CATV関連商品

セットトップボックス


TZ-HDW610/TZ-HDW611シリーズ

つながる × ひろがる

  • 快適 × べんり
  • つながる × ひろがる
  • 小さくて × エコ
  • TZ-HDW611/HDW610 シリーズ Home

主な仕様

主な特長

映像サーバ/クライアントとして活用!

映像サーバ/クライアントとして活用! イメージ

ホームネットワーク機能を活用して、録画した番組や放送中の番組を別の部屋のDLNA対応機器やスマートフォン※1 ※2などでも見ることができます。

DiXiM CATV Player

視聴アプリ
「DiXiM CATV Player」

  • ・価格:無料
  • ・本アプリは、App Store、Playストア にて配信中。

無線LAN子機を搭載したモデルも同時発売

無線LAN子機を搭載したモデルも同時発売 イメージ

有線LANによる接続に加え、TZ-HDW610PWとTZ-HDW611PWは搭載している内蔵の無線LAN 子機を使って、わずらわしい配線なしでホームネットワークを構築可能※3。LAN 端子のない部屋でも、録画した番組を別の部屋で再生したり、VOD、CATV ユニバーサルポータルなどの双方向サービスを手軽に楽しめます。

CATVユニバーサルポータル

CATVユニバーサルポータル イメージ

当社が提案するCATV STBの新たなサービス「CATVユニバーサルポータル」に対応。地域密着情報やCATV局独自メニューによるサービス提供を実現し、利用者も簡単な操作でサービス選択が可能になります。

LAN録画/ダビング対応

LAN録画/ダビング対応 イメージ

有線LAN接続したケーブルDLNA運用仕様JLabs SPEC-020対応の録画機※4 ※5への直接録画を実現。また、内蔵HDDに録画した番組をLANで接続したBDレコーダーなどの録画機器にダビング(ムーブ)することも可能です※5。簡単操作でデジタル録画を楽しめます。

  ケーブルDLNA運用仕様JLabs SPEC-020対応録画機
有線LAN接続 無線LAN接続
ダビング
直接録画 動作保証外です

外付けUSB-HDD録画に対応

外付けUSB-HDD録画に対応 イメージ

外付けUSB-HDD※6に対応。内蔵HDDの容量が足りなくなった場合でもHDD容量を拡張し、録画することが出来ます。

SDXC規格のSDカードに対応

SDXC規格のSDカードに対応 イメージ

ハイビジョンムービーやデジタルカメラで撮影したハイビジョン映像(AVCHD)に対応。SDカードをSTBに差し込んで、撮影した映像をテレビで鑑賞※7できます。大容量のSDXC規格のSDカードにも対応しています。

  • ※1 無線LANを介したホームネットワークへの接続が必要です。
  • ※2 iPhone/iPad/iPod touch/Android端末に視聴アプリ「DiXiM CATV Player」のインストールが必要です。対応機器は、デジオン社のホームページを参照ください。
  • ※3 本機が2 番組同時録画中、アクトビラなどのネットワーク機能を使用中の場合などは、ホームネットワーク機能を使って再生することができません。2 台以上の機器で同時に再生することはできません。
  • ※4 ケーブルDLNA運用仕様JLabs SPEC-020のLAN録画は、無線LANでの動作は保証外です。
  • ※5 LAN録画/ダビング可能な対象機器はJLabsホームページ、当社サポート情報ページをご参照ください。
  • ※6 HDDはSTBへの登録作業(ユーザーメニュー)が必要です。登録する際、HDDのデータは全て消去されます。登録したSTB以外で録画したコンテンツの再生は出来ません。STBを交換する場合は、再登録作業が必要になります。
    動作確認機器はサポート情報ページをご参照ください。
  • ※7 HDD への取り込みはできません。
  • ●iPhone、iPad、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
  • ●デジオン、DiXiM は、株式会社デジオンの登録商標です。
  • ●「Android」、「Playストア」は、Google Inc. の登録商標または商標です。
  • ● 画面・機能説明写真はイメージです。実際の製品の見え方と異なる場合があります。
  • ● 製品の定格、デザインおよび操作画面は、改善のため予告なく変更することがあります。
TZ-HDW610PW/HDW611PW 搭載 無線LANに関する注意事項
無線LANの周波数表示の見かた(本機背面の右下に記載)

【使用周波数帯】無線LANは2.4 GHz帯と5 GHz帯の周波数帯を使用します。他の無線機器も同じ周波数帯を使用している可能性があります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、下記事項に注意してご使用ください。
【使用上の注意事項】この機器の使用周波数帯域では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を有する無線局)及び特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。 
①この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局及び特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていない事を確認してください。
②万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに場所を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、ご加入のケーブルテレビ局にご連絡いただき 、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
③その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きた時は、ご加入のケーブルテレビ局へご相談ください。

あなたの街のケーブルテレビ局はこちら
(下記バナーをクリックしてください)

CATV 事業者サービスエリアチェック TZ-HDW610/TZ-HDW611シリーズ PDFカタログ(1.31MB)