CATV関連商品

セットトップボックス


TZ-LT400PW

楽しさ広がる

主な特長

トリプルチューナー搭載

トリプルチューナー搭載で、外付けUSB-HDD※1に2番組録画しながら別の番組の視聴が可能※2。また、裏番組表示(2画面表示)機能で、放送中の番組を観ながら気になる裏番組をタイトル一覧と映像でチェック※3することができます。

リモート視聴と番組持ち出しに対応※4 ※5

放送中の番組や外付けUSB-HDDに録画した番組を、外出先からお手元のスマートフォンやタブレットで観ることができます(Wi-Fi、LTE、3G回線経由で外出先からSTBにアクセスし視聴可能)。外付けUSB-HDDに録画した番組をスマートフォンやタブレットに持ち出し※6すれば、ネット環境の無い場所でも視聴可能です。

宅内視聴・番組持ち出しアプリ「DiXiM CATV Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

宅内視聴・宅外視聴(リモート視聴)アプリ「CATV Remote Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

Hybridcastの視聴が可能

一部のテレビ局で既に運用を開始しているHybridcastに対応。本機をインターネット環境につなぐと、Hybridcast対応の番組視聴中にリモコンのdボタンでHybridcastが起動します。スマートフォン・タブレットに専用アプリ「CATV Hybridcast Player」をインストールすれば、番組に連動した情報が手元に表示され、番組視聴が一層楽しくなります。

スマートフォン・タブレット用視聴アプリ「CATV Hybridcast Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

  • ※1 USB-HDDはSTBへの登録作業(ユーザーメニュー)が必要です。登録する際、USB-HDDのデータは全て消去されます。登録したSTB以外で録画したコンテンツの再生はできません。STBを交換する場合は、再登録作業が必要になります。推奨USB-HDDはサポート情報ページをご参照ください。
  • ※2 3番組同時録画はできません。
  • ※3 チューナーが空いている時に映像表示されます。録画状態によりチューナーが空いていない時は、番組内容(文字)が表示されます。
  • ※4 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)により公開された「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件Ver1.2」、ケーブルDLNA運用仕様(JLabs SPEC-020 3.0版)に準拠。
  • ※5 地デジネットワークを使用したコミュニティチャンネル、CATV多チャンネルの「放送転送」は別途、当社とサービス契約が必要です。
  • ※6 ホームネットワーク(LAN)環境においてネットワーク経由で持ち出す必要があります。SDカードによる持ち出しはできません。
  •  ● App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
  •  ● Google Playは、Google Inc. の登録商標または商標です。
  •  ● DiXiMは、株式会社デジオンの登録商標です。
  •  ● Hybridcastは、財団法人NHKエンジニアリングサービスの登録商標です。

あなたの街のケーブルテレビ局はこちら
(下記バナーをクリックしてください)

CATV 事業者サービスエリアチェック CATVデジタルセットトップボックス TZ-LT400PW パンフレット