導入事例

NTT都市開発株式会社様 レソラホール

プロジェクター
「公共施設」

写真:380型の大型スクリーン
380型の大型スクリーンに4K+の高解像度映像が映し出され、手元の明るさが必要なイベントシーンで高輝度・高コントラストの映像が投写できることもメリットです

ハイグレードなイベントスペースに映える
4Kプロジェクターによる超高画質映像

  • アミューズメント・ホール
  • 業務用プロジェクター
 

導入年月:201803

このページのPDFをダウンロード

写真:380型の大型スクリーン

九州最大の商業エリア 天神にある 多目的イベントホール

九州随一の商業集積地である天神の中心にあり、緑豊かな警固公園を望む複合型ビル『アーバンネット天神ビル』。その商業ゾーン『レソラ天神』の5階に位置し、252席(最大304席)のホールと、パントリー付きの贅沢なホワイエ空間を擁する多目的ホールとして、コンサートや展示会、講演会、ファッションショー、パーティなど、多種多彩なイベントに利用されています。
写真:アーバンネット天神ビル
撮影:フォワードストローク
鉄道各駅からも近く、利便性の良さも魅力な複合型ビル『アーバンネット天神ビル』

導入の経緯

リアルな色再現と超高画質。4K+の先進性がホールのコンセプトにマッチ

レソラホールは、『晴天(ハレソラ)』のように心地よい上質なスタイルを楽しんでいただけるよう名付けられた商業施設『レソラ天神』5階に位置し、上質なスタイルの提案という施設のコンセプトに合わせて、ホールの設備も厳選されています。2011年のオープン当時の最高水準であった既設プロジェクター(当社製PT-DZ12000)も、お客様から評価をいただき、医療関係の講演会、学会のセミナーなどでの利用が促進されてきましたが、オープンから7年を経て、設備のリプレイス計画を進めるなかで、映像機材で着目されたのがレーザープロジェクターPT-RQ13KJです。4K+対応の超高画質と先進性が、ホールのコンセプトにマッチすることが採用の決め手になりました。白色が美しいリアルな色再現性と、ピクセルが見えない高精細な映像を実現し、また福岡県初の4Kプロジェクター導入ということもあり、さらなる利用促進をPRできる設備を構築できたと、ご感想をいただきました。

写真:380型の大型スクリーン
380型の大型スクリーンに4K+の高解像度映像が映し出され、手元の明るさが必要なイベントシーンで高輝度・高コントラストの映像が投写できることもメリットです

システムの紹介

既存設備を活かしながら4K対応に

レソラホールは、285m2・252席(最大304席)のホールと、パントリーを備えた140m2のホワイエで構成されています。PT-RQ13KJは、ホワイエの上部に当たる調整室に設置され、380型の大型スクリーンに4K+の高解像度映像を投写します。リプレイスにあたっては、既存の設備を活かしながら、スイッチャーやケーブル類も4K対応に切り替えました。座席の最前列は、スクリーンから6mの至近距離になるため、既設のプロジェクターではピクセルがどうしても見えていましたが、4K+の高精細映像はピクセルがまったく気にならないのこと。その映像クオリティは代理店様などイベント業界の方々からも高く評価され、4Kコンテンツを活用したイベント企画などの気運が高まっています。

ランプ切れなど運営管理のストレスが軽減

運営管理面では、ランプ光源からレーザー光源に変わったことも大きなメリットです。以前はイベント中にランプ切れのトラブルがないよう、点灯時間を厳密に管理して予防保全に努められていましたが、レーザー光源に変わったことで、その業務が大幅に軽減されたとのこと。また、レーザー光源プロジェクターは、ランプ光源プロジェクターに比べて立ち上がりが早く、電源オン後、すぐに出画が可能で、お客様をお待たせしないこともメリットのひとつです。加えて、レーザー光源になって熱排気が少なくなったことから、プロジェクターが設置されている調整室の温度上昇が抑えられることも実感されています。

写真:臨場感あふれる4K+映像
臨場感あふれる4K+映像は、医療関係の学会・講演会など高精細な映像が求められるイベントニーズに応えています
写真:調整室に設置されたPT-RQ13KJ
調整室に設置されたPT-RQ13KJ。ランプ光源に比べ排熱が少なく、調整室の温度上昇も改善されています
写真:ステージ横にあるホール内の操作卓
ステージ横にあるホール内の操作卓。4Kに対応した機器がスッキリとまとめられています
写真:ホワイエ空間
冬季にはイルミネーションが美しい警固公園を望むホワイエ空間。ホールと併用することで、展示会&商談会場、セミナー&パーティなど、さまざまな催事で効果的に使われています
図:システム系統図
システム系統図

導入を終えて

先駆けて導入した4Kプロジェクターで、さらなる利用促進を

当ホールはリピーター様も多く、今回のリプレイスは、以前にも増して映像がきれいになったと喜んでいただいています。他のホールに先駆けて導入した4Kプロジェクターを積極的にPRし、さらなる利用促進とブランドイメージ向上を図っていきます。末筆ではございますが、本導入にあたり運営面、工事面でご尽力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

取材協力者
NTT都市開発 株式会社
九州支店長 福村 剛 様
取材協力者
NTT都市開発 ビルサービス株式会社
ビルサービス事業本部 九州ビル事業部
担当課長代理 小嶋 崇使左 様

納入機器
3チップDLP®方式 レーザープロジェクター

PT-RQ13KJ
×1台
写真:PT-RQ13KJ
映像表現の可能性を広げる超高画質4K+
高画質と耐久性の極みを目指す「SOLID SHINE」

ズームレンズ

ET-D75LE30
×1台
このページのPDFをダウンロード
NTT都市開発株式会社様 レソラホール