導入事例

コニカミノルタプラネタリウム株式会社様

プラネタリウム映像・音響設備

プラネタリウム直営館「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」
プラネタリウム直営館「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」

プラネタリウムの枠組みを超えるエンターテインメント性の高い演出を実現

  • アミューズメント・ホール
  • 業務用プロジェクター
  • サウンド(音響システム)
 

導入年月:201812

このページのPDFをダウンロード

プラネタリウム直営館「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」

導入の背景

コニカミノルタプラネタリウム株式会社様は、2018 年12 月に新しいプラネタリウム直営館「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」を東京千代田区の有楽町マリオンにオープンしました。 同施設は「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」と「プラネタリウムドームシアター(DOME2)」の2 つのプラネタリウムシアターを中心に、体験型VR アトラクション「VirtuaLink」、カフェ、ショップを兼ね備えた、大型アミューズメント施設です。 コニカミノルタプラネタリウム株式会社様は光学式プラネタリウム機器や全天周映像投映システムの開発、製造から、コンテンツ制作、施設建設、運営までをトータルに手がけ、教育分野からエンターテインメント分野まで、その施設規模やコンテンツ内容に幅広く対応した製品とサービスを提供しています。 プラネタリウム直営館事業としては2004 年開設の「コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City」を皮切りに、2012 年に「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン®」を開設しています。 2019 年で直営館運営15週年を迎えるにあたり、プラネタリウムの枠組みを超えたエンターテインメント性の高い演出を実現するため、パナソニックのプロジェクターを中心に、映像と音響設備を「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」にご導入いただきました。
プラネタリウムの枠組みを超えたエンターテインメント性の高い演出が可能(DOME1)
プラネタリウムの枠組みを超えたエンターテインメント性の高い演出が可能(DOME1)
床からドーム天頂にかけて空間全体を包み込むように 最大8Kの高解像度映像が投写される(DOME1)
床からドーム天頂にかけて空間全体を包み込むように 最大8Kの高解像度映像が投写される(DOME1)
プラネタリウムドームシアター(DOME2)

概要と特長

 多目的デジタルドームシアター(DOME1) 高輝度のプロジェクターでこれまでにない没入感を実現

DOME1 最大の特長は、床からドーム天頂にかけて空間全体を包み込むように最大8Kの高解像度映像が投写されるドーム映像です。 4K対応の3 チップDLP® 方式プロジェクター PT-RQ13KJ をドーム上部に4 台、ドーム下部に3 台設置し、ドームスクリーンから投写しています。 10,000lmの高輝度・高画質投写により従来のプラネタリウムになかった没入感を演出することができ、ドーム空間全体の投写を可能にしました 。それにより空間演出の幅が広がり、全天周映像のプラネタリウム作品の上映だけではなく、舞台を設置して音楽と映像がコラボレーションした、語り部によるダンスパフォーマンスや音楽ライブなど、様々な演出がおこなわれる予定です。 また、従来のプラネタリウムと異なりプロジェクターのみの構成のため、ドーム中央に光学式プラネタリウムを設置する必要がなく、座席の配置パターンを変えたり、パフォーマンス用に広いスペースを確保することも可能です。

高輝度プロジェクターによりこれまでにない没入感を体験できる(DOME1)
高輝度プロジェクターによりこれまでにない没入感を体験できる(DOME1)
星空だけでなく花火や青空など様々な演出が可能(DOME1)
星空だけでなく花火や青空など様々な演出が可能(DOME1)
4K対応の3チップDLP®方式プロジェクター PT-RQ13KJ
4K対応の3チップDLP®方式プロジェクター PT-RQ13KJ
 プラネタリウムドームシアター(DOME2) 柔軟性の高いシステム構築で4 カ国語対応の多言語設備を導入

DOME2 はプラネタリウムドームの裏側と背面に多数のスピーカーが設置されており、きめ細かな音像移動による、まるで場に居るような「リアルな体験」を提供しています。 近年来場者が増加しているインバウンドに対応するため、4 カ国対応の多言語設備(特注品)も導入されました。 日本語・英語・中国語・韓国語に対応しており、170 席ある全ての椅子の肘掛けに操作ボックスが組み込まれ、イヤホンをジャックに挿して使用することができます。
また、デジタルパワーアンプ WP-DA114 とデジタルミキサー WR-D01 が導入されたことで、音声のディレイが少ないシステムを実現しています。
DOME2 のもうひとつの特長は、リラックスした姿勢で星空を楽しむことのできるプレミアムシート「銀河シート」です。 このシートには肘掛けがないため、操作ボックスをシートの側面に収納。 コントローラーを必要に応じて取り出して椅子と同様に使用が可能です。
また、DOME1、DOME2 とともに、プラネタリウム上映前のコマーシャル映像の投写として、輝度の高い1 チップDLP®方式プロジェクター PT-RZ870JB も導入されています。

DOME2の170席全てに4カ国語対応の多言語設備を設置
DOME2の170席全てに4カ国語対応の多言語設備を設置
リラックスした姿勢で星空を楽しむことのできるプレミアムシート「銀河シート」
リラックスした姿勢で星空を楽しむことのできるプレミアムシート「銀河シート」
「銀河シート」に設置された多言語端末のコントローラー
「銀河シート」に設置された多言語端末のコントローラー
 体験型VR アトラクション「VirtuaLink」 照明下でも鮮明な映像を投写できる高輝度プロジェクターを使用

「VirtuaLink」は360 度 3D 映像のバーチャル空間を、最大 24人で体験できるVR アトラクションです。 会場上部壁面には、DOME1で導入したものと同じ4K対応の3 チップDLP® 方式プロジェクター PT-RQ13KJで、「VirtuaLink」をイメージした銀河の写真が投写されています。照明を落とさない会場のため、照明下でも鮮明な映像を投写できる高輝度プロジェクターであることが採用のポイントとなりました。また、利用者がVR 体験している映像を表示するディスプレイにパナソニック製が採用されています。

照明下でも鮮明な映像を投写可能な 高輝度プロジェクター
照明下でも鮮明な映像を投写可能な高輝度プロジェクター
体験型VRアトラクション「VirtuaLink」に 設置されたディスプレイ
体験型VRアトラクション「VirtuaLink」に 設置されたディスプレイ

お客様の声

もともと学習施設の要素が強かったプラネタリウムを、メーカーが直営することでエンターテインメント性を高めていこうと、15年前に池袋サンシャインシティの”満天”で直営館事業がスタートしました。このたび有楽町にプラネタリア TOKYOという新しい施設をオープンするにあたり、今までになかった新しいコンテンツへのチャレンジという課題がありました。 そのためにはまず、お客様に何を見ていただきたいか、それに対して我々はどのような機材でそれが実現できるかを考え、新しいプロジェクターの選定をおこないました。 PT-RQ13KJ は当社工場のプラネタリウムドームに持ち込みいただき、デモをおこないましたが、初めて映像を投写したときは、今まで見たことのないような明るさと没入感に衝撃を受けました。 従来のプラネタリウムでは本物に近い星を演出するため、星の投写は光学式プラネタリウムを使用し、周囲の演出をコントラストの高いプロジェクターでおこなっていました。 しかし、デモを見て、この明るいプロジェクターを使用した没入感のある演出も良いのではという考えに至りました。 そしてDOME1では、PT-RQ13KJの明るい映像をフル活用した、ドーム全体で演出するプラネタリウムという枠組みに捕らわれない、新たなドーム映像体験を実現することができました。 もうひとつの選定理由は、パナソニックさんの信頼性です。 選定にあたり、プロジェクターの工場を見学させていただき、信頼性試験を見学しました。 商品開発に真摯に取り組んでいる姿勢を見て、信頼の置けるものづくりをされていると実感しました。 DOME2の多言語設備はどの席に座っても操作がしやすいよう、銀河シートにコントローラーを設置いただくなど、弊社の要望に柔軟にしていただけることを評価して「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン®」に続いての導入となりました。以前は翻訳音声のディレイが課題とされていましたが、WP-DA114とWR-D01の導入によりディレイが少なくなり、よりリアルな体験をご提供できることは嬉しい効果でした。
信頼の置けるパナソニックさんのシステムを活用して、プラネタリウムの新しい魅力をより多くのお客様に広めていければと思っています。
コニカミノルタ プラネタリウム株式会社 技術部長 大谷 健一 様
コニカミノルタ
プラネタリウム株式会社
技術部長 大谷 健一 様

主な納入機器

多目的デジタルドームシアター(DOME1)
● 3チップDLP®方式プロジェクター PT-RQ13KJ ×7
● ズームレンズ ET-D75LE6×7
● 1チップDLP®方式プロジェクター PT-RZ870JB ×1
プラネタリウムドームシアター(DOME2)
● 多言語設備(特注品) 1式
● デジタルパワーアンプ WP-DA114 ×8
● デジタルミキサー WR-D01 ×1
● 1チップDLP®方式プロジェクター PT-RZ870JB ×1
体験型VRアトラクション「VirtuaLink」
● 3チップDLP®方式プロジェクター PT-RQ13KJ×1
● ズームレンズ ET-D75LE6×1
● ディスプレイ ×6
このページのPDFをダウンロード