受信

動画
概要
LinkRayの特徴
対応機種・ダウンロード

LinkRay 特設サイトはこちら

新技術LinkRayの動画紹介

LinkRayの展示会での紹介動画です。

LinkRayの世界を動画にてご覧頂けます。

サケのふるさと 千歳水族館様 事例です。

導入の詳細はこちら

概要

LinkRay技術は、可視光通信技術を発展させ、LED光源の高速点滅によって発信されるデジタル信号(固有のID信号)をスマートフォン(※1)搭載のイメージセンサ(内蔵カメラ)と専用アプリケーションを用いて高速受信するパナソニック独自の最新技術です。

  • (※1)OS種類やバージョン、カメラ性能などの利用条件を満たしたスマートフォンに限ります。
光IDの発信
  • ● 照明看板
  • ● LEDスポットライト
  • ● デジタルサイネージ

「光ID」発信機能付の照明看板、照明器具、デジタルサイネージディスプレイからID信号を発信します。(デジタルサイネージディスプレイの場合は、コンテンツの内容によってIDを変更することが可能です。)

光IDの受信
  • ● スマートフォンの
    イメージセンサ

スマートフォンで光IDを受信し、コンテンツを表示します(光ID読み取りソフトウェアモジュールを組み込んだアプリケーションが別途必要となります)

お問合せ

受信レスポンスが速い

対象物に近づいての正確な画角合わせやピント合わせは不要です。また、短い読み取り時間でIDを受信し関連した情報(リンク先)への誘導を可能にします。

(※1) OSバージョンやカメラ性能などの利用条件を満たしたスマートフォンに限ります

混雑状況に強い

スマートフォンで光を受信することが出来れば、人混みで画面が遮られた場合であってもIDの受信が可能です。



隣接した発信光源設置が可能

電波干渉がないため、複数の光ID発信光源を隣接する場所に設置して情報を提供することが可能です。



多彩な器具や機器に対応

LEDを光源とする照明看板、ショウウィンドウなどで利用される外照式照明器具、またはデジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイでの利用が可能です(※2)。

(※2) 「光ID」発信機能付の照明看板、照明器具、デジタルサイネージディスプレイなどに限ります

お問合せ

LinkRayによる新しいユーザエクスペリエンス

スマートフォンとの情報連携技術として、現在主流の「BLE(Bluetooth Low Energy)」「2次元バーコード」と比較し「光ID」は利用者に優しい技術です。

  直感的 受信が速い 混雑状況にも強い
リンクレイ
看板・サイネージ方向に向けて、かざす かざすと即受信 光が届けば受信
BLE Bluetooth®
近くに発信源が複数あるとき何処からの情報か不明 近づくと自動受信 人が電波を吸収・乱反射し正しく受信できず
2次元バーコード
コードに近寄ってから、かざす カメラの位置あわせ、ピント調節と待ち時間が長い 近寄れないと認識できません


  • ※ Bluetoothは米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
  • ※ その他記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
  • ※ 設置条件によっては、スマートフォン、タブレットで光を受信できない場合があります。
  • ※ スマートフォン、タブレットによってはリンクレイに対応をしていない機種があります。

LinkRayアプリケーション動作確認済み機種・ダウンロード

お問合せ