パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > サポート情報 > 技術情報 > プラグインソフトウェアのライセンスについて

技術情報

【プラグインソフトウェアのライセンスについて】



■不足ライセンス数の計算方法


カメラは、PC 1台分の1ライセンスを保有しています。
 ⇒同一システム内のPCへのインストール数が、カメラ数を上回る時にその不足分を追加確保する必要があります。
 なお、レコーダーは、機種によりライセンス数が異なるため各使用許諾を参照ください。



■ライセンスの基本的な追加確保の方法


H.264のライセンスは弊社BB-HCA8(1ライセンス)、MPEG-4のライセンスは弊社BB-HCA5(1ライセンス)を不足分購入し て、ライセンスを確保してください。



■その他


レコーダーの持ち出しCD、SD等は表示用プラグインソフトウェアがPCにインストー ルされていなくても再生できます。

 (例) システム構成として、NV300:1台、カメラ:6台、PCへのインストール数が15台の場合、
それぞれライセンス数の計算は、「8+6-15=-1(ライセンス)」になります。
追加確保数は不足分の1ライセンスとなります。
但し、アンインストールした場合はその限りではありません。

なお、代表的なレコーダーのライセンス数は、以下のとおりです
・ND400はPC16台分の16ライセンスを保有。
・NV300はPC8台分の8ライセンスを保有。
・NV200とNV250はPC4台分の4ライセンスを保有。
・HD616又はHD716はPC8台分の8ライセンスを保有。


パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > 監視・防犯システム > サポート情報 > 技術情報 > プラグインソフトウェアのライセンスについて