導入事例

株式会社東京ビッグサイト様

プロジェクションマッピング用
常設プロジェクター

ゆりかもめ側からの様子

地域活性化を目的とした空間演出プロジェクションマッピング用に常設プロジェクターを導入

  • アミューズメント・ホール
  • 業務用プロジェクター
 

導入年月:201410

このページのPDFをダウンロード

概要と特徴

株式会社東京ビッグサイト(国際展示場)様では、有明地区の地域活性化を目的とした新スポットとして、2014年10月末より超高輝度プロジェクター8台を使用した空間演出プロジェクションマッピングを実施しされ、3チップDLP (R)方式プロジェクターPT-DZ21K、ズームレンズ、音響設備などを導入されました。

プロジェクションマッピングを実施する東京ビックサイト会議棟は、横幅約94m×高さ約30m。独特の形状を生かした「超高精CG映像」は、臨海副都心地域最大、常設としては国内最大規模のプロジェクションマッピングです。 初回(2014年10月30日〜11月4日)に続き、2014年11月21日〜23日は「2014楽器フェア」のイベントに合わせ実施されました。

正面からの様子 1
正面からの様子 2
放映中のプロジェクター
ゆりかもめ側からの様子

約9分間の映像スペクタクルショー「MUSICAL CLOCK」は巨大な時計台が出現し、時を告げる鐘の音と共に音楽が流れ出し、世界中の音楽と踊りが結集するストーリーとなっています。多数の来場者が観覧できる地上スペースはもちろん、近隣ホテルや「ゆりかもめ」の中からでも観ることができます。今後は東京ビックサイトの催し物に合わせて不定期で開催される予定です。

今回導入されたプロジェクター PT-DZ21Kは、複雑な形状の対象物にも精緻な映像を投影できるように、より高度な幾何学補正・設置調整ソフトウェアを用意しているため、プロジェクションマッピングに最適な機種です。

導入された3チップDLP (R)方式プロジェクター PT-DZ21K
プロジェクターは4台ずつ両サイドに設置
音響システムも導入

主な納入機器 ソリューション

3チップDLP (R)方式プロジェクター PT-DZ21K
×8台
ズームレンズ ET-D75DLE20
×8台
音響システム
×一式
このページのPDFをダウンロード