CATV関連商品

セットトップボックス


TZ-HT3000BW

新4K衛星放送 ※1 に対応したベーシックモデルSTB CATVデジタルセットトップボックス TZ-HT3000BW
主な仕様

※CATV用デジタルセットトップボックス(STB)は、CATVサービス専用機器です。
ご使用に際しては、ケーブルテレビ局へのご加入が必要です。
なお機能によっては、ご加入のケーブルテレビ局のサービス内容によりご利用いただけない場合があります。
詳しくはご加入のケーブルテレビ局にご確認ください。

主な特長

新4K衛星放送※1のトランスモジュレーション/パススルーの両受信方式に対応

新4K衛星放送※1は、トランスモジュレーション方式による受信に加え、パススルー方式に対応しました。将来的に周波数帯域の不足が予想される中、TZ-HT3000BWは従来のBSデジタル放送もパススルー方式に対応しているため、BS放送をパススルー方式で受信することで、より多くの4K自主放送を楽しめます。トランスモジュレーション方式からパススルー方式への設定変更を遠隔で行えるので、スムーズな運用変更が可能です。

録画済み番組を移行するうれしい「STB置換えダビング」を搭載

今まで使っていたSTBで録画した番組をTZ-HT3000BWにダビングして視聴できる「STB置換えダビング」を搭載。TZ-HT3000BWの操作でダビングする番組を選択、または一括登録することで全ての番組を選択することが可能。これまで録り溜めたお気に入りの番組を簡単にダビングでき、スムーズなSTB移行を実現します※2 ※3 ※4

無線LAN子機搭載で簡単ネットワーク利用

無線LAN子機を搭載しているため、わずらわしい配線をすることなくLAN接続可能。リモート視聴やネットワークを利用した機能を簡単に始めることができます。新たに対応したIEEE802.11acの高速通信によって、環境にあわせた多彩なスタイルでより快適に利用可能※5。また、LAN端子も搭載しているため、LANケーブルでの接続も可能です。

観たい時に観られる番組のリモート視聴と持ち出しに対応

放送中の番組やHDDに録画した番組を外出先からお手元のスマートフォン・タブレットで観ることができます(Wi-Fi、LTE、3G回線経由で外出先からSTBにアクセスし視聴可能)※3 ※6 ※7 ※8 ※9。HDDに録画した番組をスマートフォン・タブレットに持ち出すことで※3 ※10 ※11、ネット環境のない場所でも視聴が可能です。

宅内視聴・番組持ち出しアプリ「DiXiM CATV Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

宅内視聴・宅外視聴(リモート視聴)アプリ「CATV Remote Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

ホームネットワーク(家庭内LAN)のサーバー/クライアント両機能に対応

ホームネットワークのサーバー機能とクライアント機能の両方に対応。ホームネットワーク(家庭内LAN)を利用し、放送中の番組やHDDに録画した番組を家庭内の別の部屋で視聴でき※3 ※11、家族それぞれの好みの番組をそれぞれの部屋で楽しむことができます。

楽しさひろがるHybridcast対応

現在NHK他で運用開始されているHybridcastサービスに対応。本機をインターネット環境につなぐと、Hybridcast対応の番組視聴中にリモコンのdボタンでHybridcastが起動します。スマートフォン・タブレットに専用アプリ「CATV Hybridcast Player」をインストールすれば、番組に連動した情報が手元に表示され、番組視聴が一層楽しくなります。また、新4K衛星放送のデータサービスにも対応しております。

スマートフォン・タブレット用視聴アプリ「CATV Hybridcast Player」
●価格:無料 ●本アプリは、App Store、Google Playにて公開

トリプルチューナー搭載

トリプルチューナー搭載(新4K衛星放送※1対応は1チューナー)で、HDDに2番組録画しながら別の番組を視聴可能※12 ※13。裏番組表示(2画面表示)機能では、放送中の番組を観ながら気になる裏番組をタイトル一覧と映像でチェックできるので、豊富な番組を持つCATVにおいても観たいシーンを見逃しません※14 ※15

長時間録画に対応

これまでの当社STB(TZ-HDT620PW)で好評の基本機能を引き続き搭載し、使いやすさと便利さを実現。大容量の2TBハードディスクを内蔵し、長時間録画(4倍録画、7倍録画)※3 ※16 ※17が可能です。また、外付けUSB-HDDにも対応しているため、録画容量の追加もできます。

  • ※1 パススルーの110度CS放送の受信には対応しておりません。
  • ※2 放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされるので、プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組はダビングできません。
  • ※3 ソフトウェアダウンロードにて対応予定です。また、本機能は4K番組には対応していません。
  • ※4 ダビング元機器は当社製対応STBのみとなります。
  • ※5 無線LANを使用するためには、無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)との接続が必要です。IEEE802.11ac対応の無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選び下さい。なお無線電波状況により、接続できない場合もあります。
  • ※6 専用アプリ「CATV Remote Player」をインストールしたスマートフォン・タブレットで視聴可能です。
  • ※7 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)により公開された「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件」、ケーブルDLNA運用仕様(JLabs SPEC-020)に準拠。
  • ※8 同時に接続可能なスマートフォン・タブレットの台数は1台です。2台以上の同時接続はできません。
  • ※9 地デジネットワークを使用したコミュニティチャンネル、CATV多チャンネルの「放送転送」は別途、当社とサービス契約が必要です。
  • ※10 専用アプリ「DiXiM CATV Player」をインストールしたスマートフォン・タブレットに持ち出し可能です。ホームネットワーク(LAN)環境においてネットワーク経由で持ち出す必要があります。
  • ※11 録画モード変換後の番組には対応していません。
  • ※12 BS4K放送は複数同時に視聴、録画はできません。
  • ※13 USB-HDDはSTBへの登録作業(ユーザーメニュー)が必要です。登録する際、USB-HDDのデータは全て消去されます。登録したSTB以外で録画したコンテンツの再生はできません。STBを交換する場合は、再登録作業が必要になります。
  • ※14 チューナーが空いている時に映像表示されます。録画状態によりチューナーが空いていない時や4K番組視聴中またはリスト選択中の時は、番組内容(文字)が表示されます。
  • ※15 ソフトウェアダウンロードにて対応予定です。
  • ※16 BSデジタル放送のハイビジョン映像(約24 Mbps)を「標準」設定で録画した場合と「4倍」(約6 Mbps)「7倍」(約3.5Mbps)設定で録画した場合の比較。
  • ※17 一度「標準」モードで録画した後、設定した録画モードで変換されます。

あなたの街のケーブルテレビ局はこちら
(下記バナーをクリックしてください)

CATV 事業者サービスエリアチェック